« 高校野球 | トップページ | 梅雨明け2017 »

2017年7月13日 (木)

黒田如水

Photo

今回はこちらの本を選択しています。童門冬二氏の「黒田如水」です。本の帯には以下のように紹介されています。

「頭が良すぎて、災いする」──黒田如水が"二流の人"と言われる理由である。しかし、この戦国武将は人間関係の危機的状況も強靱な生命力と才幹、ユニークな行動力で切り抜けていった。信長、秀吉、家康の三天下人にどのように仕え、なぜ名参謀、名補佐役と呼ばれるのか? 黒田如水(官兵衛)の劇的な生涯を新しい視点で描いた本作品は"良いリーダーとは?"と悩むビジネスマンに多くの示唆を与えてくれる。

実は、こちらの本を読書するのは二回目のはずです。本来、読書してみたかったのは司馬遼太郎氏の「播磨灘物語」なのです。播磨灘物語の主人公が黒田如水であったので、作者により記載がどのように異なるのかを知りたく、比較する目的で書庫からこちらの本を取り出しました。

こちらでは黒田如水の半生記を記載したものとなります。時代的には秀吉の九州征伐後から物語が始まっています。初回に読書した時には、黒田如水の生き方に感服しましたが、今回は、「チョット、出しゃばり過ぎかな」という印象があります。さて、播磨灘物語はどうでしょうか?

« 高校野球 | トップページ | 梅雨明け2017 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223428/65326565

この記事へのトラックバック一覧です: 黒田如水:

« 高校野球 | トップページ | 梅雨明け2017 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック