2018年5月23日 (水)

旅の思い出---第4次旧東海道徒歩の旅136

Dscf3806 2017年5月に有給休暇を取得して実施した旧東海道徒歩の旅を回顧しています。5/30午前10時前には浜松市東区のJR天竜川駅付近の旧東海道に居ました。歩いて来た方向を振り返って撮影しています。現在の国道1号線と旧東海道が交差している場所となります。Dscf3807 この付近から東海道の松並木が残っています。案内板には、「旧萱場村から植松村まで、東海道筋のうち町屋が並ぶ場所以外には、松並木が整備された」とあります。Dscf3808 確かに、このような松並木が残存しているのでした。Dscf3809 少々、歩いた場所には立場跡の案内もありました。以前は、「藤棚があり旅人を楽しませた」とあります。Dscf3811 現在地(中央黄色)を示す地図がありました。当方は、地図左下から右上方向へ歩いていることになります。左折すると天竜川駅があるようです。Dscf3812 東海道案内板には、やはり、「江戸と京のどまんなか」という記載があります。袋井宿にも、同様のうたい文言がありましたね。浜松市は、現在、静岡県で最も人口が多く、平成19年4月に政令指定都市へ移行されたようです。

2018年5月22日 (火)

旅の思い出---第4次旧東海道徒歩の旅135

Dscf3797_2 2017年5月に有給休暇を取得して実施した旧東海道徒歩の旅を回顧しています。5/30午前9時半過ぎには浜松市東区中野町付近に居ました。東海道松並木跡の案内板には、「中野町村の松並木の延長は北側100間、南測40間」とあります。Dscf3798_2こちらの案内板があった付近は、こちらの写真のように、今となっては松並木は見ることができません。 Dscf3800_2 さらに、中野町内には、「金原明善翁生家」なる石碑もあったのです。彼は、明治時代のこの付近の実業家で、治水工事に貢献したようです。Dscf3801_2 こちらが、金原明善翁の生家となります。非常に敷地面積の広い、純和風の建物だったのです。Dscf3802 本坂通(姫街道)安間起点なる案内もありました。ここは、江戸から64番目の東海道安間一里塚が両脇にあったようです。この一里塚は本坂通(姫街道)の一里塚も兼ねていたようですが、現存しないとも記載されています。Dscf3803 こちらが、おそらく姫街道を撮影したものだと思います。今となっては、思い出せません。Dscf3804 この付近では、ご丁寧なことに、当方のように東海道を歩く旅人に向け、写真のような案内があるのでした。非常に助かります。

2018年5月21日 (月)

旅の思い出---第4次旧東海道徒歩の旅134

Dscf3789_2 2017年5月に有給休暇を取得して実施した旧東海道徒歩の旅を回顧しています。5/30午前9時半過ぎには浜松市東区中野町付近に居ました。「石垣清一郎生家」なる案内板がありました。彼は、「与謝野晶子が主宰する新詩社明星に参加した浪漫派歌人で」との記載があります。案内後半には、「嵐山光三郎は昭和17年、中野町の石垣家に生まれ、清一郎より文学の薫陶を受けた」との記載もあります。「最近、嵐山光三郎氏はテレビで拝見しないな」なんて思いながら、案内を読むのでした。Dscf3790 こちらが、その生家のようです。内科の開業医さんのようです。Dscf3791 さらに、少々、西方向へ歩くと、かやんば高札場跡の立て板がありました。「かやんば」とは、この付近の地名のようです。Dscf3792 すぐ近くには、松林禅寺の案内があります。案内板には、「境内の薬師堂は、徳川家光が浜松城主に命じて建立させたものと伝えられている」との記載があります。すでに約400年が経過していることとなります。Dscf3794 こちらは、同境内にあったものです。先の案内にあったように、航空兵顕彰碑でしょうか。Dscf3795同境内には、こちらの案内もありました。延命地蔵尊、子育地蔵尊と記載されていることのみが判読可能です。Dscf3796 こちらが、その延命地蔵尊、子育地蔵尊なのです。

2018年5月20日 (日)

仮想日本縦断鉄道の旅---その29

20180502

2018年4月1日から4月30日までjoggingで82Km走っています。今回の仮想乗車区間は、JR奥羽本線川部駅から津軽線津軽浜名駅まで乗車したことと仮定します。この間は約84Km、合計20駅で通常各駅停車で139分(乗車時間も110分)で走行するようです。料金は1490円だそうです。残のうち2Kmを使用します。残は33Kmとなります。 前回の条件で旅行したとすると川部駅10:00発、津軽浜名駅12:19分着となります。

この区間で知っている地名は青森程度です。勿論、青森県の県庁所在地程度の知識しかありません。津軽線は北海道新幹線と一部並走するように施設されているようです。勿論、北海道新幹線も乗車したことはありません。一度、冬の北海道新幹線に乗車してみたいものです。

近所の散策2018---立夏過ぎ2

Dsc_0840

こちらは近所のお宅に成っていた梅の実だと思います。青々としています。
Dsc_0842
こちらは違うお宅にあったビワの実だと思います。
Dsc_0850
こちらは、椿の実のような感じです。
Dsc_0858
このようなネギ坊主のような花がありました。名称は不明です。
追記、妻から名称を教えてもらいました。アリウムだそうです。
さて、今朝も午前5時半過ぎには起床し約6Kmのjoggingへ出かけています。その際に見かけた植物を日が昇った先ほど撮影して来ました。カメラを持ち出したのですが、電池を挿入するのを忘れ自転車で引き返しています。午前6時前は気温も低く、半袖短パンでは少々、肌寒いくらいでしたが、午前8時すぎからは日差しも強くなって来ました。気温が上昇しそうです。昨日は結構、雑用をこなすことが出来ました。今日はどのように過ごしましょうか?

2018年5月19日 (土)

旅の思い出---第4次旧東海道徒歩の旅133

Dscf3782 2017年5月に有給休暇を取得して実施した旧東海道徒歩の旅を回顧しています。5/30午前9時半前には浜松市東区中野町付近にいました。旧東海道には、こちらの案内板がありました。天竜川橋紀功碑と記載され、架橋した浅野茂平を称える石碑であることが記載されていました。

 Dscf3783 こちらが、その石碑の全体像となります。非常に大きなものであることが判ります。詳しくは、こちらをご参照で。Dscf3784 さらに、近くには「伊豆石の蔵」なる案内板がありました。天竜川流域は、江戸時代より船運を利用した交易で伊豆や江戸と繋がっていたこと、伊豆で採れた石は、火に強い建築材料として、蔵や塀に使われたこと等が記載されています。Dscf3785 こちらが、その伊豆石の蔵となります。非常に重厚感のある立派な蔵でした。Dscf3786 さらに少々、浜松方向へ歩くと、「東橋」とあります。Dscf3787_2 下の案内板には、かつてここには土橋が架かっていたこと、中野長村では一番東の橋であること、明治後期から中野町は天竜川の船運による木材集積地として栄えたこと、堤防沿いに19軒の製材所が立っていたこと、この東橋が中野町繁華街への入り口であったこと等が記載されています。

稲の定点観測2018---その9

P1080608 

毎週末記録している宮崎平野の早期水稲の定点地点です。いつもの山の上には厚い雲が掛かっています。空気は冷ややかで、少々、風も吹き半袖短パンのjoggingで丁度良いのですが、湿った空気でベトベトする印象があります。
P1080609  
稲の方は、青々と生長しているのでした。田圃には殆ど水はありませんでした。
P1080610  
こちらは、jogging中に見かけた花です。筒状になった紫色の花でした。勝手に「ジギタリスの花」かななんて思いながら撮影していました。
P1080612  
近所のお宅にはチロリアンハットが多数、その花を咲かせているのでした。
今朝も午前5:30分頃には起床しています。外を見ると曇天状態でした。道路は濡れています。天気予報では九州地方では唯一の晴れが宮崎県でしたが。天気が崩れることを懸念して、さっさと約3Kmのjoggingへ出掛けました。花の状態を見ると、雨が上がった後のようにも思えます。その後、シャワー、朝食を取り、1階の清掃をしながらNHK「チコちゃんに叱られる」を見ていました。
現在も空は曇天でハッキリしない天候です。今週末も、いつもの週末と同様な過ごし方になろうかと思います。そうそう、妻が不要なオーデコランを台所流しに廃棄しました。その臭いが凄いのです。床屋さん状態です。台所には近寄らないようにします。

2018年5月18日 (金)

旅の思い出---第4次旧東海道徒歩の旅132

Dscf3774 2017年5月に有給休暇を取得して実施した旧東海道徒歩の旅を回顧しています。5/30午前9時半前には静岡県浜松市東区中野町の天竜川河畔に居ました。こちらにも中野町の案内がありました。東海道膝栗毛にも、ここから江戸へも60里、京都へも60里と記載されていることが書かれていました。Dscf3775 案内板付近は現在となっては細い道路で、東海道を示す道標もあったのです。Dscf3778 道標の近くには六所神社があります。Dscf3779 舟橋、木橋跡の案内がありました。それによると、明治元年天皇御東幸の際に舟橋が架けられたこと、明治9年に木橋に架け替えられたこと等が記載されています。この木橋は昭和8年の鉄橋が完成するまで使用されたようです。Dscf3780 さて、天竜川堤防沿いの散策を終え、浜松方向へ進みます。すると、すぐに「餃子の店かめ」なる看板がありました。当方も、「かめ」には敏感に反応してしまうのです。Dscf3781 西方向へ進むと直ぐに、こちらの案内がありました。中野町銀行跡とあります。交通、物流の要衝であった中野町には明治17年に銀行が設立されたようです。その後、吸収合併を経て、現在の静岡銀行となったようです。

2018年5月17日 (木)

旅の思い出---第4次旧東海道徒歩の旅131

Dscf3763 2017年5月に有給休暇を取得して実施した旧東海道徒歩の旅を回顧しています。5/30午前9時過ぎには静岡県浜松市東区中野町の天竜川防波堤付近に居ました。樹木に進むべき道順を示す矢印がありました。優しい心遣いに感謝です。Dscf3764 こちらのように堤防を階段を使用して下っていくのでした。Dscf3765 すると直ぐに横町通りに関する案内がありました。江戸時代には東海道と渡船場を結ぶ往還として多数の旅人が往来したようです。筏師、船頭、小料理屋、銭湯、床屋、魚屋で賑わっていたようです。天竜川上流に鉱山があったことを今回初めて知りました。Dscf3766 横町には、このような案内もあり行ってみることにしました。Dscf3770 だた、こちらのような階段を登らなくてはなりません。天候も良すぎて気温が高く、少々、気合を入れて登坂したことを覚えています。Dscf3771 展望の道路沿いには、こちらのような石碑がありました。Dscf3773 案内には明治天皇が明治11年11月、北陸東海御巡幸の際に休憩されたことが記載されています。

2018年5月16日 (水)

旅の思い出---第4次旧東海道徒歩の旅130

02 2017年5月に有給休暇を取得して実施した旧東海道徒歩の旅を回顧しています。こちらが、先ほど渡ってきた天竜川の江戸時代の様子となります。勿論、橋は掛かってなく、渡船にて渡っていました。何だかこちらの方が風情があって良いようです。Dscf3753 さて、5/30午前9時過ぎには静岡県浜松市中野町付近の天竜川河畔にいました。新天竜川橋を渡ると公園のようなものが見えて来ました。Dscf3754 近づくと東海道案内とあります。た。Dscf3755 現在地を確認しましょう。天竜川河畔の堤防にいるようです。Dscf3756 現在地を示す地図の下には案内が記載されてます。要約すると、この付近は東海道と天竜形が交差する交通の要衝であったこと、中野町の由来としては江戸と京との中間に位置したこと、この先、西方向に新居関所があること、天竜川の水運により製材業が発達していたこと等の記載があります。そういえば、新居関所は箱根関所に並ぶ関所であったことが、長英逃亡という本にありました。Dscf3757 さらに旧東海道を歩く旅人用の周辺案内もありました。こちらの案内に従って進むことにします。Dscf3762 こちらの大きな案内板には、昭和初期の堤防沿いの製材工場の写真もあったのでした。同時は、製材業でこの付近は繁盛していたのでしょう。往時が偲ばれます。

«旅の思い出---第4次旧東海道徒歩の旅129

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック