« 旅の思い出---第2次旧東海道徒歩の旅4 | トップページ | 旅の思い出---第2次旧東海道徒歩の旅5 »

2016年3月22日 (火)

水神(みずかみ)下巻

01

今回は、こちらの書籍を選択しています。前回から継続する帚木蓬生氏の「水神」下巻です。本の帯には以下の記載があります。

遂に工事が始まった。大石を沈めては水門を作り、水路を切りひらいてゆく。百姓たちは汗水を拭う暇もなく働いた。「水が来たぞ」。苦難の果てに叫び声は上がった。子々孫々にまで筑後川の恵みがもたらされた瞬間だ。そして、この大事業は、領民の幸せをひたすらに願った老武士の、命を懸けたある行為なくしては、決して成されなかった。故郷の大地に捧げられた、熱涙溢れる歴史長篇

ネットで調べてみると、やはり当方と同じようなオヤジがブログを記載していました。舞台はうきは市浮羽町付近のようです。大石堰で検索すると以下のページがhitしました。

時間に余裕があれば、大石堰を見学しに行きたいと思います。たぶん、行くだろうな。

« 旅の思い出---第2次旧東海道徒歩の旅4 | トップページ | 旅の思い出---第2次旧東海道徒歩の旅5 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223428/63325921

この記事へのトラックバック一覧です: 水神(みずかみ)下巻:

« 旅の思い出---第2次旧東海道徒歩の旅4 | トップページ | 旅の思い出---第2次旧東海道徒歩の旅5 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック