2018年11月14日 (水)

旅の思い出---第5次旧東海道徒歩の旅---その69

Dscf1386 2018年4月、京都へ会議で出張した際に挙行した第5次旧東海道徒歩の旅を回顧しています。4/14午後1時半過ぎには、大津市京町3丁目付近に居ました。旧東海道を離れ、JR大津駅方向へ進んでいます。すると、大津市市街地案内がありました。
Dscf1387
まあ、現在地を確認しましょう。こちらの駅前通りは、中央大通りというようです。現在地の斜め左上には、「露国皇太子遭難地の碑」があるようです。吉村昭の小説に、これを題材とした小説があります。犯人を捕まえ、お手柄を挙げた者にはロシアから年金が支給されたような覚えがあります。こちらは、次回、訪れることにしましょう。
Dscf1389
また、同様の案内板がありました。案内には左に、「大津祭曳山展示館」とあります。有名なのでしょうか?
Dscf1393
徐々に、JR大津駅に近づいて来ました。
Dscf1397
こちらが、JR大津駅駅舎となります。やはり、滋賀県県庁所在地らしく、立派な駅舎です。
Dscf1399
駅前の案内板です。現在地はそのものすばり、駅前です。

今日のお弁当---その6

Img_2265
今日のお弁当も美味しく頂戴しました。

2018年11月13日 (火)

水耕栽培---いちご7

Imgp1793

自宅GreenFarmで水耕栽培しているいちごの今週の状況です。今週も非常に生長しています。とうとう、かなりカメラを引いて撮影することになりました。もう、ジャングル状態となりました。最初は非常に小さな種子で発芽するのも心配しましたが、こんなに生長しました。あとどの程度の時間で果実がなるのでしょうか。楽しみにしています。


今日のお弁当---その5

Img_2263
今日のお弁当です。昨日と比しその内容はあまり変化がないようです。まあ、そんな贅沢は許されません。でも妻は自分のお弁当は作っているのでしょうか。

2018年11月12日 (月)

旅の思い出---第5次旧東海道徒歩の旅---その68

Dscf1373 2018年4月、京都へ会議で出張した際に挙行した第5次旧東海道徒歩の旅を回顧しています。4/14午後1時半頃には大津市京町3丁目付近の旧東海道に居ました。例の案内板がありました。旧東海道の文字も見えます。ガイドブックによると、これから京都方面への旧東海道は逢坂山超えとなりそうなので、天候も芳しくなく、今回の行程は大津までとしています。
Dscf1375
下の地図で現在地を確認します。赤く表示されています。旧東海道は地図で青色で提示されています。
Dscf1381
この付近はJR大津駅前通りとなり、近代的なビルが建っているのでした。
Dscf1382
当方が歩いて来た旧東海道を振り返っています。このように幅員のない道路でした。
Dscf1383
京町通り、旧東海道を示す傍示石がありました。
Dscf1384
傍示石側面には案内文がありました。「この通りは、江戸時代に大津百町として賑わった旧大津市街地を東西に貫く3本の通りの1つです。この通りは、旧東海道とも重なっており、京都への道筋にあたることから京町通りと呼ばれてきました。かつては多くの商家が軒を重ね、分岐点にあたる札の辻以西は、北国街道となっていました」とあります。
Dscf1385
JR大津駅方向を撮影しています。駅方向へ進むことにしました。

今日のお弁当---その4

Img_2255
今日のお弁当です。妻の名誉のためにも、3日坊主で終わっていないことをブログに記載する必要性を感じていました。美味しく頂戴しました。

2018年11月11日 (日)

My favorite book series---沈まぬ太陽2

2
前回に引き続き、今回も山崎豊子氏の「沈まぬ太陽第2巻」を選択しています。
本の帯には、以下のように解説があります。

パキスタン駐在を終えた恩地を待ち受けていたのは、さらなる報復人事だった。イラン、そして路線の就航もないケニアへの赴任。会社は帰国をちらつかせ、降伏を迫る一方で、露骨な差別人事により組合の分断を図っていた。共に闘った同期の友の裏切り。そして、家族との別離――。焦燥感と孤独とが、恩地をしだいに追いつめていく。そんな折、国民航空の旅客機が連続事故を起こす……。

こちらの本でも気になった箇所を抜粋してみましょう。
「相手によってお辞儀の角度を変えるようなことはしなかった」恩地元の叔父の言葉、p170。

まあ、報復人事でも10年に及ぶ海外僻地勤務は少々、やり過ぎの感はありますね。
でも、今でも地方の選挙後には当然のように報復人事があるようです。でも、僻地勤務も楽しむ心の余裕が必要かもしれません。

2018年11月10日 (土)

愛車の走行記録インプレッサ---走行10000Km

P1080744

本年6月上旬に納車された愛車インプレッサの走行記録です。今週、走行距離が1万Kmになりました。その1Km前の9999Kmで写真撮影です。田舎の路肩に停車して撮影しています。

P1080747
さらに1Km走行して1万Kmになったことろで、再度、記念撮影をしました。納車後、約5ケ月での1万Km走行となりました。やや走行距離が多いような印象ですが、夏に遠出をしたのげ影響しているようです。

クルマの特性にも慣れて来ました。1.6Lエンジンで非力なのですが、アクセルを踏むのではなく、押すようにすると回転数が3000rpm程度まで直ぐに上昇し、加速します。エンジン特製は不明ですが、2500回転当たりからトルクが増すようです。非力なエンジンですが、パドルシフトもあり、一時的にmanual操作も可能です。ちょっと、運転して面白いクルマと思っています。

2018年11月 9日 (金)

旅の思い出---第5次旧東海道徒歩の旅---その67

Dscf1358

2018年4月、京都へ会議で出張した際に挙行した第5次旧東海道徒歩の旅を回顧しています。4/14午後1時過ぎには大津市京町3丁目附近の旧東海道に居ました。例の案内板がありました。写真左方向が進行方向です。

Dscf1359
拡大したものを撮影しなかったようです。写真から東海道本線と京阪石山坂本線の中間地点に居ることが判ります。ここで旧東海道を少々、離れ滋賀県庁を見にいくことにしました。
Dscf1361
こちらが、その滋賀県庁外観となります。非常に立派な建造物でした。
Dscf1363
信号機のある交差点の名称も、そのものズバリの県庁前です。
Dscf1367
滋賀県庁の外観を見学した後、旧東海道に戻っています。すると、「日本最古の銘茶 朝宮茶」の幟を掲げる中川誠盛堂茶舗がありました。まあ、そうなのでしょう。店頭でお茶の焙煎をしているようで、非常に良い香りが流れていました。
Dscf1371
この付近にも、このような家屋がありました。
Dscf1370
文化庁による登録有形文化財の指定を受けている家屋のようです。でも、側面がトタン張りで少々、興ざめですね。

2018年11月 8日 (木)

ペットマト---オクラの生長記録その6

Img_2248
仕事場事務所窓際で水耕栽培しているオクラの今週の状況です。この1週間も、かなり生長しました。黒いキャップのオクラの葉の最も大きなものは、縦径7cm, 横径8cmになっています。朝日を受けて気持ちよさそうです。
Img_2250
こちらは、黒いキャップから挿し木をしたものです。最も大きな葉は、縦径7cm、横径10cmになっているものもあります。本家を凌ぐ生長です。
オクラの実の収穫が出来そうです。今後の生長に期待します。

«こちらも勘違い桜

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック