« 旅の思い出---第4次旧東海道徒歩の旅124 | トップページ | 旅の思い出---第4次旧東海道徒歩の旅126 »

2018年5月10日 (木)

旅の思い出---第4次旧東海道徒歩の旅125

Dscf3709 2017年5月に有給休暇を取得して実施した旧東海道徒歩の旅を回顧しています。5/30午前7時半過ぎにはJR磐田駅前に居ました。JR磐田駅前の自動販売機にもジュピロ磐田の名称が描かれています。Dscf3710 駅前の地図を見てみると、ヤマハ発動機本社、ヤマハスタジアム、ヤマハコミュニケーションプラザの名称(写真中央下)があり、磐田市がヤハマの企業城下町であることが伺えます。Dscf3712 駅前広場から北方向へ歩き、こちらの店舗を西方向へ左折することで旧東海道となります。この付近では、道を間違いそうであったので、予め左折箇所を前夜にネットで確認していたのです。Dscf3713 店舗前から西方向の旧東海道を撮影したものです。さて、本日の行程を開始しましょう。Dscf3716 歩くこと10分程度で、中泉交流センター前に、こちらの案内板がありました。江戸時代のこの付近を描いたものです。今回、ブログを記載するに当り写真を拡大して確認してみましたが、この付近には民家、寺社のみの記載のようです。

Dscf3717 大正時代の中泉の地図には、東海道線、中泉軌道の中泉駅、宮崎中泉製糸所、尋常高等小学校の記載があります。大正時代には既に東海道線が開通していたようです。Dscf3718 こちらが、中泉交流センター前にある例の旧東海道を示す道標となります。かなり劣化しています。磐田市中泉とあります。

« 旅の思い出---第4次旧東海道徒歩の旅124 | トップページ | 旅の思い出---第4次旧東海道徒歩の旅126 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223428/66077768

この記事へのトラックバック一覧です: 旅の思い出---第4次旧東海道徒歩の旅125:

« 旅の思い出---第4次旧東海道徒歩の旅124 | トップページ | 旅の思い出---第4次旧東海道徒歩の旅126 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック