« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月29日 (月)

旅の思いで---旧東海道徒歩の旅75

761
2015年5月の連休中に強行した旧東海道徒歩の旅を回顧しています。5/5午後0時半頃には旧大磯宿付近にいました。大磯井上蒲鉾店付近で今回の行程を終了することにして大磯駅方向へ引き返すことにしています。こちらは新島襄終焉の地の案内です。同志社開学の祖です。

76201

当方も、その石碑の前でpauseを取ります。当方は全く同志社とは縁も所縁もありません。

76701

こちらの店舗にも立ち寄りました。「新杵」という和菓子屋さんです。yhideさんから携帯電話にメールのあったお店です。島崎藤村、吉田茂にも愛されたお店のようです。

76401

当然、入店して和菓子を購入し食しています。柏餅だったような記憶があります。お店の方に断って店内で頂戴しています。

2016年2月28日 (日)

一本だけ早い染井吉野---その1

20160228
近所に毎年、一本のみ早く開花する染井吉野の木があります。先ほど、その状態を見に行ってきました。はじめはいつものPanasonic FZ7で撮影しようとしましたが、マクロ機能があまり良くないのでしょうか、撮影できませんでした。そこで自宅へ戻りKonika-Minolta DiMAGE A200で撮影してみました。撮影条件はtele Macroを使用しています。このように蕾が少々、生長しているようです。

近所の散策---雨水の頃2

Photo
今朝は7:00頃に起床し朝食を取り、がっちりマンデーを見た後に約3Kmのjoggingに出掛けています。こちらは、そのjogging中に見かけた小さな小さな花です。当方の目の高さに盛り上がっている土地に朝日を浴びて開花していました。勿論、花の名称は知りません。今朝は風もなく、青空が広がりとっても気持ちの良い日です。土筆が出ていないかと少々、遠回りをして、毎年、土筆を観察している場所へ行ってみました。

0228
土筆は未だ出ていません。というか、田圃の畦が写真のように野焼きされており、それで確認できなかったのかもしれません。土筆に関しては、以後、期待しましょう。


2016年2月27日 (土)

近所の散策---雨水の頃1

2016022702

今日は休日です。今朝は少々、朝寝坊して6:30分頃に起床しています。朝食を頂き、7:20分頃からいつものように約6Kmのjoggingに出掛けています。jogging courseのこちらの道路沿いには八重桜が植樹されています。しかし、この写真のように一本だけ葉桜になっている樹木がありました。何故だろうと近づいてみると、
2016022701
「ヒマラヤ秋桜」のプレートが取り付けてありました。こちらのテプラの具合から、以前、撮影したヒマラヤザクラと同時に植樹されたような気がします。ヒマラヤザクラならば、葉桜になっていることに納得です。

今日、明日の連休もゆっくりと過ごす予定です。

2016年2月26日 (金)

旅の思いで---旧東海道徒歩の旅74

75302

2015年5月の連休中に強行した旧東海道徒歩の旅を回顧しています。5/5午後0時半頃には旧大磯宿にかめかめさんと一緒にいました。こちらは道路にあった海水浴場発祥の地の案内です。人差指での案内でしたので当方も同じ形にして撮影してもらいました。
754

そして、大磯宿南組問屋場の前で二人のオヤジは案内を読むことになります。

755

旧東海道と国道1号線が交差する場所に大磯井上蒲鉾店がありました。当然のごとく入店して蒲鉾を購入して食べることになります。かめかめさんの後姿が写っています。
75801

店先のベンチに座って早速、頂戴しました。購入したのは「さつまあげ」だった記憶があります。前日のyhideさんとの夕食と同様、当方は南九州に関連があるようです。

2016年2月25日 (木)

携帯の無い青春

2
今回はこちらの本を選択しています。酒井順子氏の「携帯の無い青春」です。以前も一度、読書したようにも思いますが、書庫にあったものを取り上げてみました。本の帯には以下のようにあります。

黒電話の前で、「彼」からの電話を待つ。そんな、今の若者には信じられないであろう、青春時代の思い出を持つ「バブル」世代。女子大生ブーム、ワンレン、ディスコ、竹の子族、カフェバー、アメカジ、ぶりっ子など、振り返ると、あの頃は、恥ずかしかった…。でも、「良い青春時代だった」とも、思えるのです。イタくもしみじみするエッセイ。

固定電話の時代には相手の親というハードルがあり、自宅にはなかなか電話できなかったものです。現在のように携帯電話で簡単に連絡がつくようでは、逆に困難が伴わず面白みに欠けると思います。解説に辛酸なめ子氏が記載しているように、酒井順子氏がかなり早熟で、恵まれた高校生活を過ごしていたことが伺えます。当方の方が年齢は上ですが、同じ時代を過ごした筆者に共感することが多いです。ただ、当時の女子高校生が、こんなことを考えていたとはビックリです。

2016年2月24日 (水)

旅の思いで---旧東海道徒歩の旅73

74501
2015年5月の連休中に強行した旧東海道徒歩の旅を回顧しています。5/5正午過ぎにはかめかめさんと一緒に大磯付近に居ました。かめかめさんが案内板を見ています。

746

その案内板は大磯宿江戸見付のものです。こちから本来の旧大磯宿に入ることになります。
747
さらに進むと北組問屋場の史跡の案内がありました。書状や荷物の継ぎ立てを行う場所で新しい人足や馬が準備されていたことや、大名行列の際には人足や馬を動員するう差配を仕切っていたことが記載されています。

75001

さらに旧東海道を進みます。すると鰻の蒲焼の老舗國よしというお店がありました。二人で昼食を取ろうということになり店舗内に入りましたが、予約で満席とのことでした。写真は、いかにも蒲焼を食したようにみせかけるヤラセです。かめかめさんと一緒にいると、お茶目になってしまいます。

2016年2月23日 (火)

仮想日本縦断鉄道の旅---その3

Photo

2016年1月1日から1月31日までjoggingで84Km走っています。今回の仮想乗車は、JR日南線南宮崎駅から志布志駅まで乗車したと仮想します。この間は89Kmで通常各駅停車で144分で走行するようです。料金は1820円だそうです。前回の持ち越し分の80Kmのうち5Kmを使用することにします。持ち越し分の残は75Kmです。

JR日南線は、正式には上記のように南宮崎駅ー志布志駅間ですが、多くの列車が日豊線宮崎駅から乗り入れて運行されています。日南線途中の田吉駅から宮崎空港駅までは宮崎空港線となりますが、その距離はわずか1.4Kmのみです。この空港線が開業したことにより、宮崎駅以北の日向、延岡方面への直通列車が運行されることにより空港へのアクセスも格段と向上しました。

日南線、空港線とも地元ですので当方は乗車した経験があります。空港線は上記のように非常に短い距離ですので、今回の仮想縦断旅行かはら省くことにします。

2016年2月22日 (月)

旅の思いで---旧東海道徒歩の旅72

73701
2015年5月の連休中に強行した旧東海道徒歩の旅を回顧しています。5/5正午頃にはかめかめさんと一緒に大磯町付近にいました。こちらは大磯八景碑の前で案内板をみる当方です。勿論、かめかめさんが撮影してくれました。化粧坂の夜雨というのでしょうか、以下の記載があります。「雨の夜は、静けかりけり化粧坂 松の雫の音はかりして」。文才のない当方には理解困難です。

739
化粧坂を過ぎ、大磯方面へ進むと旧東海道は東海道本線を潜ることになります。写真左が東海道本線です。こちらの地下道を進むことになります。

740
こちらは、旧東海道を進むかめかめさんです。こちらの写真は所謂、ヤラセです。本当は二人でオヤジtalkをしながら並んで歩いていました。

741
こちらも勿論、ヤラセです。旧東海道を進む当方の後姿です。前方の防砂林と推定される松の木が1本、かなり傾いていることが判ります。まあ、江戸時代からの松ではないでしょう。

2016年2月21日 (日)

今週の河津桜---その7

022101
当家の河津桜の状況です。先週の雨、風で散ってしまうのかと心配しましたが大丈夫でした。未だ殆ど、花弁は落下していません。しかし、所々に葉が出始めています。

定点観測していた株は、

022102
このような感じです。青葉が青々しくて新鮮です。何事も新しいものが良いのかもしれません。

さて、昨日は空港に行ったり長女の送迎をしたりと何をしているのか判らないまま経過してしまいました。何となく時間が過ぎてしまいました。例年であれば、先週の金曜日夜から神戸出張で、昨日の夜、大坂から帰宅していました。今朝は良いお天気となっています。さて、今日はどうしようかな。


2016年2月20日 (土)

宮崎空港

01
さきほど宮崎空港へ行ってきました。土曜日でもあり比較的混雑しているようです。一階イベント広場には、

02
宮崎春季キャンプスケジュール表がありました。巨人、広島、西武、ソフトバンク、オリックス、ヤクルト(ファーム)、楽天(ファーム)等、多数の球団がキャンプを実施しているようです。地元の人間も、これだけのチームがキャンプをしていることは知らないでしょう。

さて、今日は朝から雨です。こちらの低気圧は東方面へ移動するようで、殆ど、風のない台風のような印象です。かなり雨脚の強いまとまった雨が降っています。

2/7からの10日間で3回の当直があり、ややお疲れ気味です。今日、明日は休暇ですので体を休める予定としています。


2016年2月19日 (金)

旅の思いで---旧東海道徒歩の旅71

732
2015年5月の連休中に強行した旧東海道徒歩の旅を回顧しています。5/5正午前にはかめかめさんと大磯化粧(けわい)坂付近にいました。化粧イドの案内には以下のように記載があります。「化粧については、高来人者との関係も考えられるが、伝説によると鎌倉時代の大磯の中心は化粧坂付近にあった。当時の大磯の代表的女性虎御前もこの近くに住み、朝な夕なこの井戸水を汲んで化粧をしたのでこの名がついたといわれている」

虎御前という人が実存したようですね。その名も知りませんでした。

73301

こちらは、その井戸の前でpauseを取るかめかめさんです。5月でもあり、さつきが開花し、あじさいの葉も青々しいようです。

73401

こちらは、此辺大磯宿の史跡「化粧坂の一里塚」の案内板です。案内板には、「旅人の旅程に目安となり江戸日本橋より16里の所に日陰で風よけなどで小休息の場となる。高さ約3m程の上に海側に榎を、山側にせんだんを植えた」との記載がありました。

2016年2月18日 (木)

バレンタインチョコ---その2

01
こちらも義理チョコで1階部署から頂戴しています。小樽洋菓子舗ルタオのRoyale Montagneという商品なのでしょうか。内容は、

02
ピラミッド状の生チョコレートのようです。義理チョコを準備してくれる職場の皆様に感謝します。

2016年2月17日 (水)

旅の思いで---旧東海道徒歩の旅70

721

2015年5月の連休中に強行した旧東海道徒歩の旅を回顧しています。5/5午前11時半頃には、平塚宿京方見付に到着しています。

722

こちらの案内板内にある浮世絵を拡大撮影すると、こちらのようになります。

726

浮世絵そのものが実際にありました。かめかめさんが湘南平と教えてくれました。デートスポットとして有名だそうです。江戸時代の人々も逢引きをしていたのでしょうか。逢引きという言葉も若い人には理解困難でしょうね。

72401

京方見付跡には、このような大きな史跡となっています。当方が一緒に写っているので、その大きさがお判り頂けると思います。



2016年2月16日 (火)

近所の散策---立春の頃3

0211_2
こちらもjogging中に見かけた紅梅です。河津桜より、そのピンク色が濃いようです。白梅よりも紅梅のほうが、その色彩から存在感が強い印象です。遠くからも開花してるのが確認できます。

2016年2月15日 (月)

旅の思いで---旧東海道徒歩の旅69

71001

2015年5月の連休中に強行した旧東海道徒歩の旅を回顧しています。5/5午前11時頃、かめかめさんと合流して一緒に歩くことにしました。こちらは平塚宿脇本陣跡の石碑となります。満面の笑みのかめかめさんを掲載したいのですが画像を修飾しています。

71301

平塚宿高札場の跡の石碑の前で、かめかめさんに当方を撮影して頂きました。

717

平塚宿本陣旧蹟碑は、神奈川銀行平塚支店の前にありました。

719

こちらは、平塚宿問屋場跡の石碑と案内です。かめかめさんが案内を読んでいるようですが、こちらは、当方のヤラセです。

2016年2月14日 (日)

バレンタインチョコ

2016
今日はバレンタインデーです。例年のように義理チョコを頂戴しました。ROYCEのPRALINE CHOCOLAT(プラリネショコラ)というようです。上からチリーリキュール、スコッチウイスキー、ロセシャンパンというチョコのようです。例年、職場の皆さんには気を遣って頂いています。

2016年2月13日 (土)

今週の河津桜---その6

0211
定期観察している蕾の開花は未だですが、当家の河津桜がほぼ満開となりました。こちらは今週の中頃に撮影したものです。暖冬で早く開花するかと思っていましたが、結果的には例年通りの開花時期となりました。何事も例年通りです。

2016年2月12日 (金)

旅の思いで---旧東海道徒歩の旅68

696

2015年5月の連休中に強行した旧東海道徒歩の旅を回顧しています。5/5午前11時前には平塚宿江戸見付付近に到達していました。江戸見付のあった場所には、このような案内板がありました。

698

拡大すると、この写真のようになります。平塚の里歌碑の後方には江戸城の井戸枠の記載があります。

699

井戸枠は、こちらの写真の石垣のようなものです(たぶん)。感心していると当方の携帯電話が鳴りました。当方がどこに居るかとの問い合わせです。

70301

かめかめさんが、伊勢原からクルマで平塚まで来てくれました。道路対側の信号の下で腕を腰に当てているのがかめかめさんです。以後、平塚から大磯まで約4Km弱を二人で歩くことにしました。昨夜5/4のyhideさんといい、5/5のかめかめさんといい、やはり、持つべきものは友人です。昨夜に続くsupriseでした。




2016年2月11日 (木)

旅の思いで---旧東海道徒歩の旅67

688
2015年5月の連休中に強行した旧東海道徒歩の旅を回顧しています。5/5午前10時過ぎには馬入橋を渡り平塚市に入っています。こちらには、馬入一里塚跡を示す石碑がありました。

689

石碑の下には、京110里、大阪122里と記載されています。反対側には江戸15里との記載もありました。京都まで残440Kmもあります。日本橋からはまだ60Kmしか進んでいません。

691

石碑の後方には、こちらの説明文がありました。特に目立った記載はなかったと記憶しています。

693

さらに10分程度、歩くと平塚駅前に通じる道路に到達しています。このまま江戸見付方向へ歩くことにしています。

2016年2月10日 (水)

旅の思いで---旧東海道徒歩の旅66

673

2015年5月の連休中に強行した旧東海道徒歩の旅を回顧しています。5/5午前10時前には相模川(馬入川)にかかる馬入橋を渡っています。
674

橋からは、雲にかすむ大山が遠く望見できました。
686

旧東海道では、渡し舟だったはずなので、川を渡りきったところで川辺を散策しています。すると、こちらの石碑を発見しています。陸軍架橋記念碑とあります。
685

石碑の横には、こちらのプレートもありました。1923年9/1の関東大震災により馬入橋が倒壊し、9/17に陸軍工兵隊が急遽、派遣され10/3には架橋が完了した旨の記載がありました。

2016年2月 9日 (火)

近所の散策---立春の頃2

02_2
白梅が開花しているのを見に行った際に、さらにピンクの花が開花しているのを見かけました。勿論、見に行きました。このような花です。

01_2
ズームしてみると、このような花弁となります。樹木には、

03
ヒマヤラ秋桜と記載された札が付いていました。どうも、近くの小学校卒業生が記念植樹したもののようです。

追記、どうやらヒマラヤザクラが正しいようです。

2016年2月 8日 (月)

旅の思いで---旧東海道徒歩の旅65

660
2015年5月の連休中に強行した旧東海道徒歩の旅を回顧しています。5/5午前9時過ぎ、茅ヶ崎方面から平塚方面へ歩いていました。するとガイドブックにも記載がない、このような案内板があるのに気がつきました。オヤジとしては、勿論、見物することにしました。

661

どうやら旧相模川橋脚は神奈川県衛生研究所の敷地内にあるようです。

662_2

入口付近には、このような立派な石碑も建立されています。
666

こちらの池のような水面から突き出ているのが旧相模川橋脚だそうです。詳細を知りたい方はリンクへどうぞ。なかなか、勉強となる旅です。

2016年2月 7日 (日)

今週の河津桜---その5

0206
今週の当家の河津桜の状況です。先週に比しその蕾がかなり大きく生長していることが判ります。他の枝には、既に開花しているものもあります。こちらの蕾を毎週、観測しているので、そのまま撮影することにしました。来週には開花していることでしょう。暖冬で早い開花が期待されましたが、最近の冷え込みにより結果的には例年通りの開花時期となったようです。

2016年2月 6日 (土)

野焼き?

01
今朝は少々、寝坊をして午前7時頃に起床しています。朝食を摂り、いつもの週末のように約6Kmのjoggingへ出掛けています。近くの田圃では、その畦道近くに雑草を野焼きしているようでした。軽トラックの近くで煙が上がっていることがお判り頂けると思います。害虫除去目的なのでしょう。

02
田圃の方は、このようにすでに土壌が耕されている状態です。こちらは、例年の早期水稲の定点観測地点とは異なりますが、田植えの準備が着々と進んでいるようです。

今日は休日となります。少々、お疲れ気味ですのでゆっくりと過ごすことにします。プロ野球キャンプが自宅周囲で行われ混雑が予想されますが、夕方からは温泉にでもいってサウナを堪能することになるでしょう。その後は、ブラタモリでも見ていることでしょう。


2016年2月 5日 (金)

近所の散策---立春の頃1

01
jogging中に遠く花が開花していることに気が付きました。晴れた日に何が開花しているのかと思い撮影に行きました。白梅でした。このように既に満開状態です。

02
マクロで撮影してみました。このような感じとなります。季節としての春は近いようです。

2016年2月 4日 (木)

旅の思いで---旧東海道徒歩の旅64

658

2015年5月の連休中に強行した旧東海道徒歩の旅を回顧しています。5/5午前9時過ぎには茅ヶ崎駅前を通過し、千の川にかかるとりいど橋にさしかかっています。

652

橋の欄干には、こちらのようなプレートが掲げられていました。関東の富士見100景だそうです。

657

このような石碑もありました。「南湖の左富士の碑」と記載されています。ガイドブックにも記載がありましたが、通常、日本橋方面から上方へ向かう際、通常、富士山は右手にみえるはずですが、左手に見えるということなのです。

653

ただ、当日はこのように曇天の天候で左手に富士山は全く望見できなかったのでした。残念です。また、次の機会に期待しましょう。

2016年2月 3日 (水)

ドミノ

Photo
今回は、こちらの書籍を選択しています。yhideさんから推薦図書です。恩田陸氏の「ドミノ」です。本の帯には以下のようにあります。

一億円の契約書を待つ、締切直前のオフィス。オーディション中、下剤を盛られた子役の少女。推理力を競い合う大学生。別れを画策する青年実業家。待ち合わせ場所に行き着けない老人。老人の句会仲間の警察OBたち。真夏の東京駅、二七人と一匹の登場人物はそれぞれに、何かが起こる瞬間を待っていた。迫りくるタイムリミット。もつれ合う人々、見知らぬ者同士がすれ違うその一瞬、運命のドミノが次々と倒れてゆく!抱腹絶倒、スピード感溢れるパニックコメディの大傑作。

東京駅を舞台とした全く無関係な多数の人々と一匹が、偶然にもドミノ倒しのように関連していきます。帯にあるようにドタバタ、パニックコメディです。恩田陸氏が女性であることは知りませんでした。

2016年2月 2日 (火)

旅の思い出---旧東海道徒歩の旅63

640
2015年5月の連休中に強行した旧東海道徒歩の旅を回顧しています。5/5午前8時半過ぎには茅ヶ崎中心部に近づいていました。信号には一里塚と掲げられています。茅ヶ崎中心部まではあと4Km程度ということです。

641
一里塚には昭和36年8月に設置された石碑がありました。茅ヶ崎一理塚は江戸日本橋から数えて14番目の塚だそうです。

642
その石碑の後ろには大きく一里塚と記載された石碑もありました。

644
道路を横断して一里塚の全体像を見てみましょう。大きさから当時の規模で残っているようです。対側の一里塚の存在は記憶にありません。

2016年2月 1日 (月)

世界の果てまでイッテQのカレンダー---2月

Iq201602
2月になりました。世界の果てまでイッテQのカレンダー2月は宮川大輔さんの炎を浴びる祭りです。スペインで撮影されたようです。写真が不鮮明ですが、もともとの画像自体も不鮮明です。こちらのon airは見ていないような記憶です。

こちらのカレンダーは妻が発注し1月の中旬頃に到着したようです。ちなみに1月のカレンダーは、

Iq201601
イモトアヤコさんの「安室ちゃんのコンサートに行けず号泣」というものです。アイスランドで撮影されたようです。こちらのon airは見たような記憶があります。タレントさんでも何か目標がないと生活していけないですよね。


« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック