« 旅の思い出---第1次飫肥街道徒歩の旅4 | トップページ | 旅の思い出---第2次飫肥街道徒歩の旅2 »

2018年1月10日 (水)

旅の思い出---第4次旧東海道徒歩の旅65

Dscf3216
2017年5月に有給休暇を取得して実施した旧東海道徒歩の旅を回顧しています。5/28午前11時頃には旧東海道金谷宿近くに居ました。金谷大橋があった付近を登坂し、県道473号線を渡ります。旧東海道石畳入口とあります。
Dscf3217
こちらが、入口から撮影したものです。これから登坂するようです。未だ、舗装道路でした。
Dscf3218
案内図がありました。現在地を確認しましょう。現在地は、赤で示されている所です。周囲にはランドマーク的なものは何もないようです。旧東海道は、案内図の⑧という番号が振られた道を辿っていくようです。
Dscf3220
石畳茶屋がありました。昔も同様に茶屋が旅人に休憩の場所を提供してことでしょう。
Dscf3222
さらに進むと舗装道路から石畳の道となりました。石柱には、東海道金谷坂、石畳登り口とあります。
Dscf3223
案内には、以下のような記載があります。「この石畳は、江戸時代幕府が近郷集落の助郷に命じ、東海道金谷宿と日坂宿との間にある金谷峠の坂道を旅人が歩き易いように山石を敷き並べたものであると言われています」「いま、街道の石畳で往時を偲ぶことができるのはこの金谷坂のほか、箱根峠、中山道十曲峠の三個所だけとなりました」
でも、この石畳は歩くと非常に疲れるのです。

« 旅の思い出---第1次飫肥街道徒歩の旅4 | トップページ | 旅の思い出---第2次飫肥街道徒歩の旅2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223428/65694771

この記事へのトラックバック一覧です: 旅の思い出---第4次旧東海道徒歩の旅65:

« 旅の思い出---第1次飫肥街道徒歩の旅4 | トップページ | 旅の思い出---第2次飫肥街道徒歩の旅2 »

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

最近のトラックバック