« 大黒屋光太夫---下巻 | トップページ | 近所の散策---白露過ぎ1 »

2016年9月 9日 (金)

旅の思い出---第2次旧東海道徒歩の旅55

1610

2015年11月から12月にかけて有給休暇を利用して強行した第2次旧東海道徒歩の旅を回顧しています。12/2午前10時過ぎには箱根西坂・大枯木坂付近に到着していました。すると、このような案内がありました。「埋もれていた一本杉石橋」とあります。案内前半には以下のようにあります。「願合寺地域では一本杉石橋と村上石橋の2ケ所の石橋が発見されました。江戸時代の古絵図によれば箱根旧街道西坂には9ケ所の石橋があったとされていますが、長い年月の間に地中に埋もれてしまい、その場所はわかりませんでした」とあります。
1611
こちらは、案内板にあった一本杉石橋のイメージ図です。このような石橋があったようです。

1612
石橋の下部構造は、このようになっているようです。

1613
こちらは、恐らく平成7年度に行った発掘調査時の写真のようです。

1614

案内の後半には以下のように記載がありました。「一本杉石橋は長さ約160cm、幅約60cm、厚さ約35cmの板状の石が6枚、旧街道を横切るよう斜め方向に敷き並べられ、板石を頂部としてアーチ状に掛けられています」とあります。

また、旧箱根街道では初めての石橋発見とも記載されています。今となっては小さな石橋ですが、当時、石橋を造設するのはその重量から大変だったでしょうね。

« 大黒屋光太夫---下巻 | トップページ | 近所の散策---白露過ぎ1 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223428/63914609

この記事へのトラックバック一覧です: 旅の思い出---第2次旧東海道徒歩の旅55:

« 大黒屋光太夫---下巻 | トップページ | 近所の散策---白露過ぎ1 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック