« 旅の思い出---第4次旧東海道徒歩の旅140 | トップページ | 悲素---下巻 »

2018年6月 3日 (日)

SUBARUインプレッサ1.6iL Eye-Sight

Imgp144901

本日、車両を入れ替えました。こちらが今日まで愛用してきたエスティアです。約11年間、お世話になりました。
Imgp1450  
走行距離は164000Kmを超えていました。通常のクルマの約2倍、乗車してと思っています。この11年間の当方の苦労を最も知っているのが、このエスティマだったと思っています。
「出川哲朗さんの充電させてもらえませんか」という番組で、彼が「良いこともある。悪いこともある。それらを全部、ひっくるめて旅だから」と言っていました。旅を人生という言葉に置き換えると、この言葉の深みが増すと思っています。そのような意味合いで、この11年間の当方の人生を共にしてきた戦友だったと思っています。まだまだ、使用には耐えそうでしたが、所々、傷んだ箇所もあり入れ替えることにしました。
Imgp145401  
今回、選択したのはインプレッサです。選択基準は、セダンであること、大排気量でないこと、予防安全が整備されていること等です。
セダンであることは今までがミニバンだったので、その対極にあるものとして選択しています。大排気量でないことは、普段は一人で乗車しているので大排気量の必要性がないのです。予防安全に関しては、やはりアイサイトが良いような印象がありました。ということでインプレッサを選択しています。エスティマが2.4Lでしたので、インプレッサではより少ない排気量の1.6Lを選択しています。また、エスティマのステアリングの革巻きの部分が剥がれてしまったので、ウレタン巻で十分と思いメーカーオプションもLEDランプのみ装備しています。ただし、1.6Lを選択したことからAWDとしました。車両運動限界がより高いことを期待しての選択です。
午前中に店舗まで引き取りに行きました。未だ車両に慣れてはいませんが出だしのpower不足を少々、感じています。今後、慣らし運転が終了した際に、どの程度、エンジンが回ってくれるか期待しています。そうそう、高速道路での運動性能も少々、気になります。

« 旅の思い出---第4次旧東海道徒歩の旅140 | トップページ | 悲素---下巻 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SUBARUインプレッサ1.6iL Eye-Sight:

« 旅の思い出---第4次旧東海道徒歩の旅140 | トップページ | 悲素---下巻 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック