« 地図帳 | トップページ | またもや咲いたこぼれ種朝顔 »

2016年9月28日 (水)

旅の思い出---第2次旧東海道徒歩の旅63

1657

2015年11月から12月にかけて有給休暇を利用して強行した第2次旧東海道徒歩の旅を回顧しています。12/2正午頃には箱根西坂の三島市市ノ山新田手前に居ました。
1658
征夷大将軍足利尊氏公建立七面堂跡という石碑がありました。そうか、足利尊氏は征夷大将軍と再認識しています。

1660
直ぐに、市の山新田の道標に到着しています。こちらが題目坂というのでしょう。ガイドブックには、こちらの記載がありません。恐らく小時雨坂付近のことを言うのでしょうか?

1661

この付近で、少々、困惑しています。旧街道が判らないのです。道なりに進む選択肢と、右折する選択肢があります。結果的には道なりに歩いていった記憶があります。このように旅に出て、迷うことも思い出となります。ガイドさんに引率されていく旅行では味わえないものが経験できます。

« 地図帳 | トップページ | またもや咲いたこぼれ種朝顔 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223428/63977663

この記事へのトラックバック一覧です: 旅の思い出---第2次旧東海道徒歩の旅63:

« 地図帳 | トップページ | またもや咲いたこぼれ種朝顔 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック