« 日記 | トップページ | いつもの公園 »

2012年11月 3日 (土)

0-8滑走路

08 またもや、アーサー・ヘイリーの文庫本です。彼の処女作であり、ジョン・キャッスルとの共著となっています。物語は、フットボールの観客を乗せ、バンクーバー空港へ向かうメイプル・リーフ航空のチャーター便714便です。この旅客機の機内食が原因で、食中毒が発生し、乗客の他、機長、副操縦士までも罹患してしまい、機が操縦不能となったという設定です。機内には、戦争中に戦闘機を操縦した経験のあるジョージ・スペンサーがたまたま搭乗しており、彼が操縦することになります。飛行機の操縦には13年間のブランクがあります。バンクーバー空港からは、この旅客機の機長資格を持つトレリーベンが無線で機を誘導します。食中毒患者の容態も悪化の一途を辿り、時間的にも余裕がありません。自動操縦を解除して着陸を試みます。さて、結果は?。全207ページの文庫本です。やはり、アーサー・ヘイリーの処女作のため、物語が単一で進行しており、やや背景描写が物足りない印象です。彼の後の作品は、いくつかの社会問題を織り込んであり、背景内容に厚みがあります。今回も古本をアマゾンで\100(送料\250)で入手しました。古本を探し回る手間と時間を考えれば、安いものです。

« 日記 | トップページ | いつもの公園 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ、いなか仁さん私もその本見たいです。図書館で探して無い時には
お借りして良いでしょうか?結果が知りたいので…

かなり古い文庫本です。図書館にはないかもしれません。いつでも、お貸ししますし、差し上げても構いませんよ。アーサー・ヘイリーの著作に関しては、発表順に読書すると、彼の作家としての成長ぶり、小説の構成の巧みさを理解可能だと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223428/55902681

この記事へのトラックバック一覧です: 0-8滑走路:

« 日記 | トップページ | いつもの公園 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック