« 近所の散策---小雪過ぎ3 | トップページ | 旅の思い出---第3次旧東海道徒歩の旅11 »

2016年12月 4日 (日)

デスクトップパソコン用メモリー---DDR3-1066

Pc_memory
仕事場で使用しているパソコンEndeavor MR6000(32bits)がWindows 10 proにversion upし、10月、11月のAnniversary updateに伴いメモリーが不足しているようです。
Wikipediaによると32bits machineの場合には最小ハードウェア仕様要求では物理メモリーは1G以上、Anniversary update以降は2G以上、快適に作動させるためには3G以上となっています。
当方のMR6000は2009年7月に購入したもので物理メモリーは2G(1Gx2)のみ搭載となっていました。
MR6000のUser's mannualには4Gまでの搭載は可能も、systemとしては最大3Gまでの認識と記載されていました。意味がよく判りませんが当時のWindows7としては3Gまでの認識なのでしょうか。
という事情でメモリを購入してみました。メモリの仕様はUser's mannualにDDR3-1066(PC3-8500) SDRAM 240ピンと記載されていました。 既に古いパソコンなので中古のメモリを選択しています。今回、一応、2Gのメモリを購入してみました。システムとしてどのように認識するかを実験する目的もあります。ネット上では3.5G程度は認識するような記事もあります。
メモリはアマゾンで購入し、中古パソコン販売パクスからレターパックで送って来ました。\1480(送料込み)です。一応、1週間の相性保障がありますが、果たして役に立つのでしょうか。
Memory
MR6000に装着してみました。写真のオレンジ色の直線となっているものがメモリです。装着がやや硬かったですが無事、装着できました。メモリslot2に装着しています。さて、システムでは、

Memory3
実装メモリ(RAM):4.0GB(3.22GB使用可能)となっています。やはり、32bits machineでは3.22GBが限界なのでしょう。でも、ややパソコンの反応が早くなった印象があります。気の性かもしれません。まあ、お遊びだったので、こんなものです。
漸く判りました。32bitsなので、2の32乗=256(2の8乗)x256x256x256=1.6x10の7乗x2.5x100=4x10の9乗=4Gになるようです。

« 近所の散策---小雪過ぎ3 | トップページ | 旅の思い出---第3次旧東海道徒歩の旅11 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223428/64486279

この記事へのトラックバック一覧です: デスクトップパソコン用メモリー---DDR3-1066:

« 近所の散策---小雪過ぎ3 | トップページ | 旅の思い出---第3次旧東海道徒歩の旅11 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック