« 旅の思い出---第3次旧東海道徒歩の旅84 | トップページ | お土産 »

2017年5月25日 (木)

ビブリア古書堂の事件手帖---第2巻

2

今回は、こちらの本を選択しています。第2巻までは以前、読書していますが、今回、第1巻から再読しているのです。本の帯には以下のように紹介されています。

鎌倉の片隅にひっそりと佇むビブリア古書堂。その美しい女店主が帰ってきた。だが、入院以前とは勝手が違うよう。店内で古書と悪戦苦闘する無骨な青年の存在に、戸惑いつつもひそかに目を細めるのだった。 変わらないことも一つある ── それは持ち主の秘密を抱えて持ち込まれる本。まるで吸い寄せられるかのように舞い込んでくる古書には、人の秘密、そして想いがこもっている。青年とともに彼女はそれをあるときは鋭く、あるときは優しく紐解いていき ──。 大人気ビブリオミステリ、第2巻の登場。

今回も再読にあたり、漫画と一緒に読んでいます。漫画では第4巻から6巻までとなり、漫画の方はこの6巻で終了となっています。

46

さて、第3巻は、「時計じかけのオレンジ」「名言随筆 サラリーマン」「UTOPIA 最後の世界大戦」が題材として取り上げられています。「時計じかけのオレンジ」は当方が若かった頃、その映画が上映されていた記憶がありますが全く内容は知りませんでした。名言随筆 サラリーマン」の著者である福田定一が当方の好きな司馬遼太郎氏の本名であることも知りませんでした。さらに「UTOPIA 最後の世界大戦」の著者である足塚不二雄が後の藤子不二雄であることも知りませんでした。第2巻もそれなりに楽しませて頂いています。

« 旅の思い出---第3次旧東海道徒歩の旅84 | トップページ | お土産 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223428/65221820

この記事へのトラックバック一覧です: ビブリア古書堂の事件手帖---第2巻:

« 旅の思い出---第3次旧東海道徒歩の旅84 | トップページ | お土産 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック