« 真夏日 | トップページ | 近所の散策---清明過ぎ1 »

わりなき恋

Photo
今回は、こちらの書籍を選択しています。岸惠子さんの「わりなき恋」です。文庫本の帯には、以下のような記載があります。「国際的なドキュメンタリー作家、伊奈笙子、69歳。大企業のトップマネジメント九鬼兼太、58歳。偶然、隣り合わせたパリ行きのファーストクラスで、二人がふと交わした「プラハの春」の思い出話。それが身も心も焼き尽くす恋の始まりだったーーー。成熟した男女の性を鮮烈に描き、大反響を巻き起こした衝撃の恋愛小説。待望の文庫化」とあります。70歳代の女性が読んでいて、面白いというので読書してみました。題名は「わりなき恋」ですが、わけの判らない内容です。当方には、高齢女性の心理が全く理解できません。

|

« 真夏日 | トップページ | 近所の散策---清明過ぎ1 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223428/61294353

この記事へのトラックバック一覧です: わりなき恋:

« 真夏日 | トップページ | 近所の散策---清明過ぎ1 »