« 朝顔---その5 | トップページ | 近所の散策---小満過ぎ1 »

2013年5月27日 (月)

おくりびと

Photo最近、休日は自宅へ引きこもり状態です。妻も長女もいない休日に2008年に話題となった「おくりびと」をDVDで鑑賞しました。2008年当時、この映画から納棺師という職業が、そして、2011年3月の東日本大震災の際にも損傷の激しかったご遺体を復元することで世の中に広く知れ渡った職業です。主人公は、ご遺族から納棺に際して復元、化粧を施すことで感謝されています。そして、ようやく妻や友人から理解されていくことになります。職業に尊卑はないことを知らしめてくれる内容でした。私は洋画より邦画の方が好きです。何となく考えさせられる内容が多いからです。このDVDも、今の自分に照らし合わせて、「仕事とは?」、「人生とは?」と考えさせられる内容を含んでいました。この納棺師という職業、できないことはないと思います。

« 朝顔---その5 | トップページ | 近所の散策---小満過ぎ1 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223428/57368256

この記事へのトラックバック一覧です: おくりびと:

« 朝顔---その5 | トップページ | 近所の散策---小満過ぎ1 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック