« 近所の散策---立秋の頃1 | トップページ | My favorite book seriese---ふぉん・しいほるとの娘上巻 »

2016年8月 8日 (月)

旅の思い出---第2次旧東海道徒歩の旅46

1553

2015年11月から12月にかけて有給休暇を利用して強行した第2次旧東海道徒歩の旅を回顧しています。12/2午前8時半過ぎには箱根峠近くに居ました。風越坂を通過すると、何となく挟石坂に達しました。案内によると、当時の浮世絵では荒涼たる峠に描かれていたとのこと。
1554
昔、荒涼たる峠だったようですが、現在では写真のように鬱蒼たる木々で埋め尽くされていました。

1555
こちらは、挟石坂を示す石碑です。

1556
挟石坂は結構、きつい坂だったような印象があります。こちらは挟石坂を上り切った場所で、現在の国道との交流点となります。旧箱根街道と記載されている案内の後ろが当方が登坂して来た坂となります。

1557

案内には、「この先から約400mは、その(石畳の)面影を残しており、国の史跡に指定されていて、箱根関所への近道とんもなっています」とあります。

実際、通過してみると近道といえども、一人ではあまり通過したくない道です。率直な感想で申し訳ありません。

« 近所の散策---立秋の頃1 | トップページ | My favorite book seriese---ふぉん・しいほるとの娘上巻 »

コメント

写真で見ても行きたくない道ですし、これを生で見ると足が前に
進まないでしょうねΣ(;・∀・)
先に進めば野生動物に遭遇しそうです。

肉食系の野獣に遭遇しなければ良いのですが。肉食系は、どこにでも居るか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223428/63819118

この記事へのトラックバック一覧です: 旅の思い出---第2次旧東海道徒歩の旅46:

« 近所の散策---立秋の頃1 | トップページ | My favorite book seriese---ふぉん・しいほるとの娘上巻 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック