« 旅の思い出---第3次旧東海道徒歩の旅87 | トップページ | 旅の思い出---第3次旧東海道徒歩の旅88 »

2017年6月 8日 (木)

ビブリア古書堂の事件手帖---第4巻

4
前回に引き続きこちらの本を選択しています。ビブリア古書堂の事件手帖第4巻です。本の帯には以下のような記載があります。
 
珍しい古書に関係する、特別な相談―謎めいた依頼に、ビブリア古書堂の二人は鎌倉の雪ノ下へ向かう。その家には驚くべきものが待っていた。稀代の探偵、推理小説作家江戸川乱歩の膨大なコレクション。それを譲る代わりに、ある人物が残した精巧な金庫を開けてほしいと持ち主は言う。金庫の謎には乱歩作品を取り巻く人々の数奇な人生が絡んでいた。そして、深まる謎はあの人物までも引き寄せる。美しき女店主とその母、謎解きは二人の知恵比べの様相を呈してくるのだが―。
この巻の謎解きには、点字やらアナグラムが登場します。今回、こちらの本を読み初めてアナグラムという言葉を知りました。第4巻は、このシリーズでは珍しく長編となり、この巻全体を使用して1つのstoryが展開しています。まあ、休日に暇がある場合には丁度良い読み物となります。

« 旅の思い出---第3次旧東海道徒歩の旅87 | トップページ | 旅の思い出---第3次旧東海道徒歩の旅88 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223428/65243993

この記事へのトラックバック一覧です: ビブリア古書堂の事件手帖---第4巻:

« 旅の思い出---第3次旧東海道徒歩の旅87 | トップページ | 旅の思い出---第3次旧東海道徒歩の旅88 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック