« Greenfarnサラダ菜---その3 | トップページ | 一九五二年日航機「撃墜」事件 (角川文庫) »

2015年5月28日 (木)

近所の散策---小満過ぎ2

02
近所のお宅に、このような実をつけている植物を発見しました。一体、何の植物だろうと思い写真撮影です。こちらの実を撮影した後に、その直ぐ近くで花が開花しているのに気がつきました。その花は、

01
このような花です。とっても立派な花弁です。雄花なしきものも、とっても大きく立派なのです。名前は知りませんが何か、チョット、得したような気になりました。帰宅後、妻に聞くと時計草というそうです。本当に時計のようですね。

« Greenfarnサラダ菜---その3 | トップページ | 一九五二年日航機「撃墜」事件 (角川文庫) »

コメント

上のは素人目にも「桑の実」でない?歯を真っ黒(紫)?にして子供の頃桑畑で遊ばなかった?下のは確かに時計ですね。秒針と長針、短針の区別がつかない?♪

時計草の実だと思っていました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 近所の散策---小満過ぎ2:

« Greenfarnサラダ菜---その3 | トップページ | 一九五二年日航機「撃墜」事件 (角川文庫) »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック