« 仮想日本鉄道の旅---その13 | トップページ | My favorite book series---黒革の手帳上巻 »

2017年1月18日 (水)

旅の思い出---第3次旧東海道徒歩の旅29

32118
2016年の夏休みを利用して強行した第3次旧東海道徒歩の旅を回顧しています。9/4午前10時半過ぎには富士市依田橋町平家越え橋に居ました。橋としてはあまり大きなものではなく全長十数m程度だった記憶です。
32120
こちらが欄干となります。
32121
橋のたもとに案内がありました。「治承4年(1180年)源平の富士川の合戦の際、富士沼(浮島ケ原)の水鳥が群れ立つ羽音に驚いた平氏は、源氏の襲来かと思いそのまま逃げ去ったという。その場所がこの付近と伝えられている」
32123
こちらにも、平家越えの浮世絵らしき石碑がありました。
 
32125
平家越えの全体像は、このようになっています。付近に水鳥は発見できなかったのであります。

« 仮想日本鉄道の旅---その13 | トップページ | My favorite book series---黒革の手帳上巻 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223428/64388612

この記事へのトラックバック一覧です: 旅の思い出---第3次旧東海道徒歩の旅29:

« 仮想日本鉄道の旅---その13 | トップページ | My favorite book series---黒革の手帳上巻 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック