2019年5月19日 (日)

Cameraman vest

Cimg8685

5/24からの第8次旧東海道徒歩の旅用にCameraman vestを購入しました。Zicac社製のfishing mesh vestが本来の商品名のようです。背中の部分がジッパーで取り外せmeshとすることが可能です。他、多数のポケットがあります。

旧東海道徒歩の旅では、意外と手持ちのものがあります。今までは、ガイドブック、デジカメ、GPSロガー、携帯電話、ハンカチ等はリックには入れずに、上着や短パンのポケットに入れていました。これが嵩張るのです。ということで、こちらのvestを購入しました。こちらを選択したのは、アマゾンでの商品とsizeの案内がしっかりしていたことからです。到着して商品を見ると、中国製のようですが意外と縫製もしっかりしていました。¥3499だったかな。5月下旬の徒歩旅行では暑くなるかもしれませんので、やはりmesh地となることは必須でした。

 

さて、昨日、今日と南九州は雨です。昨日は雑用で外出しましたが、殆ど小さな台風のような風雨でした。そして今日も纏まった雨が降り、時折、風もあるのです。週末は本来であれば、joggingへ出掛け、早期水稲の定点観測地点へ行くのですが、今週末は諦めることにしました。

事務的雑用をして過ごそうと思います。でも、チョット、室内にいることに飽きています。

2019年5月18日 (土)

仮想日本縦断鉄道の旅---その41

02_3

2019年4月1日から4月30日までjoggingで110Km走っています。4月も3月同様、出張があり旅先では走れませんでしたが、100Km越えとなりました。天候が比較的良かったからでしょう。

今回の仮想乗車区間は前回に引き続きJR函館本線仁木駅から同本線長万部駅まで乗車したと仮定します。この間は115Km、駅数3+8駅です。この付近もYahooで検索しても駅数表示があります。残18Kmのうち5Kmを使用します。残は13Kmとなります。前回の条件で乗車すると仮定すると、仁木駅10:09分発俱知安駅12:35分着となります。約1.5時間の待機時間が発生し俱知安駅12:35分発、長万部駅14:07分着となります。料金は¥2160、所要時間は乗車135分、乗り継ぎ103分で合計3時間58分を要します。この間で知っている地名は、俱知安、長万部くらいです。俱知安はその名称の面白さから、長万部は以前、由利徹さんというコメディアンがギャグで使用していたことを記憶しています。今の若い人は知らないでしょうね。  

20190402

さて、万歩計の4月の結果です。4月もjoggingの際、万歩計を携帯するのを失念していることを記憶しています。4月の結果では、総歩行数は約22.7万歩、消費カロリーは約5400Cal、歩行距離は113Km、脂肪消費量は324gとのことです。

やはり、グラフを見ると熱田神宮付近の宮の渡し公園から近鉄弥冨駅まで国道1号線を歩行した4/26の歩行がダントツで長いことが分かります。翌4/27も同様です。

まあ、こんな降らないことをしながら楽しんでいます。

 

2019年5月17日 (金)

旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その76

Dscf2662

 

 

 

2018年5/25から5月恒例の旧東海道徒歩の旅に出発しています。今回が第6次の徒歩の旅となります。5/27午前11時過ぎには、旧東海道吉田宿(豊橋)から御油宿へ向かって歩いていました。前方に大きな道路が空を飛んでいます。旧東海道は通常、連続しているのですが、現在となっては寸断されてていることもあります。どうも、こちらで旧東海道が寸断されているようです。

 

Dscf2663

 

 

 

大きな高架の道路手前に、この写真のような細い歩道がありました。こちらを通行するようです。

 

Dscf2665

 

 

 

どうにか、旧東海道に復帰することが出来ました。道路には国道1号線の案内が、信号には白鳥5丁目西の案内が、そして道路標識には岡崎まで22Kmとあります。

 

Dscf2666

 

 

 

さらに進むと、新東名と東名高速道路の案内がありました。未だかつて新東名高速はクルマで通行したことがありません。東名高速道路も高速バスで通行したっきりかもしれません。

 

Dscf2668

 

 

 

この付近で、線路が見えてきました。旧東海道徒歩の旅は途中落伍しても鉄道が近くを通っているので安心です。線路が見えると安堵するのです。

 

Dscf2670

 

 

 

白鳥跨線橋を渡って線路を横断します。

 

2019年5月16日 (木)

ペットマトMINIナスの生長記録---その16

Img_2442

仕事場窓際で水耕栽培しているペットマトMINIナスの今週の状況です。 写真左が本来の株、右が挿し木をした株です。

本来の株には変化がありません。実は熟成しているのでしょうか。挿し木の株には下向きに開花しました。

 

Img_2445

本来の株の実を接写すると、こちらの写真となります。先週と変化がないようです。

Img_2444

挿し木の株の花です。ややfocusが甘いようですが、それはご愛嬌で。実は、挿し木の株には先週、他の花が開花していたのですが、落下してしまいました。恐らく、上手く受粉ができなかったからかと思い、電気シェーバー清掃用のブラシで人工授粉をしてみました。実になるでしょうか。

いずれの株も5/10午前9時前の震度5弱の地震で、窓際から落下したのですが、元気に生長しているようです。

2019年5月15日 (水)

旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その75

Dscf2652

 

 

 

2018年5/25から5月恒例の旧東海道徒歩の旅に出発しています。今回が第6次の徒歩の旅となります。5/27午前11時前には旧東海道吉田宿(豊橋)から御油宿に向かって歩いていました。伊奈の手前付近となります。この付近の旧東海道は、こちらの写真のように一直線となっています。

 

Dscf2653

 

 

 

伊奈の一里塚跡に到着しました。江戸日本橋から75里とあります。約296Kmの距離となります。

 

Dscf2656

 

 

 

伊奈の一里塚跡付近には、こちらの店舗があるのでした。和風建築となっています。近づいてみましょう。

 

Dscf2657

 

 

 

「山本太鼓店」とあります。和太鼓の店舗のようです。太鼓の店舗を初めて見たのでした。あまり、見かけることはないような気がします。

 

Dscf2660

 

 

 

15分程度歩くと、小田淵駅の案内板がありました。恐らく東海道本線の駅だと思います。400mは遠いので見に行くことはしていません。

 

Dscf2661

 

 

 

さらに10分程度、歩くとコニカミノルタの工場らしき建物がありました。以前は、ミノルタのデジカメの発色が気に入っていて使用していたのですが、壊れてしまい現在は使用していません。現在はPentax, Fujifilm, Nikon, Panasonic等のデジカメを使用しています。Pentaxはミノルタの発色に似ており、気に入っています。

2019年5月14日 (火)

朝顔とブロッコリーの生長記録---その2

P1090043

自宅で栽培しているこぼれ種朝顔と水耕栽培しているブロッコリーの生長記録です。朝顔の方は先週、新規に3粒の種を蒔きましたが全く発芽していません。やはり、種が古くなると発芽しないのでしょうか?もう少し、経過を見てみることにしましょう。既に発芽している朝顔は、寄り添うように生長しています。今後、お互いが干渉しなければ良いのですが。

P1090042

水耕栽培しているブロッコリーの方も生長しています。ペットボトルの蓋があるので、大きさは大体、想像可能かと思います。緑色のペットボトル蓋の左横の株が、この1週間で非常に生長した印象があります。職場で栽培していた、オクラ、ミニナスは実がなり、その実のつき方が判りました。ブロッコリーって、どのような実の付き方をするのでしょうか?今後の生長が楽しみです。

2019年5月13日 (月)

旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その74

Dscf2640

 

2018年5/25から5月恒例の旧東海道徒歩の旅に出発しています。今回が第6次の徒歩の旅となります。5/27午前10時半前には旧東海道吉田宿(豊橋)から御油宿へ向かって歩いていました。前方に何やら踏切のようなものが見えてきました。

 

Dscf2641

 

踏切の案内には、「小坂井踏切」とあります。信号通信指令の連絡先はフリーダイヤル401-758(しれいなごや)だそうです。

 

Dscf2642

 

踏切から南方向を撮影しています。ガイドブックによると、こちらはJR飯田線小坂井駅のようです。電車が停車しています。電車の塗装はJR東海のものです。

 

Dscf2645

 

踏切を渡り旧街道を進むと、前方に松の木が見えてきました。

 

Dscf2646

 

松の木の近くには、またもや常夜燈があるのでした。

 

Dscf2647

 

常夜燈から約15分程度、歩くと伊奈村立場茶屋 加藤邸なる案内がありました。案内には吉田宿と御油宿の中間にあたり、立場茶屋が設けられたこと、加藤家では良香散という腹薬が有名であったこと、明治天皇がこの加藤家でご休憩されたこと等の記載があります。

 

Dscf2648

 

こちらが、伊奈村立場茶屋案内板のあった全体像です。石碑には芭蕉と芭蕉と親交のあった謙斎の句碑となっているようです。

2019年5月12日 (日)

新規GPSロガー

Cimg8679

新規にGPSロッガーを購入しました。CANMORE社のG-PORTER GP-102+(写真右)です。写真左がこの3月まで使用して来たHolux社のm-241というGPSロガーです。このm-241が2019年4月7日以後、ロールオーバーが発生し日時表示が不可となりました。

 

GPSロールオーバーとは、1980年1月6日を起点として1024週後に日時がre-setされる現象のようです。1巡目は1999年8月22日だったようです。2巡目が2019年4月7日午前9時頃に発生したようです。この2巡目のロールオーバー問題が発生してm-241の日時表示が不可となりました。それに気づいたのが4/26の第7次旧東海道歩行時でした。他の機能は使用できます。例えば、歩行距離、緯度経度の表示等です。しかし、このm-241に連動するアプリも使用不可となり、移動足跡が表示不可なのです。

 

そこで携帯型GPSロガーとして、CANMORE社のG-PORTER GP102+を購入しました。2019年5月下旬からの第8次旧東海道徒歩の旅に間に合わせるためです。m-241は乾電池式でしたが、GP102+は充電式となります。他に液晶画面のない携帯型GPSロガーもあるのですが、やはり、歩行時に移動距離を知りたくて液晶表示のあるものを選択しました。このGPSロガーがあると、後からデジカメ写真に撮影位置情報を追加することが可能となります(ジオタグ)。このジオタグ機能も当方にとっては重要なのです。

 

今回、こちらのGP102+購入にあたってはアマゾンではなく、秋月電子通商から購入しています。こちらの販売店のHPでの商品説明、使用方法の記載があったからです。

 

近日中に新規GPSロガーの使用方法に慣れる必要があります。果たして、新規GPSロガーはGPSロールオーバーに対応し、当方の期待に応じてくれるでしょうか?。

2019年5月11日 (土)

稲の定点観測2019---その9

P1090039

宮崎平野早期水稲の定点観測地点の今週末の状況です。こちらは、いつもの山です。山頂上には厚い雲がかかっています。今日午前、宮崎は曇天の天気予報です。 

P1090040

早期水稲の方の生長は順調なようです。それでも全高は20cm程度で、見た目では先週と著変はない印象です。

P1090037

今朝も午前5:20分頃には自然と目が覚め、朝食を頂き、午前6時半前にはjoggingへ出かけています。jogging course沿いにキツネのアザミが開花していました。土手に開花していたので最も道路沿いのものを撮影しています。

P1090038

jogging course沿いには、こちらの花も開花していました。葉の形から紫陽花のように思います。

golden week前からjoggingをする際の衣装が半袖短パンになっています。しかし、今日のような曇天で午前6時半頃から走ると少々、肌寒く感じます。今週末、妻は会議で仙台へ出張しています。当方は自宅で一人、大きく大きく羽を伸ばすことが出来そうです。

今週末の雑用をしているうちに時間が経過しそうです。

2019年5月10日 (金)

旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その73

Dscf2632 2018年5/25から5月恒例の旧東海道徒歩の旅に出発しています。今回が第6次の徒歩の旅となります。5/27午前10時過ぎには旧東海道吉田宿(豊橋)から御油宿へ向かって歩いていました。豊川市に入ると直ぐに街路樹があり、こちらの看板を見つけました。「子だが橋」とあります。案内によると兎足(うたり)神社の春の大祭の初日に通る若い女性を生贄にする習慣があったようです。当日、奉仕する父母の前を若い女性が通りかかったようです。見れば我が子であったが、「子だが止むを得ん」と生贄にしたとのことです。悲しい話ですが、何故、その娘はそのような習慣があったのを忘れていたのでしょうか?

 

Dscf2633

 

こちらが、そちらにあった石碑です。

 

Dscf2634

 

子だが橋の案内板があった場所の全体像となります。

 

Dscf2635

 

さて、才の木南交差点を通過して旧東海道を進みます。

 

Dscf2637

 

すると、先ほどの説明文にあった兎足神社がありました。幟が見えます。

 

Dscf2638

 

こちらが、兎足神社の鳥居となります。

 

Dscf2639

 

この付近の旧東海道にも、こちらの写真のような年季の入った和風家屋があるのでした。

«ペットマトMINIナスの生長記録---その15

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック