« 国盗り物語---第4巻 | トップページ | 火事---えっ どうしたの »

2017年3月 3日 (金)

旅の思い出---第3次旧東海道徒歩の旅48

32171
2016年の夏休みを利用して強行した第3次旧東海道徒歩の旅を回顧しています。9/5午前7時前には富士市中之郷付近にいました。旧東海道には、このような案内があります。やはり旧東海道をいく人々を意識したものなのでしょう。案内通り蒲原方向へ向かいます。

32172
丁度、この時間帯は子供達の登校時間だったようです。小学生らしき子供たちがランドセルを担ぎ学校へ向かっているようです。

32174
この付近にも常夜燈がありました。ゴミ収集場のすぐ横にあるのです。新旧、時代の流れを実感します。この付近で子供たちの登校を見守るご年配の男性と話しを交わしています。当方のことが気になったのでしょう。「どこまで歩いて行くのか? 静岡までか」と質問されたような記憶があります。「天候と足が許す限り、進む予定です」と答えたと思います。

32177
すると民家の前にこのような石碑がありました。碑には「明治天皇御駐輦(ちゅうれん)之跡」とあります。駐輦とは「天子が行幸の途中、一時乗り物をとめること。また、一時その土地に滞在すること」とのことです。

32178
さらに歩を進めると、旧東海道は東名高速道路を跨ぐことになり、空飛ぶ旧街道となるのです。

32182
陸橋の上で撮影した富士山です。少々、その山頂に雲が掛かっていますが、今回の旅で初めてお目に掛かれた富士山となります。金網越しに撮影しているため、左下がボケていいます。

« 国盗り物語---第4巻 | トップページ | 火事---えっ どうしたの »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223428/64430709

この記事へのトラックバック一覧です: 旅の思い出---第3次旧東海道徒歩の旅48:

« 国盗り物語---第4巻 | トップページ | 火事---えっ どうしたの »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック