« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

2017年10月31日 (火)

旅の思い出---信州への旅3

Dscf0039
2017年10月に有給休暇を取得して出掛けた信州への旅を回顧しています。長野駅前の交差点近くにあるビルの庇附近にも、善光寺参道の矢印案内がありました。やはり、長野は門前町のようです。
Dscf0040
ボチボチと、一人、参道を歩いていきます。
Dscf0041
南石堂町の交差点で、右折して善光寺方向へ向かっています。
Dscf0042
参道に沿って善光寺へ向かっていると、こちらの案内がありました。内容は、1.4Kmの参道沿は桂並木であること、1707年に建立された善光寺現本堂の108本の柱には桂と欅が使用されたこと、この桂は佐久方面から搬入されたこと等が記載されていました。
Dscf0043
案内板の横には、こちらの樹木がありました。こちらが桂なのかとおもいつつ撮影するのでした。
Dscf0044
参道沿いには、このような石碑があるのでした。写真左の石碑には六丁と刻まれています。善光寺までの距離を示しているようです。でも「六丁」ではなく「六町」かななんて思うのでした。
Dscf0045
大門南交差点まで歩いてきました。参道は、このような石畳風になっているのでした。

ペットマト2---その9

Img_2091 職場窓側で栽培しているペットマト2プチトマトの今朝の状況です。 元気の良い写真左の株は高さが15cm弱まで成長しています。挿し木をした写真右の株も順調に根が育っているので、今後の成長が期待できるかと思います。やはり、午前中のみですが太陽光を充分に浴びているので元気が良いのでしょうか?LED、電球のような人工光より自然光が良いような印象です。

2017年10月30日 (月)

旅の思い出---第4次旧東海道徒歩の旅34

42947
2017年5月に有給休暇を取得して実施した旧東海道徒歩の旅を回顧しています。5/27午後0時半過ぎには旧東海道藤枝宿付近に居ました。こちらは藤枝宿を示す案内板となります。かなりくたびれたものと成っています。当方と同様です。
42951
旧東海道沿いにある大慶寺には大きな松の木があるようです。ちょっと、寄ってみることにしました。
42952
こちらが、その大きな松の木です。自分でその枝ぶりを支えることが出来ないのでしょうか、支柱のようなものがありました。
42953
こちらは大慶寺の鐘撞堂のようです。立派なものでした。
42954
こちらが、大慶寺の本堂のようです。
42955
こちらの松は、「久遠のマツ」というようです。説明文には以下のようにあります。「クロマツの大樹で、県下でも有数の樹勢を誇る美しい姿で、古くから久遠のマツと呼ばれています。樹高25.0m 根回7.0m 目通4.5m 推定樹齢 700年」 樹齢700年ですから、江戸時代、旧東海道を往来する人々も見たことでしょう。また、由来のことろには、「日蓮聖人が1本のマツを植えた」との記載もあります。
 

2017年10月29日 (日)

GreenFarm水耕栽培---revenge チマサンチュ5

Pict0194 GreenFarmを用いて自宅で水耕栽培しているチマサンチュの今週末の状況です。 以前に比し、その成長はやや遅い印象がありますが順調に成長しているようです。何だか葉の色も元気があるように見えます。

さて、昨日は台風の影響で自宅で過ごすことになりました。夕方になり暇を持て余し、高をくくって仕事場へ向かいました。16時過ぎに自宅を出発し幹線道路を使用して17時前には仕事場に到着し19時前まで仕事をしていました。復路の時間帯では、なかりの雨量だったので、自宅近くで冠水する場所を避けて自宅へ向かっています。しかし、2ケ所で冠水しており迂回する必要性がありました。木花中学校前でも約10cm程度の冠水があり、クルマが止まるのではないとと危惧したほどです。

今朝も当方の住む地域には避難準備が発令され、自宅近くの加江田川も氾濫危険水位を超えていると報じています。現在、雨はありませんが強風が吹いています。まあ、午前中は大人しくしておく方が良いでしょう。

 

2017年10月28日 (土)

真田太平記---第10巻 大坂入城

10
前回に引き続き、今回も池波正太郎氏の「真田太平記第10巻大坂入城」を選択しています。本の帯には、以下のように紹介されています。
徳川家康が方広寺の鐘銘に難癖をつけるなどして強引に豊臣方を開戦に追い込むのを見てとった真田幸村は、密かに九度山をぬけ出て大坂城に入ることを決意する。大坂入城を果たした幸村は、外濠の外に真田丸と名づけた小さな砦を設け、これに拠って徳川軍を散々に打ちすえる。この一戦によって幸村の武名が初めて天下に轟くが、すでに家康の和平工作が淀君周辺に及んでいるのだった。
こちらの本も「良い本」です。p395に大坂冬の陣の布陣図があります。こちらを参考にして読書すると妄想の世界へ入ることができます。当方、大阪勤務の時代があり、凡その地名は理解できますが、生粋の関西人ではありませんでの全ての地名を理解することはできないのです。
こちらの本で気に入った文を抜粋してみましょう。「人間という生きものは、その肉体の変化によって心も変わる」(p440)です。秀頼のことを指しているのです。まあ、納得できます。
さて、全12巻のうち10巻まで読破できました。残り2巻となりました。次に読書する本の準備が必要になって来ました。
 
 

近所の散策2017---霜降過ぎ1

Pict0190 今年は10/23が二十四節気の霜降でした。こちらは当家玄関横にあるハイビスカスです。雨粒が花弁に付着しています。
さて、宮崎は昨夜から雨です。台風22号の影響でしょう。2週間連続して連休の週末が2日とも雨となりそうです。2週連続して天候が悪いと、かなり気持ちが凹みます。休日として自宅にいても、さほどすることがないのです。読書も少々、飽きてきました。まあ、妄想でもして過ごすしかないでしょう。

2017年10月27日 (金)

旅の思い出---第4次旧東海道徒歩の旅33

020001_011
2017年5月に有給休暇を取得して実施した旧東海道徒歩の旅を回顧しています。こちらは高校同窓生から頂戴した東海道五十三次浮世絵の藤枝の図です。藤枝・人馬継立とあります。
42941
こちらは、案内板にあった東海道藤枝宿を示したもののようです。写真手前が東木戸口となるのでしょうか?かなりの宿場であったことが伺えます。
42942
案内板の全体像です。立派な案内板でした。でも、下に緑のネットのようなものがあります。ゴミの集積場になっているのかも知れません。少々、興ざめですね。
42944
こちらが、案内板にあった常夜燈のようです。
42945
旧東海道は、写真のような商店街となって続いています。
42946
商店街には、このような掲示がありました。「藤枝白子町誕生から430年、徳川家康公を救った小川孫三」。今回、ブログを記載するに当たり検索してみました。こちらを参照してください。

2017年10月26日 (木)

旅の思い出---信州への旅2

Dscf0028
2017年10月に有給休暇を取得して出掛けた信州への旅を回顧しています。10/13午前11:24分東京駅発のはくたか561号に乗車し、発車直後に駅で購入した駅弁を頂くことにしました。今回、購入した駅弁は「タレとかつ豚重」です。
Dscf0029
こちらが、豚重の内容となります。お値段は\1000程度だったと思います。
Dscf0030
午後1時前には長野駅に到着しています。コインロッカーに荷物を預けてから駅前広場へ出てきています。こちらが長野駅の駅舎となります
Dscf0032
駅前広場から善光寺参道方面を撮影したものです。長野駅前も立派な建物が多数、林立しており都会なのでした。当方は長野駅に降りるのは初めてだと思います。
Dscf0036
横断歩道で道路を渡って再び、長野駅駅舎を撮影しています。直線的で矩形の非常に特徴のある駅舎となります。
Dscf0037
交差点には石燈篭があり、国宝善光寺参道と刻まれています。
さて、今回、旅行先を信州とした理由の1つをご説明しましょう。出川哲朗さんの「充電させてもらえませんか」というTV番組で、先日、出川さんが善光寺へいっている編がありました。ということで善光寺へ行ってみることにしたのです。基本的に当方は、ミーハーなのです。
Dscf0038
案内では善光寺まで1.8Kmとの記載があります。実は、長野駅に到着する前には天気予報通りに雨を覚悟していました。雨なら善光寺へはバスで移動する予定としていたのです。しかし、実際、長野駅に到着してみると曇天ではありますが、雨は降っていません。ということで、徒歩で善光寺へ向かうことにしました。

2017年10月25日 (水)

旅の思い出---第4次旧東海道徒歩の旅32

42934
2017年5月に有給休暇を取得して実施した旧東海道徒歩の旅を回顧しています。5/27正午頃には静岡県藤枝市の旧東海道藤枝宿手前まで来ていました。街道を進むと、「藤枝成田山」がありました。「へーっ、藤枝にも成田山があるだー」なんで思っていました。
42936
こちらが藤枝成田山の入り口となります。お寺さんにはあまり興味がないので、スルーするのでした。
42938
さらに進むと旧東海道は小さなアーケードのある商店街となっているのでした。この付近を藤枝大手というのでしょう。
42939
藤枝宿の案内板がありました。道を間違えて進んでしまった「藤岡」は現在地の上に存在することが判ります。
42940 現在地を拡大して撮影してみましょう。周囲には大手木戸跡、問屋場跡、常夜燈等があることが判ります。

2017年10月24日 (火)

旅の思い出---信州への旅1

Dscf0017
2017年10月に有給休暇を取得して行った信州への旅を回顧しています。出発前の天気予報では残念ながら信州方面は雨だったのでした。しかし、既に航空券、新幹線切符を購入し、ホテルも予約しているので行くしか仕方がありませんでした。服装も当日朝のニュースを見て、薄地のものでしたが長袖、厚手のジャケットとGパン、スニーカーという服装で出発です。10/13午前7時前の宮崎空港で出発前の撮影です。空は曇天ですが雨はありませんでした。
Dscf0018
当方が予約していたのはJAL688便で宮崎7:45分発です。朝一番のANA602便は出発遅延が発生していて定刻8:05分発でしたが変更後9:30分発予定となっていました。当方は既に新幹線指定席を予約していたのでANA便搭乗では、予約した新幹線には間に合わなかったことでしょう。この旅の幸先が良いようでした。
Dscf0019
こちらが搭乗したJAL688便です。機種はBOEING737-800だったはずです。隣席には若い夫婦が着席しており、生後4ケ月程度の赤ちゃんも一緒でした。この赤子が終始、ニコニコと笑顔し見せ、離陸から着陸まで全く泣かなかったのでした。
Dscf0021
宮崎発朝一番のどの飛行機に搭乗しても、搭乗後、「羽田空港までの航空路混雑のため出発時間調整を行っています」と機内でアナウンスがあり、通常、羽田空港から東京方面への移動開始は午前10時頃となるのが通常です。しかし、今回は約15分程度、早く羽田空港を出発することが可能でした。9:41分発のモノレールで浜松町へ向かっています。表示が韓国語になっているのは、日本語表示になるまで待つ時間がなかったのです。飛び乗ったといった感じです。
Dscf0022
浜松町駅に到着したのは午前10時過ぎでした。予約の新幹線までチョット、時間があるので浜松町駅の啓文堂書店で2018年版の日記帳を探したのですが、結局、手に入れることはできませんでした。諦めて京浜東北線快速に乗車し東京駅まで移動しています。東京駅でも少々、時間があったのでグランスタ地下街を少々、散策です。
Dscf0023
地下街を散策した後、駅弁を購入すべく駅弁屋祭へ入店しています。こちらの店舗はいつも旅行客で混雑しています。まあ、当方も旅行客なので文句は言えません。
Dscf0026
東京駅11:24分発のはくたか561号に乗車し長野駅へ向かっています。気温が低下し、風もあり、ホームは寒かったのでホーム下の待合室で読書をしながら待機していました。待合室には元大相撲の小錦さんも居ました。やはり大きな体なのでした。こちらの列車は2017年3月金沢での会議の際にも乗車した列車の可能性があります。そんなことを思いながら乗車するのでした。

ペットマト2---その8

Img_2087 職場窓側で栽培しているペットマト2プチトマトの今週の状況です。 先週中ごろに間引きを実行しました。ただ、間引きされる株が可哀想なので挿し木をしてみることにしました。当初、種子の皮を被っていた方の株の生長が鈍ったので、カッターで茎を切って水を浸したスポンジに挿してみました(写真左)。間引きした直後には葉の元気がなくなり心配しましたが、少々、根のようなものが出てきて安堵しています。うまく、こちらも生長するでしょうか? 当初、生長が遅かった方が、写真右です。とっても元気なようです。あと、2ケ月程度で収穫ができるでしょうか。楽しみです。

2017年10月23日 (月)

旅の思い出---第4次旧東海道徒歩の旅31

42924_2
2017年5月に有給休暇を取得して実施した旧東海道徒歩の旅を回顧しています。5/27午前11時頃には静岡県藤枝市付近に居ました。須賀神社前を通り過ぎて旧東海道を京方面へ歩きます。太い道路沿いには一応、このような松並木があるのですが、歩道から遠く、日陰は造ってはくれないのでした。この後、道を間違え当方は約1時間の迷子となったのです。
42927
藤岡方面へ歩いてしまいました。何かちょっと変だと気が付き、コンビニでオニギリを昼食として購入して戻っています。
42929
こちらの交差点まで戻って来ました。ここで進路を誤ったようです。写真右方面の道から左方面へと進んでしまいました。写真手前方向へ進むべきだったのです。
42930
ちなみに、この交差点を「水守」交差点というようです。信号機に名称が記載されています。
42931
旧東海道は、こちらの方向となります。右折、左折とクランクして裏道へ入っていくことになります。
42933 クランク後の旧東海道です。遠く道路右側に松並木があることが判ります。一安心です。写真の時間を見ると迷走した時間が約1時間であったことが判ります。

2017年10月22日 (日)

GreenFarm水耕栽培---revenge チマサンチュ4

Pict0183
GreenFarmを用いて自宅で水耕栽培しているチマサンチュの今週末の状況です。チマサンチュは少しづつ生長しているようです。先週に比し、ちょっとだけ、葉に元気が出てきたような気がします。なんだか、ちょっと安堵です。さて、今後も順調に生長するでしょうか?
Pict0186
例年、当家は11月に入ってから炬燵を出すのですが、今季は何だか冷え込むようになったので、先週半ばに炬燵を出しています。当家の特徴として冬季と夏季の家電が同居することです。写真右にあるように扇風機も炬燵と一緒にあります。無精で片付けないのではなく、こちらの扇風機は風呂上りに重宝するのです。結果的に扇風機は1年中、リビング付近にあるのです。
さて、今朝は午前6時すぎに起床し、昨夜のブラタモリを録画で見ながら朝食を頂戴しています。がっちりマンデーを見終わって当ブログを記載しています。
台風21号の接近に伴い、外は雨でjoggingへ出かけることは出来ません。少々、纏まった雨が降っていはいますが、風も未だ強くはありません。九州は台風進行方向の西に位置することになりそうなので、強い風は吹かないのかもしれません。今日一日は天候は不順で外出は無理なようです。屋内で過ごすことになりそうです。

2017年10月21日 (土)

オヤジのいたずら実験

Pict0174
仕事場事務所窓側で栽培しているペットマト2のプチトマト種子が余っていたので、少々、いたずら実験をしてみることにしました。2週間前のことです。GreeFarm栽培で使用している苗床用のスポンジをハサミで切って中心部に穴を作成しています(写真右)。ペットボトルの蓋に彫刻刀で穴を開け(写真中央)ています。水分を浸したスポンジを蓋に挟み込み、種を蒔いて余っていたアップサンドを盛り上げています。
Pict0182
2週間が経過した本日朝の状態です。双葉が2株発芽しました。きちんと生長しているのです。
Pict0184
さて、今朝も午前6時前には起床し朝食を頂いています。午前7時前に接近する台風21号に備えて自宅の周囲の片付けをしていると曇天ではありますが、雨は降ってはいません。ということで約3Kmのjoggingへ出掛けています。というのは、秋雨前線の影響で10/16-10/19まで走ることが出来ませんでした。明日は台風接近で走ることは無理でしょう。本来、降雨の際にはjoggingしないことにしていますが、昨夜も霧雨の中、走り、今朝も走ることにしました。

jogging後にシャワーを浴び、TVを見たりして現在に至っています。3枚目の写真は午前9時前、自宅前から空を撮影したものです。勿論、曇天ですが未だ雨は降ってはいません。これから天候は次第に崩れていくことでしょう。折角の週末ですが仕方がありません。この週末は自宅内で読書でもして過ごすことになりそうです。

2017年10月20日 (金)

旅の思い出---第4次旧東海道徒歩の旅30

42918
2017年5月に有給休暇を取得して実施した旧東海道徒歩の旅を回顧しています。5/27午前11時前には藤枝市鬼島付近に居ました。八幡橋を渡ってから進路方向に迷いましたが、進んでいるうちに、このような燈籠が見えました。
42919
燈籠の下には、「旧東海道鬼島の建場」との記載がありました。進んできた道が間違っていないことが確認できたので、ひと安心です。
42920
旧東海道道路脇に須賀神社のクスなる案内がありました。「このクスは樹齢およそ500年で、県下でも有数の大きさを誇り---」とあります。樹高23.7m、根廻15.2m、目通10.2mとあります。目通とは何を示すものなのでしょうか?
42921
クスの案内の横には、周辺の文化財を示す地図がありました。目を引いたのは、旧東海道近くに藤枝東高校があることです。恐らくサッカーで有名な高校のはずです。
42922
こちらが須賀神社の鳥居となります。クスの下となります。
42923
クスから少々、離れることでその全体像が把握できました。この写真のように大きな樹木なのでした。

2017年10月19日 (木)

仮想日本縦断鉄道の旅---その22

02

2017年9月1日から9月30日までjoggingで93Km走っています。今回の仮想乗車区間は、IRいしかわ鉄道入善駅からJR信越本線柿崎駅まで乗車したことと仮定します。この間は92Km、合計17駅で通常各駅停車で133分で走行するようです。料金は1560円だそうです。残は45Kmとなります。

前回の条件で乗車したと仮定すると、入善駅9:06分発、泊駅で乗り換え、柿崎駅11:19分着となります。この間で知っているのは、親不知、糸魚川くらいでしょうか。親不知は狭隘な海岸線、糸魚川は小学校の地理でフォッサマグナの通過地点で習ったような気がします。上越は新幹線の通過地点という程度の認識です。

2017年10月18日 (水)

旅の思い出---第4次旧東海道徒歩の旅29

42906
2017年5月に有給休暇を取得して実施した旧東海道徒歩の旅を回顧しています。5/27午前10時半頃には藤枝市仮宿付近に居ました。歩道橋を降りると松の木が1本ありました。旧街道の松並木としては、あまりに寂しすぎるのでした。害虫で枯れてしまったのでしょうか?
42909
旧街道を更に西方向へ進むと、国道197号線、藤枝市八幡と記載されていました。町名が変わったことが判ります。
42911_3
さらに西方向へ進むと広幡交番なるものがありました。写真手前が旧街道、奥に国道1号線があります。つまり、分岐点となるのです。このような分岐点に交番があるような印象があります。北品川、安倍川沿いにも分岐点に交番がありました。何か意味があるのでしょうか?
42912
交番を過ぎて、旧街道は少々、その数は少ないのですが、その端に松の樹木が植樹されていて旧街道の面影を残しています。
42914
そして八幡橋を渡ります。横には藤枝市鬼島と記載されています。ちょっと、怖そうな名称ですね。
42916
橋を渡ってから困惑しました。十字路となっていて進路が判らないのです。とりあえず、右方向へ進んでみることにしました。こちらが、その右方向の写真となります。
 
 

2017年10月17日 (火)

旅の思い出---第4次旧東海道徒歩の旅28

42899
2017年5月に有給休暇を取得して実施した旧東海道徒歩の旅を回顧しています。5/27午前10時半前には藤枝市岡部町の藤枝バイパス近くに居ました。バイパス近くの国道1号線との合流地点となります。「従是東岩村藩領(これよりひがし)」と再度、案内がありました。
42900
東海道横内と大きく記載されています。その下には、案内文がありました。どうしても読みたくなるのがオヤジの性なのです。
42901
「この杭は、江戸時代享保20年(1735)より明治維新までの135年間、横内村が岩村藩領であったことを標示した杭を再建したものである。岩村藩は、美濃国岩村城(岐阜県恵那郡岩村町)を居城とし松平能登守が三万石の領地を持っていた。駿河国に15ケ村、五千石分の飛領地があり、横内村に陣屋(地方役所)を置いて治政を行っていた」とあります。
この付近で、短パンTシャツの同年輩の男性から同様の話をお聞きしました。飛び地であったことにプライドがあるのでしょうか?
42902
歩道橋の上から横内方面を振り返って撮影したものです。写真左が旧東海道、右が国道1号線となります。
42903
同様に歩道橋の上から、西方向を撮影したものです。写真左が旧街道です。
42904
歩道橋には藤枝市仮宿という地名が記載されていました。

ペットマト2---その7

Img_2083 職場窓側で栽培しているペットマト2の今週の状況です。当初、小さかった方の株が大きく生長しています。種子の皮が被っていた方も充分に成長しています。ただし、耕作している面積が非常に狭く、また、葉も重なるようになってしまいました。近日中に間引きをする必要性があるようです。「泣いて馬謖を切る」ことになりそうです。

2017年10月16日 (月)

GreenFarm水耕栽培---revenge チマサンチュ3

20171016

GreenFarmを用いて自宅で水耕栽培しているチマサンチュの今日の状況です。何だか生長が遅いような印象があります。根に近い方の葉が枯れていますが、こんなものかもしれません。写真左に先週、カビていたおやつビーンズは除去して新たにチマサンチュの種を植えました。約1週間で発芽しています。

さて、本日は休日です。週日にしか出来ない予定があるので休暇としています。昨朝は午前6時に上田駅前のホテルで起床すると外は何と曇天で雨は降っていませんでした。天気予報は結構な雨が降るというものでした。慌てて着替えてデジカメを持って約5Kmのjoggingへ出かけています。上田藩主居館跡(現上田高校)を未だ見ていなかったので見学へ行きました。前の日は街中循環バスを利用しましたが上田高校、上田城、木町、真田太平記館は走っていける距離でした。結局、長野、上田では旅行前の予報に反して雨にあうことはありませんでした。

夕方、宮崎に到着すると結構な雨が降っているのでした。結局、持参した折り畳み傘は使用しないで済みました。

 

2017年10月15日 (日)

八重洲ブックセンター

八重洲ブックセンター
ちょっと八重洲ブックセンターに立ち寄って、探していた書籍を購入して来ました。空港バスで羽田空港に向かおうかと思っていましたが、雨なので普通に電車で行くことにします。

今回のホテル

今回のホテル
今回のホテル
今回、宿泊したホテルはルートイングランド上田駅前です。勿論、大浴場、露天風呂、サウナ付きです。駅から徒歩3分程度です。

2017年10月14日 (土)

別所温泉駅

別所温泉駅
明日の天候が雨の予報なので、予定を前倒しして別所温泉駅まで来ています。そういえば今日は鉄道の日だそうです。

真田太平記館

真田太平記館
今回の旅の目的地の一つである池波正太郎真田太平記館に来ています。

上田城

上田城
上田城を散策しています。雨は降っていません。

上田駅

上田駅
上田駅
実は、今回の目的地は信州上田です。天候は曇天です。でも予報は雨だったので、よしとしましょう。

2017年10月13日 (金)

旅の思い出---第4次旧東海道徒歩の旅27

42889
2017年5月に有給休暇を取得して実施した旧東海道徒歩の旅を回顧しています。5/27午前10時過ぎには藤枝市岡部町の藤枝バイパス近くに居ました。こちらにも岩村藩の領地を示すものがありました。岩村藩横内陣屋入口とあります。
42891
さらに京方向へ進むと横内歴史案内板がありました。かなり大きなものです。近づいて現在地を確認してみましょう。
 
42892_3
町内会館横に小さな赤矢印で現在地が示されています。橋場町と橋向町が川で隔てられているようです。
42890
案内板の横には「横内あげんだい」なるものがありました。あげんだいとは松明による玉入れだそうです。つまり、運動会の玉入れを松明でする精霊送りの行事のようです。こちらは、あげんだいで使用する孟宗竹でできた籠のようです。
42895
そして、横内橋を渡ります。天候は非常に良好で写真のように綺麗な青空が広がっているのです。
42898
橋を渡ると旧街道の面影を残す松並木があるのでした。
 
 

長野駅

長野駅
長野駅から善光寺へ向けて参道を歩いています。曇天ですが雨は降ってはいません。気温は14℃です。

東京駅グランスタ

東京駅グランスタ
東京駅グランスタ
トイレを済ませ、駅弁を購入しました。新幹線乗車までに少々、時間があります。東京の天候は残念ながら雨です。目的地の天候も期待出来ないようです。

宮崎空港

宮崎空港
旅に出ます。宮崎空港へ来ています。朝一番のJAL機でとりあえず東京へ飛びます。ANAの東京行きは約90分、出発が遅延しているようなので今回はJALを選択して正解でした。と言うのは既に新幹線の指定席を購入しているのです。

2017年10月12日 (木)

真田太平記---第9巻 二条城

9
前回に引き続き今回も池波正太郎氏の「真田太平記第9巻二条城」を選択しています。本の帯には以下のように紹介されています。
淀君によって大坂城から一歩も外に出されたことのなかった秀頼であったが、豊臣家を思う加藤清正らの奔走によって、ついに二条城において家康との対面が実現する。しかし立派に成長した秀頼の姿は、あらためて家康に豊臣家取潰しの決意を固めさせ、甲賀忍びに清正毒殺の使命が下る。東西手切れに向かって情勢が緊迫化する中、その日を見ることなく真田昌幸は永眠する。
この巻では、上洛した秀頼と謁見したことにより、秀頼の若さと京都での人気の高さに焦燥感を抱いた老獪な家康が有名な方広寺鐘銘事件を引き起こすことになります。この辺りの家康の謀略、大阪場内での心理的動揺等は、司馬遼太郎氏の本の記載が詳細なような気がします。まあ、こちらの本の主人公は真田家なので致し方ないかもしれません。さて、物語のつづきは?
 
 

2017年10月11日 (水)

旅の思い出---第4次旧東海道徒歩の旅26

42874
2017年5月に有給休暇を取得して実施した旧東海道徒歩の旅を回顧しています。5/27午前10時前には藤枝市岡部町付近に居ました。こちらはしずてつジャストライン岡部営業所のバス停となります。実は5/26の行程では、こちらまで到達する予定だったのです。廻り沢口からここまで約2時間を要していますので、昨日、廻り沢口で中断したことが正解だったと感じています。
 
42875
こちらが、しずてつジャストラインの岡部営業所となります。対側には旧街道らしく松並木があるのでした。
42878
さらに京方向へ進みます。すると進行方向道路右側に石灯籠がありました。
42879
横断歩道を渡り近づくと、「これより東海道岡部宿」と刻まれた碑もあるのでした。
42882_2
ここから旧東海道は、国道1号線を離れこのような細い道となるのでした。
42883
従是(これより)西巖村領とあります。どうも美濃岩村藩の飛び地のようです。 岩村藩に関しては、こちらを参照で。

2017年10月10日 (火)

ペットマト2---その6

Img_2080

職場窓側で栽培しているペットマト2の今週の状況です。どうやら、葉が直線的なものが双葉で、切れ込みがあるものが本葉のようです。小さな方も本葉のようなものが出てきています。説明書にあるように、今回、肥料を加えてみました。キャップを外すと、どちらの根か判りませんが、約5cmほど白い根がありました。ちゃんと生長しているようです。未だ、可哀想なので間引きはしていません。ひょっとすると、双葉がしっかりしている小さい方が今後、生長が期待できるかもしれません。

2017年10月 9日 (月)

旅の思い出---第4次旧東海道徒歩の旅25

42859
2017年5月に有給休暇を取得して実施した旧東海道徒歩の旅を回顧しています。5/27午前9時半頃には藤枝市岡部町の旧東海道岡部宿付近に居ました。旧街道らしく風情のある家屋がありました。
42862
岡部宿問屋場付近には、写真のような売物件の土地があります。間口が狭く、奥行きのある土地です。やはり旧街道の面影が残っているのでした。
42865
岡部宿長嶋酒店横には石灯籠があるのでした。こちらもかなりの年代物のような印象です。こちらの交差点を右折することになります。
42867
国道1号線沿いには写真のように非常に立派な建物がありました。何かなと思いながら街道を京都方面へ進みます。
42869_2
バス停には、藤岡市岡部支所前との記載があります。旧岡部町役場のようです。
42870
バス停の対側には、五智如来公園がありました。こちらには五智如来像があるようです。
42872
さらに街道を進むと子供たちの歓声が聞こえました。少々、脇道に逸れ、そちらへ向かうと小学校で運動会が開催されているのでした。ネット超しの撮影であまり綺麗には撮れていませんね。
 

2017年10月 8日 (日)

GreenFarm水耕栽培---revenge チマサンチュ2

Pict0172

GreenFarmを用いて自宅で水耕栽培しているチマサンチュの今週末の状況です。チマサンチュは順調に生長しているようですが、何だかチョット、葉の色に元気がないような印象があります。気になっているのは、お遊びで植えてみたペットマト2のおやつビーンズの種がカビてしまています(写真左のピンボケ)。スポンジも緑色となっています。液体肥料がカビてしまったのでしょうか。液体肥料は濃縮された液体のもので購入して約2年が経過しています。次は、この液体肥料濃縮液を60℃以上に温めてから(カビを処理して)栽培してみようかとも思っています。取り敢えず、今回は、このまま栽培を継続することにしましょう。間引きは可哀想なので実施してません。今回の栽培は、失敗の原因検索目的ですので食事に利用可能なチマサンチュは期待していません。

近所の散策2017---寒露の頃

P1080500_2
今日が二十四節季の寒露となります。こちらも今朝のjogging中に見かけた植物です。勿論、名称は知りません。直径7-8mmの黄色い実が成っていて、写真左から太陽光が差して綺麗だったので撮影してみました。jogging終了後、腹筋、背筋運動をする目的で近くの公園ベンチを使用するのですが、朝露が公園の芝生を覆っているのでした。
今朝は少々、朝寝坊をして午前6:30分頃に起床しています。慌てて朝食を頂き、午前7時頃から約3Kmのjoggingへ出かけています。シャワーを浴びて午前8時には自宅を出発し、8:40分頃仕事場に到着しました。明日の朝まで24時間、仕事場に拘束されることになります。到着後、少々、仕事を片付け今に至りました。どのような24時間となることでしょう。

2017年10月 7日 (土)

近所の散策2017---秋分過ぎ4

Pict0158
こちらも自宅近くの空き家に開花していたコスモス(だと思う)です。殆ど、雑草化しているのですが開花している場所のみを拡大して撮影すると何だかチョット絵になるようです。Pict0160
こちらも当方のjogging course沿いに開花していたコスモスです。ちょっとした土手に開花しているのでした。今朝は曇天で太陽光が乏しく、そんななか黄色い花弁が綺麗でした。
さて、今朝も午前6時前には起床して朝食を頂き、毎週末、先輩へ郵送している葉書を投函し約6Kmのjoggingへ出掛けています。朝の時間帯は半袖、短パンでは少々、肌寒く感じますが走った後には心地よい汗が指先から滴り落ちるのでした。
世の中は3連休のようですが、当方は明日が仕事なので飛び石連休となります。今日は午前中に散髪に行く予定となっています。他は雑用をすることになるでしょう。空には薄い雲が掛かっています。

2017年10月 6日 (金)

旅の思い出---第4次旧東海道徒歩の旅24

42846
2017年5月に有給休暇を取得して実施した旧東海道徒歩の旅を回顧しています。5/27午前8時過ぎには藤枝市岡部町の岡部宿公園付近に居ました。岡部宿本陣の隣はこのように岡部宿公園となって整備されています。
42847
こちらがその公園の全体像となります。かなりの敷地面積があります。この敷地も昔は本陣に使用されていたものと推定されます。
42848
岡部宿公園を出てから旧東海道は写真左の石畳風に整備されている道となります。
42852
旧街道らしい幅員となっていますね。
42853
すると「小野小町の姿見の橋」というものがありました。「小町はこの橋の上に立ちどまって(中略)ふと目を橋の下の水面に移すと、そこには長旅で疲れ果てた自分の姿が映っていた」とあります。
42854
橋には「姿見の橋」と刻印されています。
42855
姿見の橋自体は、その長さは軽自動車程度で三歩程度で渡ってしまうのです。

2017年10月 5日 (木)

真田太平記---第8巻 紀州九度山

8
前回に引き続き今回も池波正太郎氏の「真田太平記第8巻紀州九度山」を選択しています。本の帯には以下のように紹介されています。
 
真田昌幸・幸村のために関ヶ原の決戦に間に合えなかった徳川秀忠は、家康から痛烈な叱責をうける。家康は真田父子に切腹を申しつける決意でいたのだが、真田信幸の舅で徳川家譜代の重臣・本多忠勝の戦も辞さぬ助命嘆願に屈して紀州九度山に蟄居させることとなる。わずかの家来だけをつれて九度山に移った父子は「関ヶ原の戦い」が再びおとずれる日を夢みて孤立した日々をおくる。
今回、こちらの本を読書してみて感じたことは、フィクションとノンフィクションを織り交ぜて本を書くということに面白みを感じました。
こちらの本に登場する忍者は作者の創造でしょう。その創造と史実とを上手く織り交ぜて物語を構成していると感じています。史実としての内容は、司馬遼太郎氏の戦国4部作で既読で承知しています。その歴史の流れに、いかに忍者が関わったかがごく自然に記載されているのです。逆に、こちらの本に記載されているような忍者の活躍があったからこそ、歴史の流れが史実のようになったとも考えることができるのです。
全12巻のうち第8巻を読了しました。こちらの本の特徴は、1章が短い構成となっているのでちょっとした空き時間に無理なく読めてしまうのです。当初は全12巻の読了まで時間を要するかと思っていましたが、結構、早く読み終えてしまうかもしれません。

2017年10月 4日 (水)

旅の思い出---第4次旧東海道徒歩の旅23

42836
2017年5月に有給休暇を取得して実施した旧東海道徒歩の旅を回顧しています。5/27午前9時過ぎには藤枝市岡部町の旧東海道岡部宿に居ました。こちらは大旅籠柏屋さんの跡地です。
42838
現在地は専称寺さんの西側となるのです。これから岡部川の扇状地となるような場所でしょうか。扇の要ともいえるかもしれません。
42839
柏屋さんの間口は写真のように非常に広いのであります。
42840
こちらは岡部宿大旅籠柏屋歴史資料館となっているのです。でも、人影が少なく開館している雰囲気は全くなかった記憶があります。
42842
資料館に隣接して、このような門構えがあるのでした。岡部宿の本陣址と掲げられています。内に入ってみましょう。
42843
内部は、このように非常に広大な敷地となっているのです。
42844
東側に向いて写真を撮影しています。この写真からも敷地が非常に広いことがお判り頂けると思います。やはり、本陣ともなると非常に広い敷地面積を保有していたことが判りますね。

2017年10月 3日 (火)

ペットマト2---その5

Img_2076

職場窓側で栽培しているペットマト2の今週の状況です。大きな方の葉には種子の皮が被っているようです。小さな方もやや生長しているようです。本葉が出たら液体肥料を加える必要があるのですが、大きな方の本葉が確認できていないので未だ肥料は加えていません。間引きも必要なようですが。もうしばらく、生長を観察してからにします。

2017年10月 2日 (月)

旅の思い出---第4次旧東海道徒歩の旅22

42820
2017年5月に有給休暇を取得して実施した旧東海道徒歩の旅を回顧しています。5/27午前9時前には藤枝市岡部町付近に居ました。岡部製茶工場さんを過ぎて西方向へ進みます。すると道は分岐しているのです。写真右方向が旧東海道となるので、道路を引き返し横断歩道を使用して対側へ渡っています。
42821
すると木陰に石灯籠があるのでした。少々、観づらいのですが写真中央がそれとなります。
42824
分岐地点に来ました。国道1号線は写真左となり岡部橋を渡ることになるのです。旧街道を進むと、
42831
岡部川が見えて来ました。こちらは旧東海道に掛かる橋の中央から撮影したものです。護岸工事がなされていてあまり風情を感じませんね。
42832
さらに旧街道を進むと、このような案内がありました。西行座像とのことです。
42833
専称寺さんの正面は、このようになっています。幕末の志士高杉晋作が西行に模して、自分を東行と号していたことを思いながら通り過ぎるのでした。
 

2017年10月 1日 (日)

近所の散策2017---秋分過ぎ3

Pict0142
こちらもjogging中に見かけた彼岸花です。先週、撮影したものです。やはり1週間で開花していました。写真右のドラエモン風のオブジェには何故か耳があります。ドラエモンではないのかもしれません。
Pict0144
こちらも同様にjogging中に見かけた植物です。勿論、名称は不明です。葉の間に複数の実のようなものが成っています。朝日を受けて綺麗でした。yhideさんからコメントがありました。イヌマキの実のようです。
Pict0152
こちらもjogging中に見かけた植物です。何年か前にも撮影した鳥のような形状をした花です。開花している花が鳥の鶏冠のように見えます。
yhideさんからコメントがありました。ゴクラクチョウカというようです。
さて、今朝も午前6時頃には起床して録画した知恵泉を見ながら朝食を取っています。太陽光が満ちてきた午前7時前から約3Kmのjoggingへ出かけています。
宮崎市の今週の天気予報は明日以後、雨が続いています。天気の良い今日までの休日を有効に使用したいのですが、まあ、いつも通りの休日になることでしょう。
 

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック