« 腕時計 | トップページ | 仮想日本縦断鉄道の旅---その18 »

2017年6月12日 (月)

旅の思い出---第3次旧東海道徒歩の旅89

32498
2016年の夏休みを利用して強行した第3次旧東海道徒歩の旅を回顧しています。9/5午後1時過ぎには旧東海道興津宿付近に居ました。こちらは興津宿東本陣址を示す石碑です。こちらの石碑は、ごく一般的な民家の前にあるのでした。

32503
旧東海道をさらに西方向へ進むと「水口屋」さんがありました。少々、戻って入口を拝見しましょう。

32506
興津宿脇本陣水口屋跡なる石碑があります。その奥には一碧楼水口屋跡ともあります。明治時代以降、別称旅館として繁盛したようです。

32507
さらに西方向へ進むと、西本日址の石碑がありました。現在は駐車場になっているようです。こちらの石碑は、駐車場の出入りには少々、支障がありそうな位置にありました。

32508

西本陣址の石碑のお隣は、自転車屋さんとなっていました。脇本陣の水口屋さんが明治時代以降繁盛したのに対し、本陣址が寂しくなっています。時代の流れは酷なものがあります。

« 腕時計 | トップページ | 仮想日本縦断鉄道の旅---その18 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223428/64757004

この記事へのトラックバック一覧です: 旅の思い出---第3次旧東海道徒歩の旅89:

« 腕時計 | トップページ | 仮想日本縦断鉄道の旅---その18 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック