« 稲の定点観測2017---その6 | トップページ | 変換アダプター »

2017年4月24日 (月)

旅の思い出---第3次旧東海道徒歩の旅70

32328
2016年の夏休みを利用して強行した第3次旧東海道徒歩の旅を回顧しています。9/5午前10時頃には旧東海道薩埵峠手前に居ました。左折薩埵峠まで2.9Kmとの案内があります。通常であれば、登坂でも1時間程度の歩行距離のはずです。

32331
すぐに、寺尾という地名に到達しています。案内には、南方寺とういう真言宗のお寺さんがあったようです。津波の被害を受け、1682年に新道が改さくされたとの記載があります。この津波が薩埵峠の交通に大きな影響を与えているようです。

32332
街道沿いには、「国の登録有形文化財 東海道名主の館 小池邸」とあります。

32333
こちらが、小池邸の全体像となります。

32335

案内板には、以下のような記載があります。「小池家は江戸時代、代々小池文右衛門を襲名して寺尾村の名主を代々務めていました。名主は年貢の取立、管理、戸籍事務、多村、領主との折衝等、村政全般をお使い、村役人の中でももっとも重要な役割を担っていました。この建物は明治時代の建立ですが、大戸、くぐり戸、ナマコ壁、石垣等に江戸時代の名主宅の面影を残しており、平成10年に国の登録有形文化財に登録されました」とあります。

« 稲の定点観測2017---その6 | トップページ | 変換アダプター »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223428/64616762

この記事へのトラックバック一覧です: 旅の思い出---第3次旧東海道徒歩の旅70:

« 稲の定点観測2017---その6 | トップページ | 変換アダプター »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック