« 遅ればせながらWindows 7 | トップページ | 日輪の遺産---DVD »

2013年10月 3日 (木)

Xの悲劇

X_2またもや、エラリ・クイーンの推理小説です。前回は、「Yの悲劇」を読んでいますので、今回はその前作になる「Xの悲劇」を選択しました。満員電車のなかで、渡し船のなかで、汽車のなかで次々に起こる殺人事件に、かつての名俳優ドルリー・レーンが名探偵ぶりを発揮します。「Yの悲劇」よりはテンポが速く読みやすいことは事実です。しかし、物語としてはやや内容が薄っぺらいような印象です。登場人物の設定や心情変化の描写においては松本清張の方が優れているような気がします。同じ日本人だからでしょうか?。

« 遅ればせながらWindows 7 | トップページ | 日輪の遺産---DVD »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223428/58269881

この記事へのトラックバック一覧です: Xの悲劇:

« 遅ればせながらWindows 7 | トップページ | 日輪の遺産---DVD »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック