« 関ケ原---下巻 | トップページ | 近所の散策2017---清明の頃1 »

2017年4月 7日 (金)

旅の思い出---第3次旧東海道徒歩の旅62

32261
2016年の夏休みを利用して強行した第3次旧東海道徒歩の旅を回顧しています。9/5午前9時前には旧東海道由比宿付近に居ました。こちらの案内板には、「御七里役所之跡」とあります。

32263

案内には以下のように記載されています。「江戸時代 西国の大名には江戸屋敷と領国の居城との連絡に七里飛脚という直属の通信機関を持つ者があった。此処は紀州徳川家の七里飛脚の役所跡である。同家では江戸和歌山間-584Km-に約七里-28Km-毎の宿場に中継ぎ役所を置き五人1組の飛脚を配置した。中略 普通便は毎月3回、江戸は5の日、和歌山は10の日に出発。道中8日を要した。特急便は4日足らずで到着した」

江戸から和歌山まで結構、速かったのが判ります。
32264

由比宿の旧東海道は、このような感じで当時の道幅が保存されているようです。
32266
七里役所跡から西方向へ歩きます。由比本陣公園無料駐車場の案内があります。蒲原宿同様、クルマで来られる旅行者にも優しいオモテナシとなります。

32268
こちらが、由比本陣公園、東海道広重美術館の碑となります。しかし、

32269

9/5は月曜日で休館日でした。残念!

« 関ケ原---下巻 | トップページ | 近所の散策2017---清明の頃1 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223428/64567988

この記事へのトラックバック一覧です: 旅の思い出---第3次旧東海道徒歩の旅62:

« 関ケ原---下巻 | トップページ | 近所の散策2017---清明の頃1 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック