« 胡蝶の夢---第2巻 | トップページ | 稲の定点観測2016---その13 »

2016年6月17日 (金)

旅の思い出---第2次旧東海道徒歩の旅34

1456
2015年11月から12月にかけて有給休暇を利用して強行した第2次旧東海道徒歩の旅を回顧しています。12/1午後1時半過ぎには元箱根付近に到着しています。案内板があり現在地を示しています。賽の河原の手前となります。

1455
この付近も杉並木となっており、現在地を示す横にはこちらの案内がありました。「この杉並木は、徳川幕府によって西暦1618年、箱根宿が造られたこと、旅人に木陰を与えようと道の両側に植えられたものです」

1457
実際の杉並木は、この写真のようになっています。写真中央に階段が見えますが、現在は陸橋となっており、この下を道路が通っていました。

1458
杉並木には、このような案内もありました。旧街道を歩くオヤジにとってはwelcome boardのように見えます。

« 胡蝶の夢---第2巻 | トップページ | 稲の定点観測2016---その13 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223428/63720582

この記事へのトラックバック一覧です: 旅の思い出---第2次旧東海道徒歩の旅34:

« 胡蝶の夢---第2巻 | トップページ | 稲の定点観測2016---その13 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック