« 北杜夫氏永眠 | トップページ | シンガポール紀行---その47 帰路 »

2011年10月27日 (木)

シンガポール紀行---その46 チャンギ国際空港

Sg081301 8/12、予定外のシンガポール川の遊覧船に乗船した後、宿泊していたホテルに戻り、HISが迎えに来てくれるを待機していました。もう既に皆、疲れきっていました。私は地階の鯉の泳いでいる池の周囲で読書をし、妻、次男、長女は代わる代わる椅子に座って待っていました。HISのクルマでチャンギ国際空港へ向かっています。この空港の案内板には英語、中国語、ドイツ語?、日本語の記載があります。Sg081302 我々が搭乗するのは現地時間AM1:00発のSQ656便です。5分遅れで名古屋へ向かう便もあります。シンガポールは日本を見習って成長を続けて来た国だそうです。時間厳守もその1つで、たとえcheck inしていても時間内に搭乗しなければ、飛行機は出発してしまうとガイドさんに言われました。Sg081303 こちらが、搭乗待合室入り口です。safety checkを終えて搭乗待合室に入るとトイレがありません。長女と妻は待合室を出てトイレへ向かい、再度、safety checkを受けて入って来ました。

« 北杜夫氏永眠 | トップページ | シンガポール紀行---その47 帰路 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223428/53005404

この記事へのトラックバック一覧です: シンガポール紀行---その46 チャンギ国際空港:

« 北杜夫氏永眠 | トップページ | シンガポール紀行---その47 帰路 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック