« 福岡空港 | トップページ | こぼれ種朝顔---その5 »

水の城---いまだ落城せず

Photo 今回はこちらの本を選択しています。風野真知雄氏の「水の城---いまだ落城せず」です。同じ内容を記載しているのですが Amazonでこちらの本の方が 、「のぼうの城」より高く評価されていたため、こちらを選択しました。時代は秀吉の小田原城攻撃の頃です。小田原城の支城となる忍城に籠城する成田成親が主人公となります。結局、三成が攻撃しても落城することは不可で和議により開城することになります。のぼうの城より評価が高いのですが、童門冬二、山崎豊子であれば異なった記載となったこでしょう。「のぼうの城」も読んでみようと思います。

|

« 福岡空港 | トップページ | こぼれ種朝顔---その5 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223428/59634778

この記事へのトラックバック一覧です: 水の城---いまだ落城せず:

« 福岡空港 | トップページ | こぼれ種朝顔---その5 »