« 近所の散策2017---白露過ぎ2 | トップページ | ペットマト2---その1 »

2017年9月11日 (月)

旅の思い出---第4次旧東海道徒歩の旅13

42711
2017年5月に有給休暇を取得して実施した旧東海道徒歩の旅を回顧しています。5/26午後4時前には静岡市駿河区宇津の谷峠手前に来ていました。こちらはつたの道の案内となります。写真右の雑草が生えた小道が蔦の細道のようです。うーん、これを徒歩するのは無理と判断し、通常の旧東海道を歩くことにしました。
42714
旧東海道は、遠く写真中央の鉄橋を通過するようです。あまりにも立派な鉄橋で、果たして歩道があるか否かが不安でした。車両用道路のみの場合には歩くのが怖いのです。
42717
ただし、クルマの交通量が少ないのが救いです。殆どクルマが通過していません。今となっては、平成のトンネルを使用し通過することが多いのでしょう。
42719
鉄橋を通過すると、直ぐに、こような案内がありました。宇津の谷へ到着したようです。これからが峠越えとなります。
42720
案内板の対側には案内碑もありました。
42721
高札風の案内もありました。拡大して撮影してみましょう。
42722
案内には「交通の難所 宇津ノ谷峠」とあります。以下、「蔦の細道 平安の道」、「山越えの旧東海道 参勤交代で諸大名も往来した重要な交通路」との記載があります。
薩埵峠も難所でしたが、こちらの宇津ノ谷峠も難所のようです。
42723
旧東海道は、このような石畳風になっているのでした。路面が濡れていることがお判り頂けると思います。
42724
更に旧東海道は登坂となるのでした。この付近で中年女性に道を聞きましたが、この道を歩くように教えていただきました。
 

« 近所の散策2017---白露過ぎ2 | トップページ | ペットマト2---その1 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

旧東海道ってもう少し平坦かと思っていましたが、いろいろと高低差があるのですね。

そうなんです。静岡県内だけでも箱根峠、薩埵峠、宇津ノ谷峠、小夜の中山峠といった峠があります。これらの中で最も大変だったのは、実は、宇津ノ谷峠の後に出てくる小夜の中山峠です。今後の展開に、乞うご期待。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223428/65464824

この記事へのトラックバック一覧です: 旅の思い出---第4次旧東海道徒歩の旅13:

« 近所の散策2017---白露過ぎ2 | トップページ | ペットマト2---その1 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック