« ふとん乾燥機 | トップページ | 間宮林蔵 »

2016年9月14日 (水)

旅の思い出---第2次旧東海道徒歩の旅57

1620
2015年11月から12月にかけて有給休暇を利用して強行した第2次旧東海道徒歩の旅を回顧しています。12/2午前10時半頃には三島市山中新田付近に居ました。こちらは、山中新田を示す標識です。三島宿まで二里一町(約5Km)との記載があります。実際、歩行した印象ではもっと遠かったように記憶しています。

1621
こちらの陸橋を使用して国道1号線を横切ります。標識には山中城跡と記載されているのが判ります。

1623
山中城跡の案内図です。写真下の小さな赤い場所が現在位置を示しています。

1624
案内には、以下のように記載されています。「史跡山中城は、小田原に本城をおいた後北条氏が、永禄年間(1560年代)に小田原防衛のために創築したものである。やがて、天正17年(1589年)豊臣秀吉の小田原攻めに備え、急ぎ西の丸や出丸の増築が始まり、翌年3月、豊臣軍に包囲され、約17倍の人数にわずか半日で落城したと伝えられる悲劇の山城である。この時の北条方の城主松田康長、副將間宮康俊の墓は今も三ノ丸跡の宗閑寺境内に苔むしている」とあります。

« ふとん乾燥機 | トップページ | 間宮林蔵 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223428/63950780

この記事へのトラックバック一覧です: 旅の思い出---第2次旧東海道徒歩の旅57:

« ふとん乾燥機 | トップページ | 間宮林蔵 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック