« 当社の増築---定点観測20 | トップページ | 当家の庭の花---その1 »

2013年4月 4日 (木)

運命の人---その3

Photo運命の人第3巻です。外務省機密文書漏洩事件、いわゆる西山事件に対する東京地裁が下した判決は二人の被告の明暗を分けることになります。弓成亮太は無罪、元外務省事務官三木昭子は国家公務員法違反の有罪となります。しかし、その判決後に週刊誌に発表された三木昭子の手記により、社会的制裁は地裁の判決とは逆となってしまいます。弓成は一審後、新聞社を退職し、実家の弓成青果を継ぐことになります。高裁では逆転、弓成亮太の有罪判決が出、最高裁では上告棄却の判断がなされます。知る権利も入手方法に問題があると、結果的には罪が問われるという判断のようです。

« 当社の増築---定点観測20 | トップページ | 当家の庭の花---その1 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223428/57016451

この記事へのトラックバック一覧です: 運命の人---その3:

« 当社の増築---定点観測20 | トップページ | 当家の庭の花---その1 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック