2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

2020年1月22日 (水)

旅の思い出---第8次旧東海道徒歩の旅---その38

Dscf4554

2019年5/24から5月恒例の旧東海道徒歩の旅へ出発しています。今回が第8次の旅となります。 今回の予定としては、三重県桑名市から滋賀県甲賀市付近までの徒歩を予定しています。5/25午前10時半過ぎには旧東海道四日市宿と石薬師宿の中間付近となる日永の追分付近に居ました。信号待ちをしていると、こちらの太陽建機レンタルさんの重機が大型トラックで輸送されていました。重機には白いタイヤがついています。接地面は黒ですが、珍しいと思い撮影しています。タイヤは強度を出すために、炭素を混入すると聞いていました。このため、タイヤは黒いと何かのTV番組で言っていました。何で、こちらのタイヤは白いのでしょうか?側面のみ白く塗装しているのでしょうか?

Dscf4555

さらに旧街道を進むと、あすなろう鉄道内部線と交差することになります。写真でも、その雰囲気が判るかと思いますが、narrow guageです。駅が見えます。

Dscf4556

踏切を渡ってから、こちらの駅が追分駅であることが判ります。日永の追分が近くにあるので、追分駅という名称になったことでしょう。

Dscf4557

近くには、旧運営会社である近鉄追分駅と東海道の案内板がありました。逆光となり、判り難い写真となりました。

Dscf4558

案内板があった場所です。少々、戸惑いましたが、旧東海道は写真左のようです。歩を進めます。

Dscf4559

10分程度の歩行で、大蓮寺前まで来ました。旧街道沿いには神社仏閣が多いので、逆に歩行している道が旧東海道であることが判ります。

Dscf4561

さらに数分の歩行で、こちらの案内板がありました。ちょっと、安心しました。この間、約数分ですが、不安な気持ちで歩行するのも楽しいのでした。ただ、お腹の調子も何だか悪くなって来たのでした。この時、トイレを探していました。内部駅まで行けば構内にトイレがあることを期待して足早に駅へ向かうのでした。この時、若い婦人警官とすれ違ったのですが、当方の挙動不審が目に入ったかもしれません。当方はトイレを探しているだけだったのですが、もし、この時、職務質問を受けていたら当方はお漏らしをしていたことでしょう。

2020年1月21日 (火)

椿と桜の定点観測2019-2020---その8

Imgp2363

当家の庭に植樹されている椿と桜の今週の状況です。こちらは、ロゼフローラです。 既に他の個体には開花しているものがあります。今季、追跡中の個体も奥の個体が開花しつつあります。この1週間で、かなり椿の成長が進んだ印象です。写真下方には、何だかベロを出しているような部分があります。雄蕊、雌蕊なのでしょうか?

Imgp2367

こちらは、カメリアファイヤーダンスです。こちらの個体の成長は遅々としています。樹木上方の個体では開花しているものもあります。その花弁の色は、例年通り深紅という表現になります。

Imgp2368

河津桜の方も、その芽の先の緑色の部分が成長しつつあります。他の個体もかなり成長しています。あと、2週間程度で開花するでしょうか。

2020年1月20日 (月)

旅の思い出---第8次旧東海道徒歩の旅---その37

Dscf4545

2019年5/24から5月恒例の旧東海道徒歩の旅へ出発しています。今回が第8次の旅となります。 今回の予定としては、三重県桑名市から滋賀県甲賀市付近までの徒歩を予定しています。5/25午前10時頃には旧東海道四日市宿を過ぎ、日永の追分付近にいました。こちらが、日永の追分の鳥居となります。

Dscf4546

鳥居のある敷地内には、「日永の追分」の傍示石がありました。

Dscf4549

同敷地内には、井戸もありました。こちらの水を使用して、先ほどの資料館ではお茶を入れてくれたようです。年配の女性が教えてくれたのでした。電動ポンプで水を引き上げているようです。

Dscf4548

日永の追分の案内文がありました。要約すると、東海道と伊勢街道の分かれ道であること、道路拡張前には伊勢街道入口に道を跨いで伊勢神宮の二の鳥居があったこと、鳥居は伊勢神宮の遷宮に合わせて20年毎に建て替えられること、現在の鳥居は昭和50年に建てられたもので第9次の鳥居であること、追分は四日市宿と石薬師宿との間の宿として旅籠、茶店が多かったこと等が記載されています。

Dscf4550

こちらにも案内がありました。江戸で伊勢出身の有志が鳥居を建立したことが記載されています。

Dscf4552

日永の追分から今後の進路を撮影しています。写真左が旧国道1号線、旧東海道は写真右方向となります。

2020年1月19日 (日)

合格する大学受験計画

Photo_20191025172101

今回は、こちらの本を選択しています。和田秀樹氏の「合格する大学受験計画」です。アマゾンでは、以下のように紹介されています。

「一日三時間」の勉強で、「偏差値10上の大学」に合格できる―受験とは「いかに効率よく志望校の合格最低点がとれるか」を競うサバイバルゲームだ。この勝負に勝つには、「残された時間で、何を、どうやるか」といった戦略、つまり、受験計画がポイントになる。受験計画次第で「一日三時間」の勉強で、今より偏差値が20も上の大学に合格することも可能。本書で、受験生が「最小の努力で第一志望に合格する」要領を徹底的に紹介しよう。

こちらの本も古本屋を散策している時に発見し、今更ながら購入しました。というのは、親子二代に渡って大学受験に苦しめられ、失敗した経験があるからです。著者の受験方法、技術を知ることで、自分が何故、失敗したのか、その原因を知りたかったのです。

この本を読書することで、少々、受験テクニックなるものを理解できたかと思いました。当方も大学卒業後、数々の認定試験を受験して来ましたが、まだまだ詰が甘いようです。今後、チョット、こちらの本で得た技術を試行してみたくなって来ました。

2020年1月18日 (土)

近所の散策2020---小寒過ぎ

Img_2541

今日は、最後の大学入試センター試験第一日目とのことです。宮崎でも今朝は非常に冷え込んでいる印象です。

当方も約40年前に当時の共通一次試験を受けています。試験会場は横浜の公立高校だった記憶があります。当日も荒天となり、駅から試験会場まで乗車したバスが雪でスリップした記憶があります。どうも、センター試験当日は天候が荒れ模様となる印象です。

当時の共通1次試験は、現在の日程よりも1週間、試験日が早かった記憶があります。当方は、共通一次試験を受けた次の日の月曜日から、当時通学していた大学の定期試験に臨んでいました。大学の定期試験終了後の2月上旬より、再度、受験勉強を再開し、卒業した大学に合格しています。今、考えてみると、よくhardな日程をこなしたものと感心します。

今日も南岸低気圧の影響でしょうか、関東地方は降雪の予報とのこと。受験生には精一杯、力を尽くして欲しいものです。今朝は当直明けで、写真は午前7過ぎに撮影したものです。夜明けを撮影したつもりです。受験生に夜明けが来ますように。

2020年1月17日 (金)

旅の思い出---第8次旧東海道徒歩の旅---その36

Dscf4534

2019年5/24から5月恒例の旧東海道徒歩の旅へ出発しています。今回が第8次の旅となります。 今回の予定としては、三重県桑名市から滋賀県甲賀市付近までの徒歩を予定しています。5/25午前10時前には旧東海道四日市宿を過ぎ、日永一里塚跡も通過していました。案内板によると、あすなろう鉄道の泊駅付近にいたようです。案内板には、かつての運営会社である近鉄の名称が残っています。

Dscf4535

旧街道沿いに造り酒屋さんでしょうか伊勢蔵さんの店舗があるのでした。

Dscf4536

伊勢蔵さんの駐車場には、こちらの大きな桶がありました。勿論、接近してみます。

Dscf4537

案内板には、「展示桶(30石)」の記載があります。「直径1100mm(1.1m)、高さ1940mm(1.94m)、味噌仕込み用、1回の仕込み量約5000Kg(50t)(30万人分のみそ汁に相当) ここ旧東海道沿いにおいて、創業大正3年より30石から45石の木桶を使用し、味噌、醤油を製造しております。創業当時より代々木桶に染み込んだ酵母、乳酸菌などが伊勢蔵特有の蔵ぐせを生み出します」との記載です。大きさを、わざわざミリ単位で記載しなくとも良いと思うのですが、imageが湧かないですよね。10升=1斗(と)(18L)、10斗=(180L)です。その昔、灯油販売では缶製のものを使用していました。それを一斗缶と言っていましたね。これを知っている人はかなりの年配者です。

Dscf4539

伊勢蔵を通過して旧街道を進みます。前方に東海道の幟を掲げる古い家屋が見えてきました。

Dscf4540

建物前には、日永郷土資料館との板がありました。

Dscf4544

資料館の外には、水車用木製歯車や郵便ポストが展示されています。当方の年代ですと、こちらの郵便ポストは普通に受け入れられるのですが、こちらのポストは「展示品です」との注意書きがありました。中高齢者が誤って郵便物を投函することのないように記載されているようです。外部を見学していたら、内部から人が出て来て見学していくように勧められました。その後、こちらの資料館を見学させて頂き、お茶まで御馳走して頂きました。

 

2020年1月16日 (木)

仮想日本縦断鉄道の旅---その49

02_20200105114601

2019年12月1日から12月31日までjoggingで127Kmを走りました。12月も100Km越えとなりました。やっぱり、他にすることもないので、ただ、走っているのです。

今回の仮想乗車区間は、JR常磐線泉駅から同土浦駅まで乗車したと仮定します。この区間は距離131Km、駅数は19駅です。料金は¥2310で乗り換え1回、乗車123分、その他11分、乗り継ぎを含めて合計2時間14分とのことです。残のうち4Kmを使用してます。残は7Kmとなります。

 

前回の条件で、この区間を乗車したと仮定すると、泉駅5:54分発、勝田駅7:03分着、同駅7:14分発、土浦駅8:08分着となります。勝田駅から土浦駅までは上野東京ラインが利用できるようです。当方にとっても少し馴染みのある単語が出現するようになりました。

この付近で知っている地名は、日立、水戸、土浦程度です。日立は日立製作所の本拠地として、水戸は茨木県の県庁所在地として、土浦はなんだか高校野球の強いチームがあったような記憶です。

20191202

さて、12月の万歩計の結果です。総歩行数は15万歩、消費カロリーは3624Cal、歩行距離は82Km、脂肪消費量は222gとのことです。こちらを見ると、12/16, 12/26は降雨で走れなかったことが分かります。 

2020年1月15日 (水)

旅の思い出---第8次旧東海道徒歩の旅---その35

Dscf4526

2019年5/24から5月恒例の旧東海道徒歩の旅へ出発しています。今回が第8次の旅となります。 今回の予定としては、三重県桑名市から滋賀県甲賀市付近までの徒歩を予定しています。5/25午前9時半過ぎには旧東海道四日市宿を過ぎ、日永小学校付近に居ました。こちらは、西唱寺の駐車場となります。こちらにも、つんつく祭りの横断幕と幟がありました。

Dscf4528

西唱寺を過ぎると、建物の間に日永の一里塚跡の傍示石が立っていました。右横には、説明文がありそうです。

Dscf4529

案内文の後半には、「この日永一里塚は、もとは5m四方で高さ2.5mの塚が東海道の両側に築かれており、西側の塚には榎が残っていたが明治2年(1869)に伐採され、塚もその姿を消した」との記載があります。

Dscf4530

日永一里塚を過ぎ、7-8分、歩行すると前方に松の木があります。

Dscf4531

松の木の下には、「東海道名残りの一本松」の案内がありました。「むかし、この辺りから泊の集落までは、東海道の両側に低い土手が築かれ、その上に、大きな松の木が並んで植えられていた。その間には、家は一軒もなく、縄手と呼んでいた。この松は、その縄手に植えられていたものが残った貴重なものであり、往時の東海道や日永の歴史の一旦を今に伝えるものとして、大切に維持しなけらばならない。縄手の道幅は、土手も入れて約5間(9m)であった。松の木が無くなった現在の道幅とほぼ一致する。因みに、旧東海道の道幅は3間(約5.5m)で、現在も変わっていない」との記載です。

Dscf4532

一里塚を過ぎてすき屋前を通過します。電信柱に東海道の記載があることが判ります。助かります。

Dscf4533

こちらの道を進みます。LIXILの看板がありました。当家に出入りしている住宅メーカーの方に、reformの際にお聞きしたら、TOSTEM, INAX, SUNWAVEの各ブランドを統合したのが、現在のLIXILということです。そんなことを思い出しながら、旧街道を歩いているのでした。

2020年1月14日 (火)

椿と桜の定点観測2019-2020---その7

Imgp2352

当家の庭に植樹されている椿と桜の今週の状況です。こちらは、ロゼフローラです。 この1週間で蕾はかなり成長した印象です。定点観測している株もやや大きくなった印象です。ロゼフローラの他の株は既に開花しているものもあります。昨年は、開花した後、メジロがその蜜を食べに飛来していたことを思い出します。

Imgp2358

こちらは、カメリアファイヤーダンスです。こちらはあまり変化がないようです。こちらの株は地上約1.5m付近のものですが、それより高いところにある株には開花しているものもあります。上から順序良く開花していくようです。

Imgp2359

こちらは、河津桜です。蕾の先端にやや緑色の部分が見えるようになりました。こちらも、確実に成長しているようです。河津桜も例年であれば2月中旬頃には開花することでしょう。

2020年1月13日 (月)

旅の思い出---第8次旧東海道徒歩の旅---その34

Dscf4518

2019年5/24から5月恒例の旧東海道徒歩の旅へ出発しています。今回が第8次の旅となります。 今回の予定としては、三重県桑名市から滋賀県甲賀市付近までの徒歩を予定しています。5/25午前9時過ぎには旧東海道四日市宿を過ぎ、日永神社付近に居ました。日永小学校まで移動して来ました。小学校前にもつんつく祭りの横断幕が掲げられていました。大抽選会も催されるようです。景品は何でしょうか?

Dscf4519

日永小学校正門付近には、こちらの記念碑がありました。最も高い石碑には、表忠碑との記載が見えます。

 

Dscf4521

稲垣末吉翁頒(ハン?)徳碑なるものもあります。今回、こちらのブログを記載するに当たり、稲垣末吉氏に関して調べてみると、日永小学校講堂を建設するに当たり、寄付をされた方のようです。

Dscf4522

記念碑群の横には、こちらの東海道を示す新しい傍示石もありました。

Dscf4523

すぐ近くには、東海道総合案内もあるのでした。

Dscf4524

勿論、現在地を確認します。旧東海道は赤い線で記載されています。写真右から左方向へ進みます。これから、日永の一里塚があり、あすなろう鉄道内部線とクロスするようです。

Dscf4525

四日市宿は、第43番目の宿場として記載されています。

«愛とまぐあひの古事記