2024年5月27日 (月)

近所の散策2024---小満過ぎ1

P1100805

こちらは、当家のプランターに植樹されている植物です。勿論、名称は不明です。庭師の方が植樹してくれたものです。

綺麗だったので撮影しました。南九州は、5月は晴れれば日差しが強いです。

2024年5月26日 (日)

カシスの舞い

Photo_20240511162801

今回は、こちらの本を選択しています。帚木蓬生氏の「カシスの舞い」です。本のカバーには、以下のように紹介されています。

分裂病と覚醒剤中毒の治療・研究に成果を上げている、南仏マルセイユの大学病院解剖実習室で、首なし死体が発見された! だが、被害者とおぼしき元患者のカルテは消えている。疑惑を抱き、調査を始めた日本人精神科医・水野の周囲で次々に起こる、不可解な事件。暗号名〈カシスの舞い〉の意味するものは。そして、脳研究所で行なわれている実験とは――。戦慄の医学ミステリー。

今回も、読書中に付箋を貼付した箇所を抜粋してみましょう。

「相手が悟るまで黙って待つという解決法があるのですね」本文, p212。

子供が生まれ育つにつれて、自分(父親)はいつのまにか、もの言わぬ家具のように存在になっていた。本文、p241。

99の不幸を、1の幸せで帳消しにするような母の考え方に、私は圧倒される思いでした。本文、p310。

甘い蜜を与えつづけられると、更により甘い蜜を求めるもののようです。本文,p318。

社会の重圧なんて1ケ所に集中するものではなく、大なり小なり万人に等しくのしかかっているものでしょう。本文、p322。

患者に親切であり得るために猛勉強もしたし、次々と昇進試験も受けた。結局、これといって才能のない人間がやれることは、それだけだったのだよ。ある教授の言葉、本文、p351。

最初、こちらの本を読書しはじめたときには、どうなることかと心配しましたが。結果的に落ち着くことが出来たようです。

こちらの本も、帚木蓬生氏の本であったので古本屋さんで発見し購入している次第です。まあ、勉強させて頂きました。

2024年5月25日 (土)

稲の定点観測2024---その8

P1100801

先週末は旅行中でサボリましたが、基本的に毎週末に観察している宮崎平野早期水稲の今週の状況です。いつもの山の上には殆ど雲がありません。本日、午前6時半過ぎに撮影しています。

P1100802

田圃の方の苗は、大分、生長し、全高は15cm程度でしょうか。カメラを構える当方が写り込んでいます。

さて、5/17-5/22まで5月恒例の旅行へ行っていました。refreshのつもりが、かえって疲れてしまい、昨日、一昨日の勤務が辛かったです。

今週末に体調を整え、来週からの仕事に備えようと考えます。蓄積しているヤボ用を片付ける予定です。

2024年5月24日 (金)

旅の思い出---第2次旧甲州街道徒歩の旅62

Dscf7507

2023年4月、東京での会議開催に合わせて第2次旧甲州街道徒歩の旅へ出かけています。4/16午前6時半過ぎにはJR高尾駅を出発しています。

午前10時頃に小原宿本陣に到着し、午前11時過ぎには弁天橋を通過し、午前11半前には県立相模湖公園に、正午頃に相模湖駅に到着し昼食を摂っています。13時過ぎに、2度目の小原本陣到着後、再度、相模湖駅方向へ歩行していました。13時20分過ぎには甲州道中平野の道標を通過し、13時半頃に朽ち果てら木製道標横の階段を降り、旧街道を相模湖方向へ歩いていました。

こちらの2度目の登場となる道標です。かなり戻ってきたことが判ります。

Dscf7509

旧街道沿いには、立派な梶原医院さんがありました。旧街道沿いで開業しているということは、由緒正しき医家なのでしょう。

Dscf7511

そして、旧街道には付き物の交番もあるのでした。

2024年5月23日 (木)

旅の思い出---第2次旧甲州街道徒歩の旅61

Dscf7502

2023年4月、東京での会議開催に合わせて第2次旧甲州街道徒歩の旅へ出かけています。4/16午前6時半過ぎにはJR高尾駅を出発しています。

午前10時頃に小原宿本陣に到着し、午前11時過ぎには弁天橋を通過し、午前11半前には県立相模湖公園に、正午頃に相模湖駅に到着し昼食を摂っています。13時過ぎに、2度目の小原本陣到着後、再度、相模湖駅方向へ歩行していました。13時20分過ぎには甲州道中平野の道標を通過しています。進行方向右が開けて来ました。鉄道の線路が見えます。相模湖駅が遠くに見えそうです。

Dscf7503

前方に、以前、見たことのある光景が出て来ました。

Dscf7504

こちらの朽ち果てた道標も2度目の登場となります。

2024年5月22日 (水)

旅の思い出---第2次旧甲州街道徒歩の旅60

Dscf7497

2023年4月、東京での会議開催に合わせて第2次旧甲州街道徒歩の旅へ出かけています。4/16午前6時半過ぎにはJR高尾駅を出発しています。

午前10時頃に小原宿本陣に到着し、午前11時過ぎには弁天橋を通過し、午前11半前には県立相模湖公園に、正午頃に相模湖駅に到着し昼食を摂っています。13時過ぎに、2度目の小原本陣到着後、再度、相模湖駅方向へ歩行していました。13時20分過ぎには甲州古道平野付近を通過しています。旧街道沿いの塚本水道さんの横を通過します。

Dscf7498

通過すると、旧街道は下り坂となっているのでした。

Dscf7499

どうやら坂を下り切ったようです。前方へ進みます。

Dscf7500

進行方向右には、何やら祠があるのでした。旧街道を偲ぶものですね。

ホテルからの眺め

17163240733190

岩国国際観光ホテル501号室からの眺めです。本来は左に鉄の柱があります。

2024年5月21日 (火)

旅の思い出---第2次旧甲州街道徒歩の旅59

Dscf7492

2023年4月、東京での会議開催に合わせて第2次旧甲州街道徒歩の旅へ出かけています。4/16午前6時半過ぎにはJR高尾駅を出発しています。

午前10時頃に小原宿本陣に到着し、午前11時過ぎには弁天橋を通過し、午前11半前には県立相模湖公園に、正午頃に相模湖駅に到着し昼食を摂っています。13時過ぎに、2度目の小原本陣到着後、再度、相模湖駅方向へ歩行していました。甲州道中平野の道標がありました。上部に何か記載されています。

Dscf7493

上部には、甲州古道は国道20号線から外れているような案内です。当方は国道を通ってきたようです。

Dscf7494

こちらの道標があったのは、神奈中平野バス停付近となります。

Dscf7495

写真左が国道20号線、右が甲州古道のようです。右を進みます。

2024年5月20日 (月)

旅の思い出---第2次旧甲州街道徒歩の旅58

Dscf7489

2023年4月、東京での会議開催に合わせて第2次旧甲州街道徒歩の旅へ出かけています。4/16午前6時半過ぎにはJR高尾駅を出発しています。

午前10時頃に小原宿本陣に到着し、午前11時過ぎには弁天橋を通過し、午前11半前には県立相模湖公園に、正午頃に相模湖駅に到着し昼食を摂っています。13時過ぎに、2度目の小原本陣到着後、再度、相模湖駅方向へ歩行していました。少々、小さいのですが、「相模原名物酒まんじゅう」なる看板がありました。

Dscf7490

こちらが、その酒まんじゅうを販売している幸堂さんの店舗となります。当方が、相模原在住時には、あまり聞かなかったような記憶があるのですがーーー。まあ、有名なのでしょう。

Dscf7491

さらに歩行を進めると、こちらの石碑がありました。かなり文字が崩して書いてあるので判然としませんが、武州小原宿と書かれているのでしょうか。

2024年5月19日 (日)

旅の思い出---第2次旧甲州街道徒歩の旅57

Dscf7486

2023年4月、東京での会議開催に合わせて第2次旧甲州街道徒歩の旅へ出かけています。4/16午前6時半過ぎにはJR高尾駅を出発しています。

午前10時頃に小原宿本陣に到着し、午前11時過ぎには弁天橋を通過し、午前11半前には県立相模湖公園に、正午頃に相模湖駅に到着し昼食を摂っています。再度、旧街道を小原本陣方向へ歩行していました。何やら風情のある建物が見えて来ました。

Dscf7487

約30分の歩行で小原宿まで戻って来ました。

Dscf7488

例の小原の郷です。再度、旧街道を相模湖駅方向へ歩行します。どこで道を間違えたのか、判るかもしれません。

«ホテルからの眺め

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック