« 近所の散策2017---大雪過ぎ1 | トップページ | 近所の散策2017---大雪過ぎ2 »

2017年12月 9日 (土)

旅の思い出---信州への旅16

Dscf0187 2017年10月に有給休暇を取得して出掛けた信州への旅を回顧しています。10/14午後0時半前には上田市木町バス停付近に居ました。バス停付近には、こちらの案内もあるのでした。北国街道に関するものです。案内には、「真田幸村が上田城を築いた15年後の1598年に上田城下に北国街道が通り、参勤交代の大名や、佐渡金山の金の通路、善光寺参りの参道として賑わった」とあります。Dscf0189 バス停付近から北国街道を撮影したものです。現在では、石畳風に整備されているのでした。Dscf0190 さらにバス停付近には、「縁結び水掛け地蔵と水琴窟」もあるのでした。Dscf0193 案内には、「お地蔵さまが悩みを持つ人々を大きな慈悲の心で救い導く力を持っていること、ここに祀ったお地蔵さまは長い間地中で修業を続けたこと、お地蔵さまに水を掛けるとその身体を清めた水が地中に滴となって落ち、縁を結ぶ始まりとなること、その落ちた滴が水琴窟を鳴らすこと」等が記載されています。当方は既婚ですので、不倫騒動を記載する文春報(砲?)の餌食になることは避けたいので、お地蔵さまに水を掛けることは控えたのでした。Dscf0195 こちらは北国街道沿いにある酒屋さんです。岡崎商店さんというお店のようです。亀齢(きれい)というブランドの日本酒を醸造しているようです。店頭には、杉玉が掲げられ新酒ができたことが判ります。Dscf0197 こちらは、柳町屋さんとい甘味屋さんのようです。写真が小さくて恐縮ですが、二階の格子を見ると親付き切り子格子となっているのが判ります。Dscf0198 北国街道沿いには、こちらのポスターもありました。人工癌で有名な山極勝三郎は、北里柴三郎、森鴎外と灯台医学部で同僚であったことを示すものです。物理学者で湯川秀樹、朝永振一郎を育てた長岡半太郎とはドイツ留学先の下宿で同宿との記載もありました。

« 近所の散策2017---大雪過ぎ1 | トップページ | 近所の散策2017---大雪過ぎ2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223428/65991113

この記事へのトラックバック一覧です: 旅の思い出---信州への旅16:

« 近所の散策2017---大雪過ぎ1 | トップページ | 近所の散策2017---大雪過ぎ2 »

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック