« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月30日 (水)

旅の思い出---旧東海道徒歩の旅23

316
今年5月の連休中に強行した旧東海道徒歩の旅を振り返っています。5/3午前10時過ぎには横浜市鶴見区生麦付近に到達しています。こちらは、一般的な家庭の前にあった案内板です。こちらが生麦事件の発生場所であることを示しています。さらに新子安駅方面へ歩くと

322
生麦事件碑がありました。こちらが、その案内板です。323
どうやら、事件碑は仮移設してあるようです。本来の場所は国道15号線と交差する場所のようです。

326
こちらが、石碑となります。建屋の左には、「石碑が老朽化しています。線香はご遠慮下さい」との記載がありました。石碑も向かって左側が一部、欠損しているようです。当方が説明文を読んだりしている間、1組の男女が同じようにこの場所を訪れていました。

この頃、yhideさんから当方の携帯電話にメールが届き、近くにキリンビールの工場があるはずとの書き込みがありました。




2015年9月29日 (火)

零式艦上戦闘機

Photo

今回はこちらの本を選択しています。My favorite books seriesです。約20年ほど前に読書した本です。順番としては逆になりましたが、「零戦燃ゆ」を読書した後に、こちらの本をよみ、引き続き柳田邦男氏の本を読んだ記憶があります。本の帯には以下のようにあります。日米開戦近し!  国家の存亡を賭け、外国機をはるかに凌駕する性能の新鋭戦闘機開発に没頭した若き技術者たちの苦心の足跡を描いた長篇ノンフィクションの傑作。

こちらは、 堀越二郎氏が九六式艦上戦闘機開発から零式艦上戦闘機の開発、日米開戦までのノンフィクションとなっています。かなり良くできたノンフィクションです。その後、暫くの間は、ノンフィクションにはまった記憶があります。

2015年9月28日 (月)

プレゼント

Atrain
先ほど、当ブログにも登場するten.Yさんが職場に来てくれました。パン教室の帰りとのことです。出来立てのパンと熊本三角方面へ旅行された時のあまくさ四郎ポンドし(ポン酢)とA-TRAINのクリアファイルを頂戴しました。パンの表面のビニルには未だ水蒸気が付いており、出来立てであることが判ります。ten.Yさん、いつもいつもありがとうございます。次のパン教室の際には材料費は当方で負担しましょうか?

旅の思い出--旧東海道徒歩の旅22

312
今年5月の連休中に強行した旧東海道徒歩の旅を振り返っています。5/3午前10時頃には、こちらに到達しています。どうも上には鉄道が通っているようです。ガイドブックには駅名の記載がありませんでした。今回、調べてみると鶴見線国道駅のようです。トンネルの中は、ちょっと覗きこんでみましたが不気味でした。何か怖そうなのです。今回、調べてみると内は、非常にレトロな雰囲気で昭和の時代を感じさせるようです。鉄道ファンには有名なようです。

313
国道駅の柱となるような構造物には、写真のような記載がありました。「ガードに自動車等が衝突したのを見た方は、至急下記までご連絡下さい」とあります。老朽化が進行しているのでしょうか。少々、気になります。

2015年9月27日 (日)

近所の散策---彼岸過ぎ2

Photo
今日は宮崎市立小中学校の運動会と聞いています。当方は気がつきませんでしたが、午前6時には運動会実施の花火が打ちあがったようです。妻が言っていました。6時半過ぎに起床すると外は雨です。こちらの写真は8時半前に撮影したものです。保護者が多数、傘をさして小学校内に入って行きます。雨のなか、運動会を強行するのでしょうか?昨日、宮崎市は晴れまたは曇天の天気でした。暑くもなく、日差しが特別、強くもなく運動会日和だったはずです。折角、練習してきた子供達が少々、可哀想です。運動会開催が昨日であれば良かったのにと思っています。

2015年9月26日 (土)

近所の散策---彼岸過ぎ1

Photo
こちらもjogging中に見かけた近所のお宅のブーゲンビリアです。最近は、宮崎空港も宮崎ブーゲンビリア空港と名打っています。綺麗に開花していたので9時前に撮影してみました。

今朝も午前6時頃には起床し朝食を頂き、9時前からjoggingに出かけています。7時頃には少々、小雨が降っていましたが9時前には雨があがりました。約6Kmのjoggingを終了し、シャワーを浴びブログを記載しています。妻は登校する長女を送った後、5連休中にコンピューターソフトの更新で全く仕事が出来ず、膨大な量の仕事が蓄積しているとのことで9時頃、出勤して行きました。応援者も来てくれるようなので感謝していました。当方の仕事は、長女の2回の送迎となります。

2015年9月25日 (金)

旅の思い出---旧東海道徒歩の旅21

305
今年5月の連休中に強行した旧東海道徒歩の旅を振り返っています。5/3午前9時半頃には鶴見駅東口付近に到着しています。このような案内板がありました。江戸時代の鶴見駅付近の絵画のようです。その右側には、

304
このように記載されています。「鶴見や生麦は、川崎宿と神奈川宿の間の「間の宿」として賑わいました」。なるほどです。

307
京急鶴見駅を通り過ぎて、その駅方面を振り返っています。なるほど、旧道のような細さです。こちらが旧東海道であることを知らずに利用している人々も多いことでしょう。

さらに旧東海道を進むと

309
このような交差点となります。写真正面の細い道(赤信号)が旧東海道となり、写真左右に走っているのが国道15号線となります。




2015年9月24日 (木)

互換バッテリー

Photo
互換バッテリーを購入しました。妻が使用しているデジカメPanasonic製DMC-FZ7用の純正バッテリーの寿命が来たようなのです。こちらのカメラは、2006年4月にカメラのキタムラインターネット店でSDカードと合わせて\49330で購入したようです。箱内に購入伝標がありました。流石に9年も使用しているとリチウム電池も寿命が来たようです。カメラも古くなったことから純正ではなく中国製の互換バッテリー(DMW-BMA7用)購入とした次第です。こちらのバッテリーは純正品に比し容量が2倍あるようです。アマゾンで評判が良かったので購入してみました。果たして使い物になるでしょうか。\1580でした。とりあえず、カメラに装着すると普通に起動しました。

2015年9月23日 (水)

秋桜---コスモスではない

201509
自宅近くの八重桜が何故か開花しています。1本のみです。秋に桜が開花しているので秋桜となります。秋桜は通常、コスモスのことだと思いますが、勿論、本当の八重桜です。寒暖の差が春に似ていたので勘違いしたのでしょう。

宮崎空港

宮崎空港
宮崎空港
宮崎空港に来ています。昨日、中部国際空港から宮崎へ戻った長男は、今日の大阪行きJAL便で関西へ飛びます。昨夜、自宅にいたのは12時間程度です。

2015年9月22日 (火)

中部国際空港

中部国際空港
飛行機搭乗まで時間があったので、長男と空港内の大浴場で入浴しました。まあ、長女の買い物に同行するのを避けたいとの気持ちもあったのです。タオル付きで1030円とお値打ち価格です。

関パーキングエリア

関パーキングエリア
東海北陸自動車道関パーキングエリアに到着しました。これから中部国際空港へ移動します。

上高地かっぱ橋

上高地かっぱ橋
上高地に到着しました。かっぱ橋の上は、記念撮影する人が多数います。

銀婚式記念旅行9/22---行程

02_7
9/22の行程は、大町温泉-松本-上高地と観光バスで移動するようです。写真は上高地の公式ウェブサイトからコピーしたものです。上高地では、定番の河童橋を見学することになるでしょう。帰路は、中部国際空港17:55分発ANA347便に搭乗し、宮崎空港へは19:10分に到着するはずです。今回は、「旅っくす」のツアーに参加しています。本来、阪急交通社の同じツアーに参加するはずでしたが、のんびり構えているうちに満席となってしまいました。「旅っくす」のツアーもcancel待ちでようやく予約が成立しました。

2015年9月21日 (月)

黒部ダムトロリーバス乗り場

黒部ダムトロリーバス乗り場
新宿駅並みに混雑しています。

黒部ダム

黒部ダム
黒部ダムに到着しました。結構、寒いです。

大観峰

大観峰
大観峰まで来ましたが、観光客が多く、ロープウェイに乗るのに足止め状態です。

室堂

室堂
室堂に到着しました。観光客がいっぱいいます。当方もそうですが。

立山駅

立山駅
これからアルペンルートへ出発します。個人の場合は、90分から120分待ちのようです。

銀婚式記念旅行9/21---行程2

02_5
9/21の行程2は、宇奈月駅から立山駅まで観光バスで移動し立山黒部アルペンルートを楽しみます。写真は、立山黒部アルペンルートの写真をコピーしています。

02_6


立山駅-(ケーブルカー)-美女平-(高原バス)-室堂-(トンネルトロリーバス)-大観峰-(ロープウェイ)-黒部平-(地下ケーブル)-黒部湖-(徒歩)-黒部ダム-(トロリーバス)-扇沢駅-(観光バス)-大町温泉となるはずです。大町温泉では立山プリンスホテルに投宿予定です。

写真は、立山プリンスホテルHP内にあったものをコピーしています。

宇奈月駅

宇奈月駅
トロッコ電車に乗り終え、宇奈月駅を出発します。

銀婚式記念旅行9/21---行程1

02_4
9/21の行程1は黒部峡谷鉄道トロッコ列車に乗車します。宇奈月駅から鐘釣駅まで片道約1時間の列車の旅となります。黒部峡谷の断崖絶壁の渓谷美が堪能できることでしょう。でも9月も下旬ともなり少々、寒いかもしれません。紅葉にはチト早いか。こちらの絵は黒部峡谷鉄道さんのものをコピーしています。こちらの鉄道の軌間は762mmとかわいらしい鉄道のはずです。初めて乗車します。

2015年9月20日 (日)

銀婚式記念旅行9/20---行程3

02_3
9/20の行程3は白川ICから黒部ICまでの移動となるはずです。東海北陸自動車道、北陸自動車道を利用して117Km, 94分の移動となるはずです。パンフレットでは、黒部峡谷明日(あけび)温泉、バーデン明日に宿泊する予定です。こちらの温泉にはサウナがあるようですので当方としては、チョット、早めに投宿してサウナを楽しみたいものです。

銀婚式記念旅行9/20---行程2

02_2
9/20の行程2は、中部国際空港から白川郷への移動です。ツアーですので空港到着後は観光バスに乗車するはずです。空港から白川郷までは東海北陸自動車道を主に使用することになるでしょう。移動距離は約210Km、約3時間を要する予定です。パンフレットには、「大合掌集落の萩町の散策」とあります。そうです白川郷の合掌造りを見学するのです。

宮崎空港

宮崎空港
宮崎空港に来ています。8時40分発の342便で中部国際空港へ飛びます。2泊3日の旅の始まりです。空港の駐車場は大変、混雑していますが、待合室は空いています。昨日から出発している人が多いのでしょう。

銀婚式記念旅行9/20---行程1

02
妻が5月に外来手術を受け自宅安静の時期があり、今年は夏休みが取れません。とういうことで9月のシルバーウィークに夏休み旅行とあいなりました。そして、当方夫婦も1990年10/12に入籍して今年が銀婚式となります。今回の夏休み旅行を銀婚式記念旅行と名打つことで少々、点数を稼ごうと思います。シルバーウィークに旅行することで、当方の仕事場の皆様にはご迷惑をお掛けすることになります。今回の旅行先はどこでも良かったのです。長男、長女の都合により、出発日が9/20でさえあれば良かったのです。さて、9/20の行程1は宮崎空港から中部国際空港まで移動することになります。予定は、8:40分宮崎発ANA342便で名古屋9:55分着の予定です。機材はBOEING737-800のはずです。

2015年9月19日 (土)

赤い彼岸花

Photo
今朝7時過ぎ、jogging中に見かけた赤い彼岸花です。道路の土手に開花しており、滑り落ちそうになりまがら撮影しました。白い彼岸花を多く見かけていましたが、赤い彼岸花をようやく撮影できました。

今朝も6時半前には起床し、朝食を頂き、7時過ぎからjoggingに出かけました。7時過ぎは半袖、半ズボンでは少々、寒いくらいでした。現在、10時を過ぎ太陽の日がさすと未だ夏の面影があります。気温の差が激しくなりました。

2015年9月18日 (金)

旅の思い出---旧東海道徒歩の旅20

296
今年5月の連休に強行した旧東海道徒歩の旅を振り返っています。こちらは横浜鶴見図書館前にあった旧東海道の案内板です。このような案内があるというこは、横浜市が旧東海道を観光資源として考えている裏づけとなりますので、その後の旅が期待できます。

301
5/3午前9時半頃には鶴見神社付近にまで達しています。こちらは旧東海道から見た鶴見神社の表参道となります。

302
近くには、このような身禄道に関する案内板があります。この案内板に下半分に文章があります。

303
「鶴見神社境内に富士塚があり、富士信仰を広めた食行身禄の像ががまつられているから」とあります。「江戸時代は富士信仰が盛んでしたが、富士山に登ることはなかなかできないので、富士山に模した塚を築き、これに登り、参拝したのですとあります」

なるほどです。




2015年9月17日 (木)

仮想日本縦断高速道路の旅---その68

20150802

2015年8月1日から8月31日までjoggingで96Km走っています。今回の仮想走行は、九州道えびのICから南九州道西回道市来ICまで走行したと仮想します。この間は一部一般国道を含む94Kmで通常76分で走行するようです。料金は2620円でECT割引では1840円に割引されるようです。持ち越し分の残は25Kmとなります。

勿論、こちらは地元となりますので通行したことがあります。しかし、南九州道西回道の鹿児島西ICから市来ICは通行したことはありません。宮崎から鹿児島へクルマで向かう場合には、都城ICで高速を降り曽於弥五郎ICで再度、高速道路に乗るとしても、都城市街を通過するのに時間を要します。えびの経由が少々遠回りとなりますが時間的には速い印象があります。

2015年9月16日 (水)

旅の思い出---旧東海道徒歩の旅19

285
本年5月の連休中に強行した旧東海道徒歩の旅を振り返っています。5/3午前9時頃には鶴見川橋に到達しています。こちらは、その案内板です。「鶴見川橋は、徳川家康が東海道を整備した1601年頃掛けられたといわれており、東海道とほぼ同じ歴史を持っています」との記載があります。

287
こちらが、その鶴見川橋の全景です。わき道に避けて全景を撮影してみました。近代的な立派な橋梁となっています。

293
橋を渡りきると、こちらの案内板がありました。拡大すると、

291
鶴見橋関門旧跡とあります。その内容は、「1859年6月、横浜開港とともに、神奈川奉行は、外国人に危害を加えることを防ぐため、横浜での主要道路沿の要所に、関門や番所を設けて、横浜に入るものをきびしく取り締まりました」と記載されています。


2015年9月15日 (火)

禁断の魔術

Photo_2
今回は、こちろの本を選択しています。「あれ」と思われた方も多いはずです。ten.Yさんからお借りした本です。東野圭吾さんの本を初めて読書しました。文庫本の帯には以下のようにあります。

高校の物理研究会で湯川の後輩にあたる古芝伸吾は、育ての親だった姉が亡くなって帝都大を中退し町工場で働いていた。ある日、フリーライターが殺された。彼は代議士の大賀を追っており、また大賀の担当の新聞記者が伸吾の姉だったことが判明する。伸吾が失踪し、湯川は伸吾のある“企み”に気づくが…。シリーズ最高傑作!

とあります。著者が大阪府立大学電気工学科卒業でもあり、なかなか科学的に高度な内容も含みますが、基本は推理小説の類です。楽しませて頂きました。

2015年9月14日 (月)

旅の思い出---旧東海道徒歩の旅18

281
今年5月の連休中に強行した旧東海道徒歩の旅を振り返っています。5/3午前9時前には市場の一里塚に到着しています。1里ですから川崎宿を出て約4Kmを歩いたことになるはずです。

282
こちらが一里塚の全景となります。こちらの横には公園があったと思います。

284
記憶は正しかったようです。市場西中町一里塚公園がありました。この公園にも、このような案内板が設置されていました。太陽を背にして写真を撮影する当方が写っており、少々、間抜けな写真となっていますが仕方ありません。近くには鶴見市場駅があるようです。


2015年9月13日 (日)

TOEIC試験会場

Toeic
先ほど長女をTOEICの試験会場まで送ってきました。会場は宮崎国際大学です。案内板の前には受験生たちが試験の部屋を確認していました。13:00から試験が開始され、15:15分に解散の予定です。妻が不在ですので15:15分過ぎに迎えにいくことになります。最近、長女は毎回、TOEICを受験し少しづつ成績が上昇しているようです。真剣に向き合えるものがあることは良いことでしょう。

からすうり

01
今朝は6:00に花火が打ち上げられました。何か学校関係で行事があるのでしょうか? その花火の音で目が覚めました。起床後直ぐに約3Kmのjoggingに出かけています。約半分まで来た歩道にからすうりが落ちていました。近くを見ると、

02
からすうりがぶら下がっていました。樹木の手入れをしているようです。はしごも近くにありました。作業中にからすうりが歩道に落下したようです。

jogging終了後、ストレッチを実施しシャワーを浴び、朝食を頂戴しています。朝のjogging中、半ヅボン、半袖ではやや寒いくらいでした。

2015年9月12日 (土)

良い天気

91201
栃木、茨城県で水害にあわれた方々には申し訳ないくらいに、今朝の宮崎は良い天気となりました。起床後、直ぐに約6Kmのjoggingへ出かけました。午前7時ちょっと前のことです。こちらはjogging courseから南方面を撮影したものです。手前は稲刈りが終了した田、奥に山が見えます。その上には青い空が広がっています。

91202
joggingを続けているとサルスベリの花が朝日を受けて開花していました。写真右から太陽光が差しています。

すると、運動靴を屋根に置いているクルマが走っていきました。運動靴が落下しないか心配です。恐らく靴を履き替えて運動靴を屋根に置いたままクルマを発進させたのでしょう。
そういう当方も、昨夜、キイホルダーを1階テラスのエアコン室外機の上に放置したまま就寝してしまいました。これでは戸締りをしても意味がありません。

joggingから帰りシャワーを浴びてから、今朝、関東地方で大きな地震があったことを知りました。多摩市の実家、横浜市の叔父のもとへ電話し、かめかめさん、yhideさんへお見舞いのメールをしています。少なくとも多摩市の実家には大きな被害はなかったようです。

2015年9月11日 (金)

旅の思い出---旧東海道徒歩の旅17

278
今年の5月の連休中に強行した旧東海道徒歩の旅を振り返っています。5/3午前8時半過ぎには京急八町畷駅付近にいました。こちらはその駅の踏み切りを横断していることろです。旧東海道は写真右奥に続きます。

279
駅を過ぎるとすぐに、このような案内板がありました。八丁畷の由来と人骨の表題があります。八丁畷の由来は、八丁(約870m)続く(道が田畑の中を真っ直ぐに延びているもの)だそうです。畷の意味を今回、初めて知りました。

280
人骨に関しては江戸時代のものであることが確認されているようです。案内板には、川崎宿では、震災、大火、洪水、飢餓、疫病にて落命した身元不明の人々を川崎宿のはずれの松や欅の並木のもとにまとめて埋葬したものとあります。

写真右の石碑が、その慰霊塔のようです。


2015年9月10日 (木)

ポータブルHDD

Hdd
ポータブルHDDを購入しました。Buffalo製のHD-PCF500U3-Bです。使用目的は、自室の液晶テレビの録画用です。作動確認が成されているもののうちでBaffalo製のものを選択してみました。パソコン用のポーブルHDDはI.O data製を使用しているので、今回は別のメーカーを選択したわけです。容量は500Gです。アマゾンで\5000程度でした。発注した翌々日には職場に到着しました。使い勝手は如何でしょうか。

2015年9月 9日 (水)

旅の思い出---旧東海道徒歩の旅16

264
今年5月の連休に強行した旧東海道徒歩の旅を振り返っています。5/2に日本橋から川崎まで約16Km歩いたのですが、実は、川崎到着前から右下肢が痛むようになっていました。5/2夜は、その疼痛であまり眠れませんでした。5/3の朝、東横イン川崎市役所通り1118号室で起床しましたが、徒歩の旅が継続できるか否か非常に不安だったのを覚えています。とりあえず、午前8時前に川崎いさご通りを出発しました。

273
約30分歩くと芭蕉の句碑に到着です。囲いのある石碑に芭蕉の句が刻んであります。拡大写真もありますが、解読困難なので観光説明板を見ることにしましょう。

275
1694年5月、江戸深川の芭蕉庵から故郷伊賀へ向かった芭蕉が、川崎宿で送って来た弟子達と別れたようです。惜別の思いを以下の句に読み込んだようです。「麦の穂をたよりにつかむ別れかな」。この年10月、芭蕉は大阪で不帰の客となり、弟子達と再会することはなかったようです。

277
この芭蕉の句碑は、京急八町畷駅の近くでした。

2015年9月 8日 (火)

ホテルローヤル

Photo_2

今回は、こちらの本を選択しています。ten.Yさんからお借りした本です。本の帯には以下のようにあります。

北国の湿原を背にするラブホテル。生活に諦念や倦怠を感じる男と女は“非日常”を求めてその扉を開く―。恋人から投稿ヌード写真の撮影に誘われた女性事務員。貧乏寺の維持のために檀家たちと肌を重ねる住職の妻。アダルト玩具会社の社員とホテル経営者の娘。ささやかな昴揚の後、彼らは安らぎと寂しさを手に、部屋を出て行く。人生の一瞬の煌めきを鮮やかに描く全7編。第149回直木賞受賞作。

当方も過去にラブホテルを利用したことは決して否定しません。ラブホテルを利用した後の空しさとこちらの本の悲哀さが重なります。

2015年9月 7日 (月)

旅の思い出---旧東海道徒歩の旅15

02
今年5月の連休中に強行した旧東海道徒歩の旅を振り返っています。こちはらWikipediaからコピーした歌川広重東海道五十三次川崎宿の絵です。遠く富士山が見えます。恐らく六郷の渡しを描いているのでしょう。

250
川崎宿に入るとすぐに、このようなガイド板が街灯に掲げられています。大師電気鉄道とは、現在の京急大師線のことのようです。京急発祥の路線とのことです。要は初詣の参拝者を川崎大師まで輸送するための路線で、川崎駅と川崎大師と連絡する路線だったようです。このように日本の鉄道は、参拝者を輸送する手段として発達したようなことを以前、聞いたことがあります。さて、

252
さらに歩を進めると、こちらは川崎宿の新宿という町のようです。Wikipediaによると川崎宿は、砂子、久根崎、新宿、小土呂という4町があったようです。当方にとって新宿といえば東京山の手線の新宿を思い浮かべますが、川崎にも新宿があるようです。

255
さらに旧東海道を歩いて行くと田中本陣跡を示す観光案内板がありました。勿論、オヤジは立ち止まって読むことになります。





2015年9月 6日 (日)

近所の散策---処暑過ぎ8

20150906
昨日に引き続き当家の彼岸花です。写真右側が南側となりますが、生垣があります。そのような理由でしょうか、写真左側の北側に茎が傾いています。太陽の光を求めているのでしょうか?

さて、今朝は天気予報通りに雨となっています。このためjoggingには出かけられません。今朝は7:20分頃に起床し、シャワーを浴び、がっちりマンデーを見て、ブログを記載しています。雨の日曜日をどのように過ごそうかと考えています。

2015年9月 5日 (土)

近所の散策---処暑過ぎ7

20150905
こちらは当家の南側庭にある彼岸花です。なんと今朝、気づいたのですが既に開花しています。昨日は未だ蕾の状態だったので、その状態を撮影しようと思っていたところでした。

さて、今朝は少々、朝寝坊して6:30分頃に起床しています。朝食を頂き7:00頃から約6Kmのjoggingに出かけています。その後、こちらの写真を撮影し、シャワーを浴び、ブログを記載しています。今日、長女は運動会で8:00前に自転車で出発して行きました。9/2が文化祭で、長女が主演する劇を妻と長男がこそっと見に行きました。それで長女は機嫌を損ねたようで今日の運動会のプログラムも見せてもらえないと妻が言っていました。長女は運動会にも親は来て欲しくないようです。でも、妻は運動会を見にいくことでしょう。

今日の宮崎の天気は晴天ですが、午後からやや天気が崩れる予報です。運動会には丁度よい天気かもしれません。

2015年9月 4日 (金)

旅の思い出---旧東海道徒歩の旅14

245
今年5月の連休中に強行した旧東海道徒歩の旅を振り返っています。5/2午後5時過ぎには多摩川(六郷川)を越えていました。写真は六郷橋から川崎方面を撮影したものです。写真上が下流方向となります。天気が良かったことが伺えます。江戸時代の六郷大橋は1688年の洪水のときに流され、以後、六郷の渡しとなったようです。

246
六郷橋を渡り切ると、欄干には「ろくごうばし」と記載されています。欄干上のモニュメントは船を形取っているのでしょう。川崎方面へ進むと、

247
親切にも旧東海道を示す案内板があります。期待できそうです。というのは、今回の旅で理解できたのですが、旧東海道を案内するのに積極的な自治体と、そうでない自治体があるということです。川崎市は、旧東海道を観光資源として捉えているようです。

248

さらに川崎駅方面へ進んでいくと、「六郷の渡しと旅籠街」という観光案内板が掲げられています。旅する者にとっては大切な資料となります。

2015年9月 3日 (木)

近所の散策---処暑過ぎ6

01
長女を高校まで送迎する際に、こちらの花が開花しているのに気がつきました。妻は、「オクラの花のはず」と言っていましたが、本当でしょうか。勿論、クルマから下車して近づいてみます。はじめは芙蓉の花かと思っていましたが、

02
花の近くを見てみると、このような実が成っていました。本当にオクラの花だったようです。さらに妻が、「オクラって日本語ではないはず」とも言っていました。本当です。オクラって英語なのですね。初めて知りました。

2015年9月 2日 (水)

近所の散策---処暑過ぎ5

Photo_2
長女を高校まで送って行ったときのことです。講堂の外部階段手すりにかえるが居ました。その時は、デジカメを持っていなかったので撮影できませんでした。約2時間後、妻と差し入れを持参して同じ外部階段を登っていくと、同一個体のかえるが同じ場所に居ました。勿論、今回は撮影です(もしかしらた居るかもしれないと思いデジカメを持参していました)。かえるってあまり動かないのでしょうか。

2015年9月 1日 (火)

世界の果てまでイッテQのカレンダー---9月

Iq201509
とうとう9月です。世界の果てまでイッテQのカレンダー9月は手越祐也さんの飛行機ベアフッティングです。アメリカで撮影されたようです。こちらのon airは見ていないような気がします。ベアフッティングとは一体、何なのでしょう。写真では飛行機に手越さんが引かれているようです。老眼にはチト、辛いです。

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック