« 旅の思い出---第3次旧東海道徒歩の旅67 | トップページ | 旅の思い出---第3次旧東海道徒歩の旅68 »

2017年4月20日 (木)

経済で読み解く明治維新

Photo
今回は、こちらの本を選択しています。上念司氏の「経済で読み解く明治維新」です。新書版となります。アマゾンでは以下のように紹介されています。

江戸時代の日本は“世界最強”の「資本主義」の国だった!“世界史の奇跡”と言われる、「明治維新」とはいったい何だったのか?江戸幕府のマクロ経済政策から百姓のビジネスモデルまで、維新前史を“経済的視点”で描く―「経済」がわかれば、「日本」がわかる!!

こちらの本を選択したのは、朝の武田鉄矢氏のラジオで紹介されていたからです。内容としては、江戸時代には既に日本の経済は円熟していたこと、我々が教育現場で習った日本史特に新井白石、将軍吉宗、松平定信といった良い印象を持っている人々に経済観念がなく日本経済を悪化させたこと、日米修好通商条約締結後、交換レート設定の不備で幕府滅亡が早まったことでしょうか。

経済音痴の当方には、少々、内容が難しかったようです。スイスイ、読書可能なのですが、余り頭には残らないのです。

« 旅の思い出---第3次旧東海道徒歩の旅67 | トップページ | 旅の思い出---第3次旧東海道徒歩の旅68 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223428/64991380

この記事へのトラックバック一覧です: 経済で読み解く明治維新:

« 旅の思い出---第3次旧東海道徒歩の旅67 | トップページ | 旅の思い出---第3次旧東海道徒歩の旅68 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック