« 年末年始の廃棄シリーズ8---Monstar TV Pocket | トップページ | 東京へ »

2015年2月 6日 (金)

アンパンマンの遺言

Photo
今回は、こちらの本を選択しています。やなせたかし氏の「アンパンマンの遺言」です。選択理由は、TV番組で例の林修先生が教材として取り上げていたからです。取り上げていたのはこの本のp70です。抜粋してみましょう。「子供の頃から忠君愛国の思想で育てられ、天皇は神で、日本の戦争は聖戦で、正義の戦いといわれればそのとおりと思っていた。正義のために戦うのだから生命をすてるのも仕方がないと思った。しかし、正義のための戦いなんてどのにもないのだ。正義はある日、突然逆転する。正義は信じがたい。ぼくは骨身に徹してこのことを知った。これが戦後のぼくの思想の基本となる。逆転しない正義とは献身と愛だ。それも決して大げさなことではなく、眼の前で餓死しそうな人がいるとすれば、その人に一片のパンを与えること」とあります。これがアンパンマンの原点となったようです。アニメでもこちらのシーンは見かけますね。正義の押しつけは色々なtroubleを発生しますが、空腹の人に食べ物を与えることの正義は未来永劫、どこの世界でも正義のはずです。さて、こちらの本はやなせ氏の自叙伝となっています。氏がアンパンマンを発表して世間の注目を浴びるの60歳を過ぎてからです。典型的な大器晩成だったようです。当方は常々思うのですが、人生終焉を迎えたとき、皆、幸福は平等に来ているように思います。そう思いましょう。そして、皆さん御存知のようにやなせたかし氏は「てのひらを太陽に」の作詞でも有名ですね。この本、偶然、妻もほかに1冊、購入していました。

« 年末年始の廃棄シリーズ8---Monstar TV Pocket | トップページ | 東京へ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223428/60963535

この記事へのトラックバック一覧です: アンパンマンの遺言:

« 年末年始の廃棄シリーズ8---Monstar TV Pocket | トップページ | 東京へ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック