2020年8月 7日 (金)

旅の思い出---第8次旧東海道徒歩の旅---その128

Dscf5299

2019年5/24から5月恒例の旧東海道徒歩の旅へ出発しています。今回が第8次の旅となります。 今回の予定としては、三重県桑名市から滋賀県甲賀市付近までの徒歩を予定しています。5/27午前10時半過ぎには旧東海道土山宿へ向かって歩行していました。現在の滋賀県甲賀市土山町付近に居たことになります。再度、案内板がありました。案内板中央には、蟹坂との文字が見えます。

Dscf5300

現在地も、小さく赤文字で記載されています。

Dscf5301

案内板右下には蟹塚に関して説明文がありました。「平安時代蟹坂に大きな蟹が出没して旅人を苦しめていた。京の僧、恵心僧都が蟹討伐にてってきて、往生要集を唱えると、蟹の甲羅はバラバラに砕け散った、僧都は、村人に蟹の供養をするための石塔を立てるようにと願い、また、蟹の甲羅を模した飴を作り厄除けにするようにと言い残された。この飴が蟹坂飴である」

Dscf5302

こちらの案内板上部には、土山宿へ500m、鈴鹿峠へ4.5Kmとの文字が見えます。写真左にある田村神社方向へ進みます。

Dscf5303

何か、大きな石碑があります。「蟹坂地区圃場整備 竣功記念碑」とあります。竣工ではないようです。

Dscf5304

その横に、小さく「蟹坂古戦場跡」の石碑がありました。

Dscf5305

案内文があります。要約すると、1542年伊勢の北畠軍と甲賀の山中軍との間で戦いがあったようです。山中軍が勝利し、北畠軍の甲賀侵入が阻止されたとのことでした。

 

2020年8月 6日 (木)

近所の花の成長記録2020年---その18

P1090436

当家の裏庭に植樹されているさるすべりが開花しました。これから約100日間は、開花を楽しむことができることでしょう。

青空に赤い花と緑の葉が映えています。

2020年8月 5日 (水)

旅の思い出---第8次旧東海道徒歩の旅---その127

Dscf5286

2019年5/24から5月恒例の旧東海道徒歩の旅へ出発しています。今回が第8次の旅となります。 今回の予定としては、三重県桑名市から滋賀県甲賀市付近までの徒歩を予定しています。5/27午前10時半過ぎには旧東海道土山宿へ向かって歩行していました。現在の滋賀県甲賀市土山町付近に居たはずです。猪鼻交差点まで歩行してきました。

Dscf5287

近くにはあいくるバス近江山内のバス停があるのでした。

Dscf5288

さらに2-3分の位置に「東海道 猪鼻村」の石碑がありました。

Dscf5289

さらに国道1号線を約10分程度歩行すると、「ようこそ歴史の道東海道へ」と表題する看板がありました。

旧東海道は、図の赤線で示した道路となるようです。

Dscf5290

現在地を確認します。国道1号線との分岐点となります。

Dscf5292

写真左が国道1号線となり、旧東海道は写真中央やや右の道となります。

Dscf5298

ちょっとした坂を下ると、そこには鳥居があり、写真右には幼児用の遊具もあるのでした。

Dscf5296

こちらは、白川神社御旅所のようです。

2020年8月 4日 (火)

真夏の風景2020---その1

P1090428

近くの公園には、蝉の抜け殻がありました。今朝、羽化したのでしょうか?比較的新しいもののような気がします。

P1090430

蝉は朝からわが物顔で、鳴いています。南九州は7月下旬に梅雨明けし、非常に暑くなっています。新型コロナウイルス感染症が宮崎でも拡大っし、今年の夏は特別な夏になりそうです。来年は、通常の夏であることを祈ります。

2020年8月 3日 (月)

旅の思い出---第8次旧東海道徒歩の旅---その126

Dscf5279

2019年5/24から5月恒例の旧東海道徒歩の旅へ出発しています。今回が第8次の旅となります。 今回の予定としては、三重県桑名市から滋賀県甲賀市付近までの徒歩を予定しています。5/27午前10時過ぎには旧東海道土山宿へ向かって歩いていました。現在の滋賀県甲賀市土山町山中にある山中一里塚公園に居ました。この公園には、歴史を感じさせる傍示石がありました。写真中央やや左です。

Dscf5280

案内板がありました。「櫟野(いちの)観音道(大原道)道標」との表題です。要約すると、東海道から分岐して南西に伸びる山道があり、東海道と神村(甲賀町大字神)・櫟(くぬぎ)野村(甲賀町大字櫟野)方面をつなぐ生活の道として利用され、大原道とも呼ばれたこと、昨今の道路整備によりこの一里塚公園に移転されたとのこと、この道標には「いちゐのくわんおん道」と記載されているとのことです。

Dscf5281

こちらの公園にも、鈴鹿馬子唄之碑がありました。

Dscf5282

こちらが、馬をひく馬子なのでしょう。いずれもかなりの風化状態でした。

Dscf5283

旧東海道は、国道1号線の対側の写真中央(暗いことろ)のようですが、ちょっと、通過する勇気がありませんでした。

ということで国道1号線に沿って歩行しています。

Dscf5284

道路対側には、ハイキングする集団が接近して来ました。こちらの集団も旧東海道を歩行しているのでしょうか?

Dscf5285

この付近の道路標識です。東京から437Kmとの記載です。恐らく東京日本橋からの距離でしょう。よくもまあ、400Km超も歩行してきたものだと感慨深いのでした。

2020年8月 2日 (日)

稲の定点観測2020---その21

P1090423

毎週末、観察している宮崎平野の早期水稲の今週末の状況です。昨日、8/1に撮影しています。いつもの山の上には殆ど雲はないようです。写真右下に撮影する当方の影が写っています。

P1090424

早期水稲は早々と刈取りされていました。例年より少々、早い印象です。あと1週間後の収穫と見込んでいました。

P1090425

他の田圃では、今まさにコンバインで収穫をしているような様子です。定点観測地点も、刈取りをされたばかりのようです。

P1090426

定点観測地点の背側の田圃では、未だ早期水稲がその頭を重そうに垂れているのでした。

さて、8/2朝も午前5時頃には起床しています。というか自然と目が覚めました。昨日は、猛暑と自室の暑い部屋と冷房の効いた子供部屋を行き来し、水分を多量に摂取しバテてしまったようです。このため昨夜は熟睡し、今朝、自然に覚醒したようです。何だか昨日1日で連休分を過ごしてしまった印象です。朝食を頂き、約3Kmのjoggingへ出発し、シャワー、がっちりマンデーといった通常の日曜日の過ごし方をしています。夕方には、妻の制止がなければ温泉、サウナに行くことでしょう。今朝も周囲では蝉の鳴き声が継続しています。今日も一日、猛暑になりそうです。天気予報では、今週1週間の晴天を予報しています。既に、少々、バテ気味です。

 

2020年8月 1日 (土)

なんてこったエアコン故障---その1

Cimg8772

3年前にEDIONで購入した日立製エアコンRAS-DM25GE5(W)が故障です。7/26(日)朝に室内機から多量の水漏れが発生し、EDION修理担当者が午前中に来宅してくれたのですが、結局、対処不可でした。こちらのエアコン(10年保証)は購入直後から水漏れを発生し、購入後1ケ月目でEDIONに修理を依頼したのですが、filter汚れと簡単(いい加減に)に判断され放置されてしていたものです。今回は誠意ある対応をお願いしています。直ちに製造元の日立サービスセンターに連絡してもらい、故障個所を判断してもらうことにしています。が、今度は7/28頃から全く冷房が効かなくなり、何か変だなと思いつつ暑い自室で就寝していました。今日になり日立サービスマンが来宅し、不具合箇所をみてもらいました。水漏れに関しては、熱交換器下の水の受け皿破損の可能性ありとのこと、冷房不可は冷房媒体ガス漏れの可能性ありとのことで、本日は修理不可でした。当家は、今までにも何台ものエアコンがトラブルを起こしています。Panasonic製2台、東芝製、日立製等です。富士通製が唯一、故障発生がありません。来週、修理のため休暇をとる必要性が出てきました。本当についていません。その間、子供部屋へ避難することにしていますが、デスクトップパソコンは移動不可で少々、不便です。現在、古いノートPCで子供部屋から記事を書いています。今日は、本当に暑く、グッタリです。

世界の果てまでイッテQのカレンダー2020年8月

Iq202008

世界の果てまでイッテQのカレンダー8月は、内村良光・いとうあさこさんの「サプライズランナー登場」です。両国国技館で撮影されたようです。こちらは、24時間テレビの恒例マラソンの状況を撮影したもののようです。

最近、知ったのですがこちらは日テレ系列で、フジ系列は26時間TVとかをやっているようですね。あまり鑑別が出来ていませんでした。勿論、こちらののon airも見た記憶がありません。記憶が遠のいたのか、健忘症となって来たのかは今後の経過で判るでしょう。

さて、8月となりました。今年の8月は短い夏、夏休み、例年にはないお盆シーズンを迎えることでしょう。長い梅雨、新型コロナウイルス感染症拡大で基本的には、夏休み、お盆の時期も移動が自粛されそうです。来年の夏に期待することにしましょう。

2020年7月31日 (金)

旅の思い出---第8次旧東海道徒歩の旅---その125

Dscf5271

2019年5/24から5月恒例の旧東海道徒歩の旅へ出発しています。今回が第8次の旅となります。 今回の予定としては、三重県桑名市から滋賀県甲賀市付近までの徒歩を予定しています。5/27午前10時過ぎには旧東海道鈴鹿峠を過ぎ土山宿へ向かって歩いていました。現在の滋賀県甲賀市土山町山中付近に居たはずです。地蔵堂前まで到着しています。こちらが、その地蔵堂のようです。

Dscf5272

常夜灯には地蔵大菩薩との文字が見えます。旧街道を進みます。

Dscf5273

地蔵堂から7-8分、歩行すると眼上に巨大な道路があるのでした。さらに先に何かモニュメントのようなものがあるので接近してみます。

Dscf5275

石製のプレートには、「第二名神」滋賀県起工の地と刻まれています。空にある立派な道路は第二名神なのでしょう。当方は通行したことはありません。

Dscf5276

第二名神起工の地の付近には、公園風になっている場所がありました。勿論、接近します。

Dscf5277

例の歴史の道 東海道の案内板がありました。案内下の柱部分には、現在地 土山町山中の文字があります。

Dscf5278

傍示石には、山中一里塚公園とあります。やはり、公園なのでした。

2020年7月30日 (木)

旅の思い出---第8次旧東海道徒歩の旅---その124

Dscf5264

2019年5/24から5月恒例の旧東海道徒歩の旅へ出発しています。今回が第8次の旅となります。 今回の予定としては、三重県桑名市から滋賀県甲賀市付近までの徒歩を予定しています。5/27午前10時過ぎには旧東海道鈴鹿峠を過ぎ土山宿へ向かって歩行していました。現在の滋賀県甲賀市土山町山中付近に居たことになります。公園風になっている場所には、「あいの土山観光案内図」ある案内板がありました。

Dscf5265

勿論、現在地を確認します。少々、薄くなっていますが赤い文字で現在地の記載があります。対側には、十条寺の文字も見えます。

Dscf5266

この付近には、例の旧東海道の案内板もありました。

Dscf5267

鈴鹿馬子唄の案内板もあります。「坂は照る照る 鈴鹿は曇る あいの土山 雨が降る」で始まり、案内中盤には、「東の箱根、西の鈴鹿と言われるように、旅人には非常に難所であった。その為に、この峠を人や荷が超えるのには馬の背を借りることが多くなり、馬の手綱を引いて駄賃を取る馬子たちも多く存在した。彼らの間で自然発生的に唄われたのが鈴鹿馬子唄で」とあります。

Dscf5268

石碑には、その「坂は照る照る 鈴鹿は曇る あいの土山 雨が降る 」と刻まれています。

Dscf5269

常夜灯のようなものもありました。

Dscf5270

常夜灯横には、「東海道鈴鹿 山中」との文字も見えます。

«旅の思い出---第8次旧東海道徒歩の旅---その123

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック