« 国盗り物語---第1巻 | トップページ | 立春2017 »

2017年2月 3日 (金)

旅の思い出---第3次旧東海道徒歩の旅36

37796
2016年の夏休みを利用して強行した第3次旧東海道徒歩の旅を回顧しています。9/4午前11時半過ぎにはJR富士駅近くの鶴芝の碑に居ました。こちらがその碑となります。

37797

古い石碑には何が刻まれているか不明です。
37798
新しい案内もありましたが、立ち止まってゆっくり読んでいる雰囲気ではありませんでした。

37799

こちらが鶴芝の碑がある場所を広角で撮影したものです。つまり、民家の直前に、この碑があるのです。ガイドブックによると、「ここから眺める冬の富士山は中腹に1羽の鶴が舞っているように見えた」とのことです。さらに、この辺りにはかつて「鶴の茶屋」があり多くの旅人が休息を取ったようです。

« 国盗り物語---第1巻 | トップページ | 立春2017 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

Mir scheint es, Sie haben sich geirrt
usamaen

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223428/64400694

この記事へのトラックバック一覧です: 旅の思い出---第3次旧東海道徒歩の旅36:

« 国盗り物語---第1巻 | トップページ | 立春2017 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック