2019年6月26日 (水)

旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その92

Dscf28342018年5/25から5月恒例の旧東海道徒歩の旅に出発しています。今回が第6次の徒歩の旅となります。5/27午後3時半前には岡崎市本宿付近の旧東海道に居ました。このような案内板がありました。「本宿陣屋跡と代官屋敷」とあります。柴田勝家子孫がこちらに陣屋を設け、明治に至るまで存続したようです。陣屋代官職は冨田家が世襲したことが記載されています。

 

Dscf2835 

 

こちらが、陣屋と旧代官宅の案内図と現在地を示すものです。旧陣屋は病院となっているようです。

 

 

Dscf2837

 

写真左の坂道を登ると旧陣屋に至るようですが、割愛しています。

 

Dscf2838 

 

さらに2-3分歩行すると、こちらの案内板を掲げる建造物がありました。アイチ味噌溜店舗とあります。

 

 

Dscf2839

 

こちらが、その店舗となります。景観を維持するのに重要な建造物のようです。純和風の雰囲気が漂っています。

 

Dscf2842

 

さらに近くには、例の常夜燈(写真左)と何か傍示石と案内板(写真右)があります。

 

Dscf2841

 

プレートには、「本宿村道路元標」とあります。 「旧道路法(大正9年4月1日施行)によって、各市町村に一箇所、道路の起終点、経過地を表示するために設置され、里数の基準となりました」とあります。

2019年6月25日 (火)

朝顔とブロッコリーの生長記録---その7

P1090087

自宅で栽培しているブロッコリーとこぼれ種朝顔の生長記録です。GreenFarmで水耕栽培しているブロッコリーの方は殆ど変化がありません。

最近になって種を蒔いた種にも悲しいことに発芽はありません。少々、種が古くなったからでしょうか。開封し常温保存するとダメなのかもしれません。

P1090083

こぼれ種朝顔は元気に生長しています。

P1090086

上の写真左の株の芽の先端は、その牙を模索しているようです。今後、どちらへ向かって生長するのでしょうか。延伸したプラ支柱は2mを超えています。右の株も、その先端が2本目の延伸したプラ支柱を越えそうになっているので3本目をつぎ足しました。

P1090082

こちらは、本当のこぼれ種朝顔です。砂利から発芽しているものです。こちらにも余っていたプラ支柱を添えました。ようやく巻き付いてくれました。こちらも、今後、生長することでしょう。

2019年6月24日 (月)

旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その91

Dscf28272018年5/25から5月恒例の旧東海道徒歩の旅に出発しています。今回が第6次の徒歩の旅となります。5/27午後3時過ぎには岡崎市本宿町付近に居ました。法蔵寺前に到着しています。こちらは、岡崎観光きらり百選のNo26に登録されているようです。

 

Dscf2828 

 

案内板には、701年行基の開山であること、家康が幼いころ、手習いや漢籍を学んだこと、新選組の近藤勇の首塚があること等の記載gありました。行基って、何か歴史の教科書に出てきたような気がします。ため池を作ったお坊さんでしたか。

 

Dscf2831

 

法蔵寺の前には、東海道を示す傍示石があったのですが、何だか犬がmarkingした跡のようなシミがあるのでした。

 

Dscf2832

 

しばらく歩くと、こちらの案内板がありました。本宿古城とあります。約80m四方のお城があったようです。城主は家康の父に滅ぼされたようです。

 

Dscf2833

 

本宿古城の案内板は、一般民家の前にあったのでしした。

 

 

2019年6月23日 (日)

神様のカルテ

Photo_7

今回はこちらの本を選択しています。夏川草介氏の「神様のカルテ」です。本の帯には以下のように紹介されています。

栗原一止(いちと)は信州にある「24時間、365日対応」の病院で働く、29歳の内科医である。ここでは常に医師が不足している。専門ではない分野の診療をするのも日常茶飯事なら、睡眠を3日取れないことも日常茶飯事だ。妻・ハルに献身的に支えられ、経験豊富な看護師と、変わり者だが優秀な外科医の友人と助け合いながら、日々の診療をなんとかこなしている。
そんな栗原に、母校の医局から誘いの声がかかる。大学に戻れば、休みも増え愛する妻と過ごす時間が増える。最先端の医療を学ぶこともできる。だが、大学病院や大病院に「手遅れ」と見放された患者たちと、精一杯向き合う医者がいてもいいのではないか。悩む一止の背中を押してくれたのは、死を目前に控えた高齢の癌患者・安曇さんからの思いがけない贈り物だった。
第十回小学館文庫小説賞受賞作。2010年本屋大賞第2位。

「ここでは常に医師が不足している。専門ではない分野の診療をするのも日常茶飯事なら、睡眠を3日取れないことも日常茶飯事だ」

この箇所、医師の部分をチョット書き換えてみましょう。「ここでは常に観光バス運転手が不足している。専門ではない分野の大型バスを運転するのも日常茶飯事なら、睡眠を3日取れないことも日常茶飯事だ」 これは以前、社会問題となりましたね。

さて、気分を変えて、こちらでも気になった箇所を抜粋してみましょう。

「開けない夜はない。止まない雨はない。そういうことなのだ学士殿」一止の言葉、p164。

「命の意味を考えもせず、ただ感情的に「全ての治療を」と叫ぶのはエゴである」記述、p212。

「病の人にとって、もっとも辛いことは孤独であることです」安曇さんの手紙から、p218。

確かに、安曇さんの章では泣けます。こちらの第1巻は序章なのでしょうか、続巻はどうしましょうか?

こちらの本は、book-offで散策している際に見つけて読書しています。

 

2019年6月22日 (土)

稲の定点観測2019---その14

P1090078

毎週末記録している宮崎平野の早期水稲の定点観測地点です。いつもの山の上には雲が掛かっていますが、その周囲には青空も見えます。

南九州は5/31に梅雨入りして約3週間を経過していますが、あまり降水はありません。こちらの写真は午前6時頃に撮影したものです。写真右下には当方の影が写っています。

P1090079

早期水稲は順調に生長しているようです。今日は少量の注水があるようです。少々、探してみましたがジャンボタニシの赤い卵は発見できませんでした。既に孵化したのでしょうか、駆除されたのでしょうか。

P1090081

今朝は午前6時頃に起床すると同時に約3Kmのjoggingへ出掛けています。自宅を出てすぐにチロリアンハットが開花しているのを発見しました(午前6時撮影の写真があまり良くなかったので、8:30分に撮影したものに差し替えました)。起床後、直ぐにjoggingへ出掛けたのは妻が5:45からの「題名のない音楽会」を見ていたので、朝食の準備は不可と考え走り出した次第です。

今日の写真が全体的に白っぽいのは、朝の湿気が残存していたからかもしれません。明日の天気予報は午後から曇天になるようですが、今日は晴天のようです。今週末も雑用のみで経過しそうです。

2019年6月21日 (金)

旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その90

Dscf28162018年5/25から5月恒例の旧東海道徒歩の旅に出発しています。今回が第6次の徒歩の旅となります。5/27午後3時過ぎには現在の岡崎市本宿付近に居ました。通過した門のようなものを振り返って撮影しています。写真左が国道1号線となります。

 

Dscf2817 

 

この付近で、こちらのパンフを取得しています。岡崎市本宿エリアwalking map 東海道本宿とあります。このようなパンフがあると、地図の記載もあって非常に有益な情報を提供してくれるのでした。

 

Dscf2819

 

この付近の信号には、「新箱根入口」とあります。箱根の関所のような役割をしていたのでしょうか。非常に名称が面白かったので撮影しています。

 

Dscf2821 

 

このようなモニュメントもありました。勿論、オヤジとしては近づいてみます。

 

Dscf2823

 

傍示石には、右国道1号、左東海道と刻まれています。

 

Dscf2824 

 

案内板には、「本宿の歴史と文化をたずねて」の表題があります。この中で面白そうなのは、近藤勇首塚があることです。「台石には、土方歳三始め11名の隊士名が刻まれている」との記載があります。

 

Dscf2825

 

傍示石に従い、左方向へ進んでいます。こちらの写真のような街道となります。

2019年6月20日 (木)

セカンドラブ

Photo_4

今回はこちらの本を選択しています。乾くるみ氏の「セカンドラブ」です。本の帯には以下のように記載されています。

1983年元旦、僕は、会社の先輩から誘われたスキー旅行で、春香と出会った。やがて付き合い始めた僕たちはとても幸せだった。春香とそっくりな女、美奈子が現れるまでは…。清楚な春香と大胆な美奈子、対照的な二人の間で揺れる心。『イニシエーション・ラブ』に続く二度読み必至、驚愕の「恋愛ミステリー」。

かめさんに、乾くるみ氏の「イニシエーションラブ」を紹介されて、4回、読み直したのが数年前だったような記憶があります。その頃からこちらのセカンドラブの存在は知っていたのですが、ネットでの評判が今、一歩だったので読書するのを躊躇していました。

先日、ブックオフを散策していると古本で状態の良いものがあったので購入し、今回、読書しました。著者に騙されないようにメモ帳に経時的に発生した事象を記載しながら読書していました。しかし、読書直後にはやはり違和感がありました。ネットで検索して「ネタばらし」を見て漸く、納得しました。やはり、まんまと著者に騙されました。

2019年6月19日 (水)

旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その89

Dscf28032018年5/25から5月恒例の旧東海道徒歩の旅に出発しています。今回が第6次の徒歩の旅となります。5/27午後2時半過ぎには旧東海道赤坂宿から岡崎宿へ向かって歩いていました。例の秋葉神社の常夜燈がありました。

 

Dscf2804 

 

この付近の旧東海道は、こちらの写真のように非常に長閑なのでした。

 

Dscf2805

 

さらに進むと国道1号線に合流しています。

 

Dscf2809 

 

しばらくの間は、国道1号線を歩くことになりました。あとチョットで岡崎市へ入ります。道路標識に岡崎市の記載があります。

 

Dscf2811

 

国道1号線沿いには、こちらの石碑がありました。この付近は本宿という地名のようです。

 

Dscf2814

 

正面に、何か木製の門のようなものが見えてきました。関所跡でしょうか。

 

2019年6月18日 (火)

朝顔とブロッコリーの生長記録---その6

P1090070

自宅で栽培しているブロッコリーとこぼれ種朝顔の生長記録です。GreenFarmで水耕栽培しているブロッコリーの方には、あまり変化がないようです。

P1090071

先週、新規に種を蒔いた新しいスポンジにもあまり変化がなく、発芽はまだのようです。

P1090072

こぼれ種朝顔です。こちらは元気です。写真左の株は、

P1090073

先週には、テラス支柱の方へ芽を伸ばしていましたが、週末の風雨で3本目のプラ支柱が外れ、再度、装着した後に人工的に3本目のプラ支柱に巻きつけました。このため、妙なたるみが出来てしまいました。

P1090074

写真左の株も元気に生長しています。2本目のプラ支柱の先端付近まで芽を伸ばしています。この先、やはり3本目が必要になってくることでしょう。何だか、ジャックと豆の木のようになって来ました。

2019年6月17日 (月)

旅の思い出---第6次旧東海道徒歩の旅その88

Dscf27892018年5/25から5月恒例の旧東海道徒歩の旅に出発しています。今回が第6次の徒歩の旅となります。5/27午後2時前には旧東海道赤坂宿付近に居ました。こちらは赤坂陣屋跡(三河虔役所跡)の案内板です。こちらの内容は、赤坂陣屋が三河の天領支配の中心であったこと、幕末には三河県役所と改められたが、明治2年には大藪地内へ新築移転されたこと等の記載があります。

 

Dscf2795 

 

陣屋跡を通過すると、八王子橋を渡ることになります。当方の実家が多摩市なので、隣市となる「八王子」という名称には馴染みがあります。

 

Dscf2796

 

八王子橋の橋梁は、こちらの写真のように何の変哲もない普通の橋です。今となっては幹線道路ではないようです。

 

Dscf2798  八王子橋の前方には音羽蒲郡有料道路の高架が見えてきました(勿論、旅行中は知りませんでした)。

 

Dscf2799

 

高架の近くには、豊川市コニュニティバス八王子橋バス停がありました。この付近は、コミュニティバスが運行している程度の人口、交通量なのでしょう。

 

Dscf2800 

 

さらに5分程進むと木製の一里塚跡がありました。

 

Dscf2801

 

一里塚上には昔の風景が描かれていました。一里塚の横には、御料傍示杭の記載があります。

«仮想日本縦断鉄道の旅---その42

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック