« 一本だけ早い染井吉野---開花状況2 | トップページ | 新史太閤記---下巻 »

2017年3月15日 (水)

旅の思い出---第3次旧東海道徒歩の旅53

32213
2016年の夏休みを利用して強行した第3次旧東海道徒歩の旅を回顧しています。9/5午前7時半過ぎには静岡市清水区旧東海道蒲原宿付近に居ました。なまこ壁の家を過ぎ、更に西方向へ歩を進めます。数分で、このような案内板を発見しました。案内には、「蒲原夜之雪」記念碑となります。蒲原夜之雪って言われれてもなーと思いつつ、案内の読みます。案内には以下のようにあります。「蒲原夜之雪の絵は、歌川(安藤)広重が、天保3年(1832)4月、幕府の朝廷への献上施設の一行に加わって京へ上った折、この地で描いたもので、東海道五十三次シリーズの中でも最高傑作といわれています。昭和35年、蒲原夜之雪が国際文通週間の切手になりました。これを記念して広重がこの絵を描いたと思われる場所にほど近い地に記念碑が建てられました」

32214

こちらが、その記念碑のある場所を広角で撮影したものです。

32215
蒲原宿と刻まれた石碑も建てられています。

32216
石碑の近くに、このようなプレートがありました。なるほど、この絵なら、見たことがあると思いました。

32217

石碑の近くには旧東海道を連想させるような新しい松の木が植樹されていたのでした。

« 一本だけ早い染井吉野---開花状況2 | トップページ | 新史太閤記---下巻 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223428/64469902

この記事へのトラックバック一覧です: 旅の思い出---第3次旧東海道徒歩の旅53:

« 一本だけ早い染井吉野---開花状況2 | トップページ | 新史太閤記---下巻 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック