« エジプト展 | トップページ | 紅葉 »

2007年11月18日 (日)

夜光の階段

夜光の階段
隙間の時間に「夜光の階段」を読みました。松本清張の作品には悪い男女がよく登場します。この作品も悪い男として佐山道夫が、その道夫を脅す女として枝村幸子が出てきます。「わるいやつら」の主人公である戸谷信一のように悲劇的に終結させているのは作者の良識であろうか。検察内部の事情も詳しく記載されており、作者の取材、造詣の深さには感服する。作品としては、「点と線」、「わるいやつら」、「砂の器」、「黒革の手帳」、「けものみち」等が第1グループとすれば、やはり第2グループであろうか。

« エジプト展 | トップページ | 紅葉 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223428/17109514

この記事へのトラックバック一覧です: 夜光の階段:

« エジプト展 | トップページ | 紅葉 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック