« 旅の思い出---第4次旧東海道徒歩の旅111 | トップページ | 旅の思い出---第4次旧東海道徒歩の旅113 »

2018年4月25日 (水)

旅の思い出---第4次旧東海道徒歩の旅112

Dscf3588 2017年5月に有給休暇を取得して実施した旧東海道徒歩の旅を回顧しています。5/29午後1時過ぎには静岡県袋井市木原付近に居ました。許禰(こね)神社を出るとすぐに、このような駕籠の形をした倉庫のようなものが旧街道沿いにありました。大きく袋井市指定無形民俗文化財木原大念仏とあります。Dscf3589駕籠の右には説明文があります。1578年の夏、武田勝義の家臣、笹田源吾が斥候として家康軍の様子を探りに来たことろ、この木原村付近で打ち取られたようです。その後、村には疫病がはやり、源吾の霊を慰めるための供養祭が木原大念仏の始まりとあります。

Dscf3591 駕籠倉庫の前には、例の旧東海道を示す道標がありました。

Dscf3592 こちらには、木原古戦場に関する案内がありました。「木原は1572年に武田信玄が徳川家康を破った三方ヶ原の戦いの前哨戦(木原畷の戦い)の地して知られています」とあります。Dscf3593 現在地を見てみましょう。緑線が東海道を示しています。写真左から右方向へ当方は進んでいることになります。Dscf3594 国道1号線と旧街道が合流しました。歩いて来た旧街道を振り返って撮影しています。旧街道は写真左となります。

« 旅の思い出---第4次旧東海道徒歩の旅111 | トップページ | 旅の思い出---第4次旧東海道徒歩の旅113 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

振り返ってみると、旧道のカーブが素晴らしいですね!
旧道バンザイ\(^o^)/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223428/65960445

この記事へのトラックバック一覧です: 旅の思い出---第4次旧東海道徒歩の旅112:

« 旅の思い出---第4次旧東海道徒歩の旅111 | トップページ | 旅の思い出---第4次旧東海道徒歩の旅113 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック