« 今日の夕食 | トップページ | yhideさんからの写真---その5 »

2011年8月17日 (水)

佐賀のがばいばあちゃん

Photo 「佐賀のがばいばあちゃん」です。当家の書庫にあったのを偶然、発見しました。約半日で読んでしまいました。贅沢となった現在では、色々と考えさせられることが書かれています。薀蓄のある数々のエピソードと語録も記載されています。「通知表は0でなければええ。1とか2を足していけば5になる」「貧乏には2通りある。暗い貧乏と明るい貧乏」「二股の大根も切って煮込めば一緒。曲がったキュウリも塩でもんだら同じこと」。著者の島田洋七さんは1950年生まれとのこと。ちょっと、遅れますが私も同年代でしょうか。私の小さい頃の夢は、バナナを沢山食べることでした。いっぱい食べるとエキリになると親から言われ1本しか食べれませんでした。というのも、その頃はバナナが高級品だったのです。昭和30年代は、まだまだ日本中が貧乏でした。貧乏でも、楽しくて充実していたような記憶があります。歳を取ったか。

« 今日の夕食 | トップページ | yhideさんからの写真---その5 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223428/52406620

この記事へのトラックバック一覧です: 佐賀のがばいばあちゃん:

« 今日の夕食 | トップページ | yhideさんからの写真---その5 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック