« 一本だけ早い染井吉野---開花状況1 | トップページ | 新史太閤記---上巻 »

2017年3月 8日 (水)

旅の思い出---第3次旧東海道徒歩の旅50

32192
2016年の夏休みを利用して強行した第3次旧東海道徒歩の旅を回顧しています。9/5午前7時半前には静岡市清水区旧東海道蒲原宿付近に来ていました。こちらが蒲原宿を示す案内となります。

32193

常夜燈と案内板がありました。
32194
案内には、江戸時代の宿場の入り口には、見附や木戸と呼ばれるものがあったこと、木戸と木戸の間のことを木戸内(きどうち)と呼ぶこと、東木戸は僅かに桝形を呈していること等が記載されています。また、こちらの常夜燈には「宿内安全」と刻まれていること、文政13(1831年)のものとも記載されています。

32196

少々、見難いですが、黒い道が旧東海道となり、東海道本線との間にある道が旧国道1号線となります。
32197

こちらが旧東海道西側(静岡方面)を撮影したものです。旧街道の雰囲気を感じますね。

« 一本だけ早い染井吉野---開花状況1 | トップページ | 新史太閤記---上巻 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223428/64455738

この記事へのトラックバック一覧です: 旅の思い出---第3次旧東海道徒歩の旅50:

« 一本だけ早い染井吉野---開花状況1 | トップページ | 新史太閤記---上巻 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック