2017年6月27日 (火)

旅の思いで2017---6月博多の旅

Photo_4
6/23午後から仕事を休み博多へ仕事で飛んでいます。ホテルへチェックイン後、本屋さんで本を見た後、午後7時頃から博多駅前から博多湾へ大博通りをjoggingしています。夕方でもあり多数の人々がこの通りを歩いていました。博多湾に到着すると大型クルーズ船が停泊していました。まさに動くホテルのようです。
Photo_5
翌日朝も6時頃から同じコースをjoggingしています。祇園山笠が近いようで準備がなされていました。ただ7番山笠では肝心の山車がありませんでした。このような風景を見ることもないと思い撮影しています。
Photo_6
博多湾に到着すると早朝にも関わらずマリンメッセ横には多数の若い女性が列をなしていました。マリンメッセで何かイベントがあるのでしょうか?
01_2
帰路に櫛田神社に寄ってみました。祇園山笠の準備で桟敷席の準備が進んでいるようです。
02_2
境内には桟敷総合案内なる看板もありました。良い席順にあいうえお順で命名されているようです。山車が回転する場所は決して広い敷地ではないのです。それだけに迫力があるのでしょうか。
その後ホテルへ戻り大浴場で汗を流しているのです。

2017年6月26日 (月)

旅の思い出---第3次旧東海道徒歩の旅96

3c7990
2016年の夏休みを利用して強行した第3次旧東海道徒歩の旅を回顧しています。9/6午前8時半過ぎには旧東海道江尻宿(現在の清水)付近に居ました。こちらは東海道江尻宿の案内板となります。江戸から18番目の宿場となるようです。案内を抜粋してみましょう。「略 時代の変遷により、今川氏の頃から、この江尻は三日市場として栄え、永禄12年(1569)、武田信玄が江尻城(小柴城)を築くことにより、江尻は城下町となり職人の町が発達した。慶長6年(1601)徳川家康は、東海道五十三次を定めるにあたり、それまでの今の北街道が主要街道であったものをあらため、銀座通りを通すこととし、この地を江尻宿とした。中略 宿は伝馬町と魚町で鈎の手に間借り見通しが悪く、また紺屋町・七軒町は袋小路になっているのは、万一の場合の警備のためであった。略」とあります。

クランクになっているのは、警備上のことだったようです。
3c7991
現在地としては、上町橋本本陣(根本)の対側となります。この写真をみると、紺屋町が袋小路となっていることが判ります。

3c7992

魚町の交差点を左折します。2番目のクランクの箇所となります。
3c7993
左折してすぐに、このような案内がありました。直進すると、少年サッカー発祥の地・江尻城跡があるようです。

3c7994
こちらは稚児橋を示すプレートです。その上には、

3c7995

河童の像があるのでした。

2017年6月25日 (日)

稲の定点観測2017---その14

2017062501
毎週末に記録している宮崎平野早期水稲の定点観測地点です。いつもの山の上には厚く雲が掛かっています。空気も非常に湿り気をもっています。
2017062502
やや小雨の中、撮影しています。水稲は先週まで雨が非常に少ない状況だったにも関わらず順調に生長しているようです。
昨夜は寝ていて、その雨音から滝のような雨が降っているように感じました。そこで今朝6時頃、少々、小雨となったのでクルマで定点観測地点まで行って撮影しています。
現在、雨は少々、落ち着いているようですが、今日は大雨のようです。
昨日は午前6時頃から博多駅前から博多湾までjoggingで走り、櫛田神社を経由してホテルへ戻っています。大浴場で汗を流した後、9:30分頃にはホテルを出、天神の会議場まで地下鉄で移動しました。13時まで会議に出席した後、地下鉄で空港まで移動し14:30分のJAL機で宮崎まで戻っています。
今回の旅で思ったことは、宮崎便の福岡空港発着ロビーが変更されていること、博多バスターミナル6階紀伊国屋書店の床面積が縮小されていることでした。目的の本がないので博多駅8階の丸善へ移動しています。今回の旅は、勝手知ったる博多への移動で、ホテルも会場も慣れ親しんでいる場所で、しかも、移動には飛行機を使用し苦労することもなく旅をした気分になれませんでした。
さて、昨日の時点で今日の天気予報は雨だったので急遽、昨日、散髪の予約を取りました。今日の予定はこの散髪程度です。

2017年6月24日 (土)

旅の思い出---第3次旧東海道徒歩の旅95

3c7984
2016年の夏休みを利用して強行した第3次旧東海道徒歩の旅を回顧しています。9/6午前8時半前には旧東海道江尻宿付近に居ました。こちらは、その江尻宿を案内するものです。静岡県内では、このような形式になっているようです。

3c7983
旧東海道は、写真左側の石畳のようになっている箇所のようです。両側には商店街があります。なにぶん、早朝なので店舗のシャッターは降りたままとなっていました。

3c7986
3分程、歩くとこのような案内もありました。この辺りは、静岡市清水区銀座という地名のようです。昔は、繁盛した町並みだったのでしょう。

3c7987

商店街には、このような鯨のモニュメントもあるのでした。
3c7988
江尻宿の案内板もありました。拡大して撮影してみましょう。

3c7989

先ほども右折したクランクがありましたが、稚児橋を渡る前にも2つめのクランクがあります。何か意味があることでしょう。大名行列が鉢合わせしないようにしているのでしょうか?

今回のホテル

今回のホテル
今回、宿泊したホテルは西鉄クルーム博多です。つまり、以前の西鉄イン博多です。

2017年6月23日 (金)

旅の思い出---第3次旧東海道徒歩の旅94

3c7975
2016年の夏休みを利用して強行した第3次旧東海道徒歩の旅を回顧しています。9/6は沼津駅7:18分発の浜松行の普通列車に乗車し旅が始まりました。

3c7977
清水駅には午前8時過ぎには到着しています。清水駅東西自由通路下江尻口にはちびまる子ちゃんイラストがあるのでした。そういえば、ちびまる子ちゃんは清水在住の設定となっているはすです。

3c7978
前日昼過ぎに到着した江尻東交差点から旧東海道の徒歩の旅の再会です。

3c7979
旧東海道沿いには、このような張り紙の案内もありました。「町名の由来 鍛冶町 永禄12年(1569)武田信玄あ江尻城を築き江尻は城下町として発展した。その後、天正19年(1591)城下町から出荷して周囲の民家を焼き尽くし、この火事が原因で鍛冶職とか鋳物職のような火を扱う家屋を海岸近くの現在に地に移したといわれている。江尻宿には27戸の鍛冶職があり、その大部分が鍛冶町にあったといわれる。はじめは江尻城の御用鍛冶として刀剣類を作り、その後刃物鍛冶から鍬や鎌を作る農鍛冶となった。このように鍛冶職人が多く住んでいたので鍛冶町と名づけられた。城や宿場のあった町に数多くの鍛冶町の名が残れている」 そうか、はじめは武田信玄がこの地に城を築いたようです。

3c7980
旧街道は、このような道となります。歩いて来た道を振り返って撮影したように思います。

3c7981

この交差点には、このような案内がありました。稚児橋方面へは右折するように矢印が付いています。

博多へ

博多へ
15時45分発のJAL機で博多へ飛びます。少々、早く到着したので搭乗待合室で読書をしています。しかし、どうして宮崎空港では、ひっきりなしにアナウンスがあるのでしょうか?耳栓をしていてもはっきり言ってやかましいです。テレビでは小林麻央さんのご永眠を報じています。お若いのにお気の毒です。出来れば代わってあげたいのですが、厚かましいのかもしれません。

2017年6月22日 (木)

ビブリア古書堂の事件手帖---第6巻

6
前回に引き続き今回もこちらの本を選択しています。ビブリア古書堂の事件手帖第6巻です。本の帯には以下のように紹介されています。

太宰治の『晩年』を奪うため、美しき女店主に危害を加えた青年。ビブリア古書堂の二人の前に、彼が再び現れる。今度は依頼者として。 違う『晩年』を捜しているという奇妙な依頼。署名ではないのに、太宰自筆と分かる珍しい書きこみがあるらしい。 本を追ううちに、二人は驚くべき事実に辿り着く。四十七年前にあった太宰の稀覯本を巡る盗難事件。それには二人の祖父母が関わっていたのだ。 過去と現在、まるで再現されるかのような奇妙な巡り合わせに、薄気味悪さを感じる二人。それは偶然か必然か? 深い謎の先にある真実とは?

この巻は、少々、込み入っています。当方は登場人物をメモしながら読書していますが、この巻では何回か、前読んだ箇所を探して再読することが3-4回ありました。

この巻の最後の方では、怖くなって読書を中断することもありました。篠川智恵子、田中敏雄の素性が段々と判明して来ました。でも、その当時、そんなに不倫があったのかなあ。少々、疑問に思うと同時にチョット、羨ましいか?

2017年6月21日 (水)

旅の思い出---第3次旧東海道徒歩の旅93

3c7960
2016年の夏休みを利用して強行した第3次旧東海道徒歩の旅を回顧しています。9/5午後2時半前には旧東海道江尻宿手前まで来ています。こちらは細いの松から江尻宿への案内板となります。

3c7962
写真左には国道1号線があるのですが、旧東海道は写真のようにクルマの往来も少ないのでした。ひっそりと落ち着いた風情があります。
3c7963
約10分程度歩くことで江尻東の交差点まで来ました。こちらを左折すると清水駅になるはずです。

3c7969
数分、歩くと清水駅前に到着です。駅前には久能山東照宮の記念碑があるのです。東照宮の文字の下には、従是弐里三拾町との記載があります。東照宮までの距離を示しているようです(拡大して確認しています)。

3c7973

こちらが清水駅前となります。JR清水駅の江尻口となります。ここで9/5の行程を終了しベースキャンプとなる沼津へ戻っています。

2017年6月20日 (火)

腕時計---バンド新調

01
以前、素人電池交換した腕時計のバンドが経年劣化で写真左のように切れてしまいました。接着剤で修理しても、他の箇所が切れてしまいます。
ということでアマゾンで最も安価なバンドを購入しました。写真右のオレンジのバンドです。
本体価格\170ですが、送料が\350です。送料の方が高いので、少々、違和感を感じますがバンドを探して回る手間を考えれば安いものです。
02
こちらが仕上がりの写真となります。バンドが長かったのでカッターで切って調節しました。シリコン製だったので可能だったのです。しばらくは使用可能となることでしょう。

«旅の思い出---第3次旧東海道徒歩の旅92

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック