2017年4月23日 (日)

稲の定点観測2017---その6

2017042301
毎週末に観察している宮崎平野の早期水稲の定点観測地点です。いつもの山の左方向の伐採はやや進行している印象があります。田圃の水面には山の稜線がハッキリと映っています。
2017042302
稲の方は、やや生長しているようです。少し稲が太くなっているようです。
さて、今朝も午前6時前には起床し、すぐに約6Kmのjoggingへ出かけています。やや気温が低いようで今朝は長袖でjoggingへ出かけています。 jogging中に以下の写真のようなものを発見しました。
2017042303
2月下旬ころには花を楽しませてくれた梅が、その実をなしていたのです。まだまだ小粒で直径2cm程度だったでしょうか。
上の写真は午前6時過ぎに撮影しています。午前7時前にはjoggingを終了しシャワーを浴び、妻が不在なので一人で朝食を頂いています。いつものように7:30分からはがっちりマンデーを見て現在となりました。
今朝はやや気温が低かった印象がありますが、天候は晴れ。日中になれば気温が上昇することになりそうです。今日も部屋の片づけをしようかと思っています。

2017年4月22日 (土)

旅の思い出---第3次旧東海道徒歩の旅69

32319
2016年の夏休みを利用して強行した第3次旧東海道徒歩の旅を回顧しています。9/5午前10時前には東海道本線由比駅付近に居ました。由比駅を出てこの日の難所である薩埵峠へ向かいます。旧街道には、このように案内がありました。距離が記載されていると、凡その時間が予測できるので非常に助かります。

32320
道路左側には、東海道本線が通り、その奥には太平洋の海がみえます。陸地が見えるのは伊豆半島でしょうか。

32321
またもや案内がありました。どうやら、薩埵峠へは、赤矢印の方向へ進んでいけば良いようです。

32324
薩埵峠入口の案内がありました。ここから峠が始まるのでしょうか。



32325

バスの回転場のすぐ手前の細い道が薩埵峠への道のようです。小池邸、あかりの博物館、蔵想等の案内があります。

恐らく旧東海道を歩く人が多いのでしょう。多数の案内があり道を間違えることなく、非常に助かりました。

2017年4月21日 (金)

旅の思い出---第3次旧東海道徒歩の旅68

32312

2016年の夏休みを利用して強行した第3次旧東海道徒歩の旅を回顧しています。9/5午前9時半過ぎには東海道本線由比駅手前に居ました。今宿の案内がありました。由比宿と興津宿の間宿となるようです。
32313
この付近の旧東海道は、由比桜えび通りという名称のようです。この付近は桜えびが特産のようです。

32316

現在地は、由比駅のやや東側に居ることが判ります。薩た峠が一回り大きく記載されていることが判ります。薩た峠へは、この由比駅が最寄り駅となります。
32317

こちらが由比駅となります。小さく小奇麗な駅舎でした。

2017年4月20日 (木)

経済で読み解く明治維新

Photo
今回は、こちらの本を選択しています。上念司氏の「経済で読み解く明治維新」です。新書版となります。アマゾンでは以下のように紹介されています。

江戸時代の日本は“世界最強”の「資本主義」の国だった!“世界史の奇跡”と言われる、「明治維新」とはいったい何だったのか?江戸幕府のマクロ経済政策から百姓のビジネスモデルまで、維新前史を“経済的視点”で描く―「経済」がわかれば、「日本」がわかる!!

こちらの本を選択したのは、朝の武田鉄矢氏のラジオで紹介されていたからです。内容としては、江戸時代には既に日本の経済は円熟していたこと、我々が教育現場で習った日本史特に新井白石、将軍吉宗、松平定信といった良い印象を持っている人々に経済観念がなく日本経済を悪化させたこと、日米修好通商条約締結後、交換レート設定の不備で幕府滅亡が早まったことでしょうか。

経済音痴の当方には、少々、内容が難しかったようです。スイスイ、読書可能なのですが、余り頭には残らないのです。

2017年4月19日 (水)

旅の思い出---第3次旧東海道徒歩の旅67

32303
2016年の夏休みを利用して強行した第3次旧東海道徒歩の旅を回顧しています。9/5午前9時半前には旧東海道由比宿を後にし由比駅方面へ歩いていました。このような案内がありました。「せがい造りと下り懸魚」とあります。「せがい造り 軒先を長く出した屋根を支えるために、平軒桁(ひらのきげた)へ腕木を付け足して出桁として棰(たるき)を置いたもの」「下り懸魚 平軒桁の両端が風雨による腐食を防ぐための装置で、雲版型の板に若葉、花鳥などを彫り込み装飾も兼ねている。稲葉家は、この下り懸魚が施されている建物である」

32304
こちらが、稲葉家の全体像となります。妻となるところに懸魚らしきものが観察できます。

32305
こちらがせがい造りでしょうか? 当方にはよくわかりません。でも懸魚への変換がワープロで可能なことに驚きを感じます。

32307

旧東海道を西に進むと由比太郎左衛門屋敷跡がありました。岩辺郷右衛門家が代々本陣職を勤めた家に対して、由比太郎左衛門は加宿問屋職を勤めた家のようです。
32308

この付近は旧東海道と東海道本線を並走していいます。遠く由比駅があります。貨物列車が走ってきます。桃太郎だったのかもしれません。

2017年4月18日 (火)

仮想日本鉄道の旅---その16

02

2017年3月1日から3月31日までjoggingで76Km走っています。今回の仮想乗車区間は、JR山陰本線浜坂駅から養父駅まで乗車したことと仮定します。この間は79Km、13駅で通常各駅停車で104分で走行するようです。料金は1320円だそうです。残のうち3Kmを使用することにします。残は40Kmとなります。

前回の条件で旅をしていると仮定すると、浜坂8:02分発(豊岡行)、豊岡9:10分着同9:12分発福知山行の普通列車に乗車し和田山9:46分着となります。

この間で知っているのは、余部橋梁と城崎温泉くらいでしょうか。余部橋梁は現在はコンクリート製になっていますが、旧橋梁が有名でした。城崎温泉も有名ですが、未だ、入湯したことはありません。その昔、志賀直哉の「城崎にて」を読書した記憶がありますが、内容は全く覚えていません。

2017年4月17日 (月)

旅の思い出---第3次旧東海道徒歩の旅66

32295
2016年の夏休みを利用して強行した第3次旧東海道徒歩の旅を回顧しています。9/5午前9時過ぎには旧東海道由比宿付近に居ました。こちらは、由比宿案内板となります。

32292

案内には、「江戸から16番目の宿場であること」「由比宿の本陣職、問屋職を勤めた岩辺家は、鎌倉時代よる続く由比氏の系統であり、江戸時代は岩辺郷右衛門を名乗ったこと」「宿場の町並みは東西約600m、宿高は340石、人口は707人、個数は160軒、本陣1、脇本陣1、旅籠32と小規模であったため、義務であった百人、百匹の常備の人馬をおくことができず近隣の村を加宿とし応援をしてもらっていた」「宿場西端にある由比川は仮板橋で、大水の際にはとり外す」「宿場の東西の入口には万一の攻撃に備えて街道をカギの手に曲げた枡形がある」との記載があります。

32293
案内板にある宿場の構成です。手前から、「かわらや」、「三度屋」、「興津屋」、「油屋」等があったようです。

32298
こちらが由比川にある新旧の常夜燈でしょうか。写真左には東海道本線が見えます。

32301

由比川を渡って由比宿を後にします。

2017年4月16日 (日)

稲の定点観測2017---その5

2017041601
毎週末に観測している宮崎平野の早期水稲の定点観測地点です。いつもの山は雲で覆われています。天候もハッキリしません。天気予報では本日の午前中までは晴れの予報でしたが、深夜に雨が降っていました。稲の方は、
2017041602
このようは感じであまり変化がないようです。
今朝も午前6時前には起床し、約3Kmのjoggingへ出かけています。その途中で、
2017041603
枝豆のようなマメ科の植物が実をつけているのを発見しました。先週までは白い花が開花していたのを記憶しています。
さて、今回の東京旅行では色々な体験をしました。第一にホテルの件です。昨日も記載しましたが当方が宿泊予定の部屋に戻ってみると何か見知らぬ荷物があったのです。フロントで調査してもらうと、部屋を間違えた他の宿泊予定者が荷物をフロントに預け外出したようです。フロントが荷物を当方の部屋に入れていたようです。結果的には、部屋を変更してもらい、翌朝(つまり昨日の)の朝食券を頂きました。ホテルには今まで多く宿泊して来ましたがこのような体験は初めてでした。
第2は、当方のmobile SUICAが使用不可となっていたのです。改札口が通過不可で、冷たい機械音で「駅員のもとへ行くように」と言われました。そこで、昨日上野駅で駅員さんに尋ねると、半年以上、使用していない場合にはロックが掛かるとのこと。すぐにロックを解除して頂き使用可能となりました。まあ、九州在住ですのであまりSUICAを使用することはないのです。
第3は、復路で搭乗した昨日のANA609便で体験しました。着陸寸前、「接地がやや遅いな」と思った瞬間、エンジン音が急激に上昇しました。Go around(着陸復行)です。殆どtouch-and-goに近い状態でした。航空大学校の生徒が「touch-and-go」は難しい技術を要するようなことをTVで言っていたことを思い出しました。その後、機長からのアナウンスでは着陸直前で横風が吹いたとのことでGo aroundとなった旨の説明でした。頻回に飛行機に搭乗していますが、Go aroundとなったのは初めての経験でした。
まあ、長いこと生きていると色々な体験をするものです。
 

2017年4月15日 (土)

今回のホテル

今回のホテル
今回のホテル
今回、宿泊したホテルはホテルサンルートステラ上野です。昨夜、ちょっとしたハプニングがありました。午後5時頃にチェックイン後、荷物を部屋に置き、すぐに国立科学博物館へ行っています。午後8時頃にホテルへ戻ると、部屋に何やら見知らぬ荷物があるのです。気持ちが悪いので他の部屋に変更してもらいました。このような経験は初めてです。

2017年4月14日 (金)

今回の会場

今回の会場
今回の会場は、東京フォーラムです。

«旅の思い出---第3次旧東海道徒歩の旅65

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック