« 旅の思い出---第3次旧東海道徒歩の旅90 | トップページ | 旅の思い出---第3次旧東海道徒歩の旅91 »

2017年6月15日 (木)

ビブリア古書堂の事件手帖---第5巻

5

前回に引き続き、今回もこちらの本を選択しています。ビブリア古書堂の事件手帖の第5巻です。アマゾンでは以下のように紹介されています。

静かにあたためてきた想い。無骨な青年店員の告白は美しき女店主との関係に波紋を投じる。物思いに耽ることが増えた彼女はついにこう言うのであった。必ず答えは出す、ただ今は待ってほしいと。 ぎこちない二人を結びつけたのは、またしても古書だった。いわくつきのそれらに秘められていたのは、過去と今、人と人、思わぬ繋がり。 脆いようで強固な人の想いに触れ、二人の気持ちは次第に近づいているように見えた。だが、それを試すかのように、彼女の母が現れる。この邂逅は必然か? 彼女は母を待っていたのか? すべての答えが出る時が迫っていた。

この巻では、登場人物の一人であるせどり屋の志田の素性が明らかになって来ました。また、題材として手塚治虫の「ブラックジャック」が登場します。有名な漫画ではありますが、多種類の全集があり、内容も異なることを初めて知りました。それは手塚治虫が既に出版されていた原稿を正確を期すために書き直していることが原因のようです。原稿を書き直す手塚治虫も真面目さにも敬服しますが、その事実を知っている著者にも尊敬の念を抱きます。そして、栞子さんの母智恵子も登場するのです。あと残2巻でどのような展開になるのでしょうか?

さて、ここで事件です。当家にはこの第5巻が不思議なことに2冊あるのです。何故でしょう。ただ単に第5巻があることに気が付かず、家族の誰かが購入したに過ぎないのです。

« 旅の思い出---第3次旧東海道徒歩の旅90 | トップページ | 旅の思い出---第3次旧東海道徒歩の旅91 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223428/65264788

この記事へのトラックバック一覧です: ビブリア古書堂の事件手帖---第5巻:

« 旅の思い出---第3次旧東海道徒歩の旅90 | トップページ | 旅の思い出---第3次旧東海道徒歩の旅91 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック