« 真田太平記---第2巻 秘密 | トップページ | 近所の散策2017---立秋過ぎ5 »

2017年8月25日 (金)

旅の思い出---第4次旧東海道徒歩の旅6

42628
2017年5月に有給休暇を取得して実施した旧東海道徒歩の旅を回顧しています。5/26午後2時前には静岡市駿河区手越付近に居ました。つまりは、安倍川を渡った先となります。こちらのような案内があり手越という地名を確認しているのです。

42630
静鉄ジャストラインの手越バス停がありました。

42631

バス停の時刻表横には、このような装置があるのです。つまり、夜間、暗くなってからボタンを押すとライトが点灯して時刻表が確認できるのです。少なくとも宮崎にはこのような装置はありません。親切な装置だと思い撮影するのでしいた。
42632
臨済禅宗高林寺には、このような標語が掲載されていました。身につまされます。

42633

道路沿いの民家にはサボテンの花が開花していたのでした。そういえば、当家にも同じサボテンがあり以前は、開花していました。そういえば、最近、見かけていません。庭師の方が破棄したのでしょう。そんなことを思いながらオヤジは旧東海道を歩くのでした。

« 真田太平記---第2巻 秘密 | トップページ | 近所の散策2017---立秋過ぎ5 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旅の思い出---第4次旧東海道徒歩の旅6:

« 真田太平記---第2巻 秘密 | トップページ | 近所の散策2017---立秋過ぎ5 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック