« ヒトラーの防具---下巻 | トップページ | 復活NEXUS 7 »

2018年6月18日 (月)

旅の思い出---第5次旧東海道徒歩の旅---その4

Dscf0646 2018年4月、京都へ会議で出張した際に挙行した第5次旧東海道徒歩の旅を回顧しています。4/13午前11時半過ぎには栗東市手原付近の旧東海道に居ました。手原付近の旧東海道は、この写真のようになっています。Dscf0647 少々、進むと旧街道は現在の国道1号線の裏道となっているのでした。これから草津方面へ歩きます。Dscf0648 しばらく歩くと、このような石碑があるのでした。「9代将軍足利義尚公 鈎の陣所 ゆかりの地 文明19年(1487年)」

とあります。石碑横から土手を上がってみます。Dscf0649 このような池がありました。今回、ブログを記載するに当たり名称を調べましたが、良く分かりません。ため池のような印象です。Dscf0650こちらの石碑の全体像となります。なんだか多数の新旧の石碑があるのでした。

Dscf0651 4月中旬ではありますが、既に空には鯉のぼりが風を受けているのでした。

« ヒトラーの防具---下巻 | トップページ | 復活NEXUS 7 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223428/66704128

この記事へのトラックバック一覧です: 旅の思い出---第5次旧東海道徒歩の旅---その4:

« ヒトラーの防具---下巻 | トップページ | 復活NEXUS 7 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック