« 近所の散策---立冬過ぎ4 | トップページ | 水耕栽培---サラダ京水菜3 »

2016年11月22日 (火)

旅の思い出---第3次旧東海道徒歩の旅8

3915
2016年の夏休みを利用して強行した第3次旧東海道徒歩の旅を回顧しています。9/3午後1時頃には三島市玉井寺前の一里塚付近に居ました。こちらが、原型を留めていると言われている玉井時側の一里塚の全体像です。

3916
案内には、「江戸から29里(113.9Km)を示す道標」とあり、「昔の姿をそのまま残している」とも記載されています。

3917
こちらは対側の一里塚です。復元されたもののようです。

3920

玉井時前には、このような案内もありました。「白隠の遺墨」とのタイトルがあります。白隠とは江戸時代中期の高僧で、臨済宗中興の祖と称された人のようです。こちらに、その遺墨があるようです。
3921

こちらが、玉井時を示す石碑です。とっても大きかった印象が残っています。まあ、あまりお寺さんには興味がないのでスルーします。

« 近所の散策---立冬過ぎ4 | トップページ | 水耕栽培---サラダ京水菜3 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223428/64306890

この記事へのトラックバック一覧です: 旅の思い出---第3次旧東海道徒歩の旅8:

« 近所の散策---立冬過ぎ4 | トップページ | 水耕栽培---サラダ京水菜3 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック