« 水ういろう | トップページ | 真田太平記---第2巻 秘密 »

2017年8月23日 (水)

旅の思い出---第4次旧東海道徒歩の旅5

42621
2017年5月に有給休暇を取得して実施した旧東海道徒歩の旅を回顧しています。5/26午後1時半過ぎには静岡市葵区安倍川近くに居ました。安倍川近くには、「安倍川の義夫の碑」なるものがありました。

42623
こちらが、その案内板となります。要約すると、お金を落とした漁夫が拾った川越人夫にお礼を渡そうとしたが受け取らなかった。そこで漁夫は町奉行所に礼金を届けたが、それでも川越人夫は受け取らなかった。そこで奉行所がかわりに褒美の金を渡したとのことです。正直な川越人夫の顕彰碑とのことです。

42624

こちらの橋で安部川を渡ります。写真でもお分かり頂けるように曇天で、小雨も降ってきたのでした。折りたたみ傘を差しながらの歩行となりました。
42627
こちらが安倍川の下流方向を撮影したものです。水深はあまりないようです。江戸時代でも、股下程度でしょうから18文で渡れたことでしょう。

Photo

こちらは、2016年末に高校同級生から頂戴した東海道五十三次浮世絵をscanしたものです。江戸時代の安倍川渡しの状況が判りますね。写真中央上部の山が特徴的な形をしています。

42626
鉄橋から北西方向を撮影したものです。「浮世絵の山は、この写真の山なのかなー」とか思いつつ歩くのでした。こんなことがオヤジには楽しいのです。

« 水ういろう | トップページ | 真田太平記---第2巻 秘密 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旅の思い出---第4次旧東海道徒歩の旅5:

« 水ういろう | トップページ | 真田太平記---第2巻 秘密 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック