2017年9月26日 (火)

ペットマト2---その4

Img_2075
仕事場窓際にて栽培しているペットマト2プチトマトの今週の状況です。新たに小さな芽が出てきました。大きな方も、これが双葉か本葉か良く判りません。今暫く経過を見ましょう。説明文には1本のみ残し間引きをするように記載がありました。「可哀想で間引きはチョット」と思っています。本葉が出たらペットボトルに液体肥料を入れることになります。

2017年9月25日 (月)

旅の思い出---第4次旧東海道徒歩の旅19

42788
2017年5月に有給休暇を取得して実施した旧東海道徒歩の旅を回顧しています。5/27午前7時過ぎには静岡駅前バス停付近に居ました。こちらは、静岡駅駅舎となります。非常に立派な駅舎です。5月下旬には改装作業中なのでした。

42790
静岡駅前から中部国道線の静鉄ジャストラインのバスに乗車し、昨日の到着地点である廻り沢口バス停に向かいます。日記によると7:18分発のバスに乗車したようです。

42792
昨日、数時間を掛けて歩いた距離をバスでは僅か40分程度で到着してしまいます。こちらのバス停で降車したのは、当方を含めて二人のみでした。

42793
バス停から歩道橋を登るべく歩いていると国道1号線沿いに、このような川が流れています。バス停の名称となっている「沢」は、この川を指しているのでしょう。

42794
このような立派な歩道橋を渡り、対側へ渡ります。非常に立派な歩道橋ですが、1日あたりどの程度の歩行者が利用しているのか心配になります。それほど、周囲はクルマの交通量はありますが、人気(ひとけ)がなく閑散としているのでした。

42796

歩道橋から岡部方面を撮影しています。国道1号線は片道2車線の立派な国道です。さすが、旧1級国道です。こちらでも青空が綺麗なのでした。

2017年9月24日 (日)

秋季大運動会

Pict0128
小学校の運動会をちょっと見物に行って来ました。校門正面には秋季大運動会の看板があります。こちらの道路を隔てた反対側にはデリバリーのクルマが停車していました。最近では、運動会での昼食もデリバリーを利用する親御さんが多いのでしょうか。Pict0129
運動場の中央には、低学年と思われる子供達が集合しているのでした。徒競走が終了した後のようです。
Pict0131
運動場の周囲には、親御さん達の簡易テントがギッシリと並んでいました。屋根のあるハイカラなものです。これなら日焼けも気にしないで済みそうですね。当方が小学生の頃は、皆、ゴザに座っていたものです。
運動場と当方のいる住宅地の間に校舎があり、運動場方向にスピーカが設置されていることから運動会の歓声や放送は殆ど聞こえません。
長女が小さかった頃、毎週のようにこちらの小学校を訪れ、ブランコ、レンジャーロープ、ジャングルジム等で遊び、ウサギを見て帰宅していたことを思い出しました。運動会に訪れている親御さんたちも当方に比べ若い人々となり、チョット老けた方が居るかと思うとそれはジジ、ババたちなのでした。月日は流れました。

近所の散策2017---秋のお彼岸過ぎ

Pict0127
こちらも今朝のjogging中に見かけた植物です。彼岸花が生長しつつあります。生長の早い彼岸花ですから、恐らく今日、明日にでも開花することでしょう。
Pict0124
こちらもjogging中に見かけたものです。柿なのですが、何だか縦方向にちょっと長いようです。通常の柿と品種が異なるのでしょうか、それともこれから縦方向が縮んでいくのでしょうか。
今朝も午前6時頃には起床しています。近くで花火の上がる音がありました。「運動会でもあるのかな」と思いつつ朝食を頂いています。その後、約3Kmのjoggingへ出掛け上記の写真を撮影しています。いつもの公園で7:10分頃にストレッチをしていると、小学校方面へ数人の大人が向かっていることに気づきました。どうやら小学校で運動会があるようで、その場所取りの大人のようです。先週末の台風の影響で今日に順延されたのでしょうか?空は曇天です。天気予報では雨の心配はないようです。小学生の運動会では、ピーカンの晴天よりも曇天程度の方が良いのかもしれません。後でちょっと運動会を覗いてみましょう。

今日も夕方まで一人を楽しみます。
 

2017年9月23日 (土)

お彼岸

Pict0109
さて、今日はお彼岸の中日です。ということで今朝、jogging中に見かけた彼岸花を掲載します。こちらは白い彼岸花です。写真中央やや左に細い花弁に水滴が付いていることが判りますか?
Pict0112
こちらは、加江田神社近くのお宅にあった黄色い彼岸花です。写真奥にはボケていますが、赤い彼岸花が開花しています。紅白の彼岸花より黄色の方が葉の幅が広いような印象があります。

彼岸花は奥行きがあり撮影が難しいと考えいます。なかなか上手に撮影できません。
今朝も午前6時頃には起床し朝食を頂いた後、約6Kmのjoggingへ出かけています。気温が低下して6Km走るのもあまり苦になりません。妻は昨日、どこかに出張しに行きました。どこに行ったのかは知りません。先週末の台風で延期した出張なのかもしれません。
ということでこれから一人を楽しもうと思っています。幸い、先週、博多で購入して来た本が面白そうなので、それでも読んでみます。

2017年9月22日 (金)

旅の思い出---第4次旧東海道徒歩の旅18

42778
2017年5月に有給休暇を取得して実施した旧東海道徒歩の旅を回顧しています。さて、2日目です。日記によると5/27は午前5:30分頃には起床しホテル1階で朝食を頂いた後、午前7時頃にはホテルを出発しています。昨日5/26とはうって変わった良い天気となりました。空の青が目に痛いくらいでした。

42779
こちらが今回、宿泊しbase campとしたホテル正面玄関です。くれたけinnプレミアムとなります。勿論、大浴場、サウナ、洗濯機、乾燥機付きのホテルとなります。プレミアムとは何がプレミアムだったのかは良く判りません。ホテルを出て静岡駅前まで移動します。時間にして信号待ちも含めて数分です。

42780
静岡駅前には竹千代(徳川家康の幼名)像がありました。像の後ろには簡単な案内があります。

42782
家康は、駿府(静岡)には幼少期、5ケ国時代、大御所時代の三度暮らしたことが簡単に記載されています。

42786
蔵の裏面には、このようなプレートも埋め込まれていました。撰文は、TVにもよく出演されている静岡大学名誉教授の小和田哲男さんの名前もありました。

42787

静岡駅前は、このように大都会なのでした。

2017年9月21日 (木)

真田太平記---第6巻 家康東下

6
前回から率い続き今回も池波正太郎氏の「真田太平記第6巻家康東下」を選択しています。本の帯には以下のように紹介されています。
幼い秀頼と豊臣家の行方を案じつつ秀吉が亡くなると、徳川家康は朝鮮の役での文治派と武断派の対立を巧みに操りつつ豊臣家を分断していく。そして石田三成と結んだ上杉景勝を撃つべく家康が会津に兵を進めると、三成が兵を挙げ、ここに東西決戦の陣形が定まる。この重大局面にあたって真田父子は会津出陣の途上で一夜会談し、昌幸と幸村は徳川軍団を離れて上田城に帰り、信幸は留まる。
さて、この巻でも気になった箇所を抜粋してみましょう。三成の親友である大谷吉継の言葉で「三成は、時宜(じぎ)作法など、ことの他に平懐(へいかい)である」(p248)。平懐とは、礼儀作法を守らず遠慮のないことという意味だそうです。大谷吉継は三成の性格が「あまりにも、正直すぎる」と思っていたようです。
また、「大望を抱いた彼らは(秀吉、家康)、おのれの実力をそなえるために、また、人心をわが身にあつめるために、あくまでも微笑を絶やさず、へり下るところはへり下って、いかさまも倦(う)まなかった」(p249)。
世の中は、やはり、人の集団で成立しているのです。
 

2017年9月20日 (水)

旅の思い出---第4次旧東海道徒歩の旅17

42765
2017年5月に有給休暇を取得して実施した旧東海道徒歩の旅を回顧しています。5/26午後4時半過ぎには藤枝市岡部町宇津ノ谷峠付近に居ました。案内には岡部宿方向へ行くには写真左方向へ行くようにあります。

42766
案内に従って進むと国道1号線をunder passするようです。路面が濡れています。この頃には折りたたみ傘を差していたような記憶があります。写真左には小さな川が流れています。下の浮世絵に記載されている川のようです。

42769
国道一号線を潜り、道の駅宇津ノ谷峠に到着しました。

42768
道の駅の案内には、現在地を示しています。当日の予定行程は岡部宿までだったのですが、降雨で岡部宿まで到着することは困難と判断し始めています。

42770
道の駅からやや下ったところにバス停廻り沢口がありました。こちらで静岡駅行のバスを待機することにしました。約10分程度でバスが来て、当日の予定行程を終了することにして静岡駅まで戻っています。

Photo

こちらが浮世絵の岡部宇津ノ谷峠です。沢とは、この川を示していることでしょう。結構、大変な印象が残っている峠ですが、通過するのに要した時間は約30分強だったのでした。

2017年9月19日 (火)

仮想日本縦断鉄道の旅---その21

02 2017年8月1日から8月31日までjoggingで101Km走っています。8月も7月同様、雨が少く100Km越えとなりました。今回の仮想乗車区間は、JR北陸本線金沢駅からIRいしかわ鉄道入善駅まで乗車したことと仮定します。この間は103Km、合計21駅で通常各駅停車で103分で走行するようです。料金は2020円だそうです。残のうち2Kmを使用することにします。残は44Kmとなります。

前回の行程に従うと金沢に宿泊し、金沢駅7:20分発で入善駅9:05分着となるようです。厳密にいうと北陸新幹線開業にあたり富山駅から入善駅までは、「あいの風とやま鉄道」となるようです。この付近は、当方の両親の地元となりますので知っている地名が比較的多く存在します。金沢、高岡、富山、魚津、黒部等ですかね。

調べえてみると北陸本線も現在では、米原駅から金沢駅までに短縮されてしまいました。以前は、たぶん米原駅から直江津駅までだったのでしょうか。

2017年3月下旬に会議で金沢駅に行った際、富山方面の路線名がIRいしかわ鉄道に変更されているのを見て、少々、落胆した思いがありました。新幹線の開業が良いのか、悪いのか、弱者が切り捨てされなければ良いのですが。

 

ペットマト2---その3

Img_2071 先週、植えたペットマト2のプチトマトが1週間で芽を出しました。高さは1cm程度です。赤いのがペットボトルのキャップ相当なので、だいたい、想像がつくかと思います。仕事場に置いてある大昔のデジカメでmanualにて撮影してみました。9/17(日)午後には芽が出ていなかったので、昨日、今日の発芽だと思います。3つの種を植えましたが、とりあえず1つのみの発芽です。うまく生長するでしょうか?

«旅の思い出---第4次旧東海道徒歩の旅16

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック