« 世界の果てまでイッテQのカレンダー---12月 | トップページ | 近所の散策---小雪過ぎ3 »

2016年12月 2日 (金)

旅の思い出---第3次旧東海道徒歩の旅10

31944
2016年の夏休みを利用して強行した第3次旧東海道徒歩の旅を回顧しています。9/3午後2時前には沼津市狩野川添いにいました。防波堤を降りると平作地蔵尊がありました。日本三大仇討のひとつの場所だそうです。
 
31945
柵の中には、こちらのような石碑がありましたが、中には入れなかった記憶があります。
31948
対側には一里塚跡を示す案内と、その向こうに現代風にアレンジされた塚があります。こちらは公園となっていました。
31950
一里塚の石碑の横には、玉砥石なるものがあります。
31951
玉砥石とは、「今から1200-1300年前に玉類を磨くために用いられた砥石」と説明があります。「柱状の2つの大石にそれぞれ直線的な溝があり、ここに玉の原石を入れて磨いたと考えられています」、「玉砥石は、静岡県下では発見されておらず貴重なものであることは確かである」とも記載がありました。
 

« 世界の果てまでイッテQのカレンダー---12月 | トップページ | 近所の散策---小雪過ぎ3 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223428/64316660

この記事へのトラックバック一覧です: 旅の思い出---第3次旧東海道徒歩の旅10:

« 世界の果てまでイッテQのカレンダー---12月 | トップページ | 近所の散策---小雪過ぎ3 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック