« 今日の朝食 | トップページ | これはちょっとあんまりです。 »

2010年9月 5日 (日)

華麗なる一族3

Photo_2 華麗なる一族下巻です。万俵大介は、長男鉄平が実質経営する阪神特殊鋼を大同銀行の専務と結託して倒産へ追い込みます。これを契機に、念願である上位銀行の大同銀行との吸収合併を企てます。阪神特殊鋼への不良貸付の責任は、衆議院大蔵委員会で鉄平が米国留学中に懇意にしていた大同銀行三雲頭取に被せられてしまいます。鉄平は、三雲頭取に対しての責任感と実父である大介に裏切られたことから、丹波篠山で猟銃自殺をしてしまいます。しかし、万俵大介より更なる悪が存在しました。政治家は怖いですね。万俵家では、長男鉄平、次男の嫁万樹子、次女の二子が神戸岡本の邸を去ります。そして、高須相子は?。それは読書してからのお楽しみに。家から人が去るのは寂しいですね。高須相子の件は、判官びいきの読者に対する著者の良識の現れでしょうか。楽しく読ませて頂きました。

« 今日の朝食 | トップページ | これはちょっとあんまりです。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223428/49285382

この記事へのトラックバック一覧です: 華麗なる一族3:

« 今日の朝食 | トップページ | これはちょっとあんまりです。 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック