« 菜の花の沖---第2巻 | トップページ | 近所の散策---寒露の頃3 »

2016年10月14日 (金)

旅の思い出---第2次旧東海道徒歩の旅70

1700
2015年11月から12月にかけて有給休暇を利用して強行した第2次旧東海道徒歩の旅を回顧しています。12/2午後1時過ぎには今井坂を下り、三島市新町橋付近に居ました。今井坂は写真撮影することなく、何となく通過してしまいました。こちらの新町橋は三島市眺望地点のようです。

1701
案内には以下のようにあります。「三嶋宿の出入り口として多くの旅人がこの橋を渡っていました。快晴の日には、ここからすばらしい富士山の姿が見えることで知られていて、浮世絵の安藤広重もこの辺りから見た雪景色の富士山を東海道五十三次三島狂歌入り佐野喜版に描いています」とあります。

1702
本来であれば、この浮世絵のようは富士の姿が見えるはずでした。

1703

当日は、当方に恥ずかしがって、富士山は雲でお隠れになっていたのでした。またの機会に期待することにします。

« 菜の花の沖---第2巻 | トップページ | 近所の散策---寒露の頃3 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223428/63995821

この記事へのトラックバック一覧です: 旅の思い出---第2次旧東海道徒歩の旅70:

« 菜の花の沖---第2巻 | トップページ | 近所の散策---寒露の頃3 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック