« 菜の花の沖---第5巻 | トップページ | こたつ2016 »

2016年11月11日 (金)

旅の思い出---第3次旧東海道徒歩の旅6

3905
2016年の夏休みを利用して強行した第3次旧東海道徒歩の旅を回顧しています。9/3午後1時前には三島市秋葉神社前に到着しています。秋葉神社は全国にあるようですが、そのリスト内に三島の秋葉神社の記載はありません。東京電気街の秋葉原は火防の神である秋葉大権現を分霊したことが地名の由来とされています。
 
3907
さらに西方向へ歩を進めます。写真では判りにくいと思いますが、民家の間にコンクリート製の樋があります。
3909
千貫樋というようです。北條氏から今川氏に聟(むこ)引出物として、小浜地方から長堤を築き、その水を駿河湾に疎通させたというのが一般に認められている。(注)聟とは婿のことです。この疎水により清水町の新宿、玉川、伏見、八幡、長沢、柿田の耕地約130ha(200石)が多大の恩恵を受けるに至ったとあります。こちらの千貫樋は現在でも使用されているのでしょうか?
 

« 菜の花の沖---第5巻 | トップページ | こたつ2016 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223428/64288561

この記事へのトラックバック一覧です: 旅の思い出---第3次旧東海道徒歩の旅6:

« 菜の花の沖---第5巻 | トップページ | こたつ2016 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック